今更ですが、7/13に行われた愛知県大会一回戦の画像を載せておきます。
球場についたのが六回の裏だった為、実質3イニングスしか見れませんでした。

七回の1イニングだけ登板した栄徳の大内投手が三者連続三振を奪う圧巻のピッチング。
又、イニング間には村上捕手が地を這うようなセカンドスローを披露しておりました。
バッテリーを中心にポテンシャルの高さを感じましたが、まさか決勝まで行ってしまうとは・・・

大内公貴投手(3年 矢田)
732A9740

732A9748

腕の振りと腰の捻りが連動する非の打ち所のないピッチングフォーム。
こんな素晴らしい正統派左腕に成長するとは・・・
732A9749

ホームランを放った奥村賢二郎二塁手(3年 旭)
732A9718

小畑翔太郎投手(3年 安城西)
732A9726

パワーのあるストレートを投げていましたが6回に捕まってしまいました。
732A9734

コールドゲームを成立させるホームインを決めた大内投手。
732A9768

安城高校のキャッチャーがバックホームの球を逸らし、大内投手の背中に当たるハプニング。
732A9771

整列前にコールドスプレーを浴びていました。
732A9772


安城栄徳