【Twitter】
  • @suzu_rasu

    【写真アルバムサイト】
  • flickr
  • Google+

    【exblog】
  • TRIPLE THREE

    【公開されている画像の取り扱いについて】
    ・選手本人及び関係者の方はご自由にお使いください。
    ・画像の公開に問題のある場合は御一報をいただければすみやかに対処いたします。

    ※各種依頼、問い合わせはコメント欄、TwitterのDMにてお願いたします。
  • 栗林良吏投手(名城大学)

    3S9A0153

    言わずと知れた『愛知の至宝』です。「明治神宮大会へ二度出場」「大学日本代表選出」と愛知の枠を飛び越えて全国区の選手にまで成長しました。最速153km/hを誇るストレートとブレーキの効いたスライダー(縦と横の二種類)の組み合わせが主体となる投球スタイルで、試合中の修正力にも優れたものが有ります。大学デビューイヤーから現在に至るまでの間に大きな故障をしていないのも魅力の一つと言えるでしょう。現時点では愛知の大学生としては唯一のプロ入り確定クラス(順位縛り等が無ければ)の選手で、今後の取り組み方次第ではドラフト1位も射程圏に入ってくると思われます。ただ、最終学年で何か大きな変化がないと印象面での上積みが無いまま終わってしまう可能性が高いのも事実です。この先のキャリアを見据えた場合に気になるのが、ゾーンの四隅(左右高低)への制球力の甘さで、上のレベルの打者と対戦した際にはコースを見切られてしまってボールカウントが先行する懸念があります。スピンが効いていて素晴らしい球筋のストレートではあるのですが、球に角度が無い為に甘く入ると捉えられやすく、打ち損じも誘いにくいので"ファールを打たせてカウントを稼ぐ"という観点においても不利なように感じます。しっかりコースを突くコントロールを磨くか簡単に見極められないような"更なる球威と切れ"をモノにする必要があるのかもしれません。

    ---------------------------

    この選手のここを見ろ!→「肩関節の柔軟性」

    732A9688

    3S9A0229

    732A1491

    メカニクス全体を見渡すと、強みという部分があまり見当たらず「一体、何処からあの球速を捻りだしているんだ?」と首を傾げたくなるのですが、恐らく「胸部の張り(肩甲骨の寄せ)」と「腕のしなり角(最大外旋角度)」がその理由だと思われます。打者と正対するようなメカニクスで"割れ"を深く使えていないのですが、胸部に強い張りを作る事(肩甲骨を寄せる事)で上体に間が取れています。(※胸部の張りを上手く使えている投手の代表格では平野佳寿投手やマイルズ・マイコラス投手の名前が挙がります)又、チョッパーのフェーズにおける腕のしなり角(最大外旋角度)も素晴らしく、肘から先を後ろに置いてくるような腕の振りを実現できています。これらの特徴から推察できるのは"類まれなる肩関節の柔軟性"で、洗練されたメカニクスとは言えないにも関わらず150km/h級のスピードボールを叩き出す秘訣はここに有るのだと思われます。(※メカニクスに関して補足すると股関節の硬さや下半身のパワー不足が目につきます。この辺りの改善に取り組めば更なる球速アップや制球力の向上に繋がるのではないでしょうか)

    ---------------------------

    732A1479
    投球スタイル、メカニクスの面で気になる部分はありますが、言い換えればそれらは全て"伸びしろ"です。未完成なのにも関わらず今のパフォーマンスを発揮できている時点でズバ抜けた存在である事には疑いの余地がありません。
    最終学年で"再覚醒"し、堂々とプロへの扉を叩いて欲しいと思います。 



    愛知東邦大学野球部、渋滞ピンチを救う

    この米澤君(愛知東邦大学 3年)というのは正真正銘のエースピッチャーです。
    巧みなコーナーワークと目線を上げる変化球を主体とした老獪なサウスポーですが、
    ストレートのスピードや切れもなかなかのレベルで上の世界(硬式社会人)を狙える投手だと思われます。

    3S9A3861
    米澤佑弥投手 (愛知東邦大学) 
    鹿屋中央高校卒 170cm 70kg


    3S9A7554

    3S9A7556

    3S9A7561

    3S9A7553

    3S9A7562

    せっかくなのでフォーム解析でも。(※同一動作内の連続写真ではありません)
    頭の位置が上下にブレない事とトップまでの早さが特徴的で、これらの動きが制球力の高さに繋がっているのかもしれません。
    ランディングのフェーズで突っ張っている左脚の使い方が改善ポイントでしょうか?
    股関節の内旋可動域が広くなれば"割れ"が作れるようになって、軸足も浮かなくなると思います



    竹千代君

    732A9896


    732A9866

    732A9811

    3S9A9994

    3S9A9906

    732A0114

    "ネタ応援"と"主戦投手"の二刀流プレーヤーはもしかしたら前例が無いかもしれません。「竹千代君が公式戦で投げた」という情報を最初に聞いた時の衝撃は中々のものでした。
    Twitter上での人気と知名度はドラフト候補選手に匹敵する程でしたし、IoT時代ならではのスタープレーヤーだったのかもしれませんね。
    最上級生になって先発投手を任されるようになっても、以前と変わらぬスタイルで応援をし続けた姿は文句なしにカッコよかったですね。
    今後は学校の先生を目指されるそうですが、こんな先生の従業を受けられる子供たちが羨ましいですね。
    (ちなみに投手・宮城竹千代は柔軟性に富んだ技巧派のサイドハンドでした。)
    【宮城竹千代投手(朝日大学)flickr】




    このブログに関しての説明
    主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
    記事検索
    カテゴリー
    タグクラウド
    livedoor 天気
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ