【各種SNS】
  • @suzu_rasu
  • Instagram
  • flickr
  • Google+

    【公開されている画像の取り扱いについて】
    ・選手本人及び関係者の方はご自由にお使いください。
    ・画像の公開に問題のある場合は御一報をいただければすみやかに対処いたします。

    ※各種依頼、問い合わせはコメント欄、TwitterのDMにてお願いたします。
  • 寺澤秀也投手(愛知学泉大学)

    3S9A6784
    寺澤秀也投手(愛知学泉大学 4年)
    名古屋国際高校卒 178cm78kg

    角度のついたストレートにスライダーとツーシームを織り交ぜる本格派左腕。
    高低、前後を使うピッチングワークで凡打の山を築く。最速140km/h超。

    以下メカニクスから見るテクニック考察

    C73A5502

    C73A5399

    C73A5448

    C73A5450

    C73A5451

    C73A5433

    C73A5452

    C73A5496

    C73A5570

    C73A5573

    (1枚目)真っすぐに立ち、右膝が胸まで上がるベストな形で始動できています。(2、3枚目)ハンズセパレーション(※グローブから手を抜く事)から左腕の脱力(※力を抜いて下ろし切る動作)までが早いので右半身の反射を生かすような全身運動に繋げやすくなっています。ハムストリングスと臀部に下半身のエネルギーが溜まっている段階です。(3枚目、4枚目)ヒップファーストから並進運動へと移る際にグラブが高く上がり、上下の叩き幅が作れています。ハムストリングスと臀部に溜まった下半身のエネルギーは左の大腿部へと移動して行きます。(5枚目、6枚目)高く上げたグラブを体に引き寄せながら並進し、右半身の反射によって左腕が引き上げられていきます。トップを作る際は左腕の力で引き上げるのではなく、下へと向かう右半身の反射を利用するのがベストです。左の大腿部に溜まった下半身のエネルギーは右の大腿部へと移って行きます。ここで重心が左股関節から右股関節へと移動して行くのですが、このタイミングが早すぎると連動性が損なわれ、下半身のパワーが上手く上体へ伝わりません。(7枚目)右の大腿部に溜まっていた下半身のエネルギーは右脚全体へと移動して地面に接地し、その反力が上半身に伝わっていきます。乗用車で言うアクセルからブレーキに踏みかえた状態です。下半身にブレーキがかかった事で上半身には捕手方向へと放り出されるような加速が加わります。(8枚目)打点の高いリリースモーションですが、左膝が深く折れすぎている為、上体の倒し込みが甘く、打者寄りで球を離せていません。恐らくヒップファーストの段階(4枚目)で軸足の膝を折っている為だと思われます。(9枚目)左腕特有の動きと言えばそうなのですが、右脚が突っ張り、重心移動を阻害しているように見えます。(10枚目)左腕が上体に巻き付くフィニッシュなので腕の振りからは球種は見極めにくいのかもしれません(しっかり腕が振れている)。

    (総括)現時点でもストレートに威力があり、実戦的な変化球もマスターしていますが、重心移動を改善できれば一段上の投球が実現できるようになると思われます。ストライドのドライブ角が左右均等に近い形になると課題を一気に克服できるのではないでしょうか。



    4月21日の試合結果

    1部リーグ
    中京大学14ー3愛知学院大学
    中部大学7ー1東海学園大学


    2部Aリーグ
    星城大学6ー4名古屋商科大学
    名古屋産業大学5ー1愛知工業大学
    名古屋学院大学6ー3名古屋大学


    2部Bリーグ
    愛知学泉大学2ー1愛知東邦大学
    至学館大学5ー3愛知産業大学
    日本福祉大学2ー0同朋大学

    3部Aリーグ
    愛知淑徳大学 6−5 愛知教育大学

    3部Bリーグ
    名古屋市立大学 2−5 名古屋工業大学
    南山大学 1−2 大同大学


    1部リーグは中京大学が愛知学院大を相手に快勝。開幕からの連勝を3つに伸ばし、同じく無敗(4連勝)の名城大を追うような形になっています。愛知学院大、東海学園大はいまだ勝ち星を挙げられない苦しい状況に。
    2部Aリーグは名古屋学院大が開幕から4連勝で首位をキープ。追う名古屋産業大も勝利し2部Aリーグはこの2チームが優位な状況となっております。2部Bリーグは日本福祉大と至学館大が勝利を挙げて同率首位。2部リーグはフレッシュな顔ぶれが上位に名を連ねています


    C73A6042

    今日は名古屋学院大と名古屋大の試合を観に行ってきましたが、約1時間50分という短い試合時間だった事が物語っている通り両チームの先発投手が素晴らしい投球を見せました。今日の勝利で開幕から3連勝となった谷口投手(名古屋学院大)はかつての竹中大智投手(東海学園大→和合病院)を彷彿させるような速球派のサイドスロー、対する松田投手(名古屋大)は本格派タイプの左オーバーハンド。隙の無い投球で失点の気配をまるで感じさせない谷口投手に対して、ピンチを凌ぐ度にパワーアップしていく松田投手といった感じの投げ合いになりました。6回までを両チーム無得点で迎えた7回表、松田投手の快投に応えるように名古屋大がスクイズで先制。「無敗の名古屋学院大から金星を挙げるのか?」という流れになりかけていた7回裏、名古屋大の野手陣に凡ミスが重なり名古屋学院大が逆転。松田投手は7回途中で降板となり、名古屋学院大が勝利(最終スコア6-3)しました。

    3S9A1036

    局地的に注目を集め始めている名古屋大の松田投手ですが、名古屋大の投手としては七原優介投手以来と言えるような球威のサウスポーです。ドラフト候補として名前が挙がってくるような感じでは無いですが、角度の付いたストレートは恐らく140km/h級で非常にテンポが良く、攻撃に流れを持ってくるような投球を見せます。小柄な体を躍動させるようなメカニクスとピンチを凌ぐ度に吠える姿はどことなく生田目翼投手(流通経済大学→日本通運)を思い起こさせます。眼鏡をかけているというわかりやすい特徴もあるので、これからは知名度も上がっていくのではないでしょうか。高校時代に話題にならなかったのが不思議ですが、当時の大会誌などを見ても名前が見当たりません(江南高校出身だそうです)。経歴にも謎が多く、どのような存在になっていくのか楽しみです。


    全日本大学野球選手権の組み合わせが決まりました



    という訳で愛知大学野球連盟の対戦相手は北東北大学野球連盟に決まりました。
    可能性としての話ですが、ドラフト上位候補の栗林良吏投手(名城大学)vs高橋優貴投手(八戸学院大学)or鈴木翔天投手(富士大学)が実現するかもしれません。




    偶然にも八戸学院大学と富士大学の直接対決は現地で観戦しようかどうかと迷っていたところだったのですが、これで青森まで行く為の大義名分が出来てしまいましたね…(笑)
    交通費と宿泊費で5、6万円飛ぶので、かなり痛いのですが、どちらかの投手が故障しない限りは行く方向で進めていきたいと思います。



    このブログに関しての説明
    主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
    記事検索
    カテゴリー
    タグクラウド
    livedoor 天気
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ