9/14 豊田球場

森奎真投手(2年)
プロ5球団のスカウトを集結させた逸材です。
732A0785

732A0853

鈴木統偉右翼手(1年)
732A1022

732A1023

村上滉一捕手(2年)
732A1028

732A1043

江川清太郎遊撃手(2年)
732A0986

732A0989

彦坂拓馬捕手(2年)
732A0996
この胸元を握るしぐさ、PL学園みたいな感じのやつでしょうか。

今夏、県準Vの栄徳と、東邦を春夏と二度苦しめたことで一躍有名になった豊橋工業による一戦。
豊橋工業はエースの森投手が立ち上がりに捉えられて先制を許したものの、
以降の回ではきっちり修正し、丁寧な投球で栄徳打線を散発に封じました。
故障中という事でストレート、変化球共に絶対的なものは無かったのですが、
要所で見せたストレートは切れ味がありました。腕のしなりと落ち着いた投球の組立てに非凡なものを感じます。

一方の栄徳は投手陣が乱調。
徹底的に走ってくる豊橋工業の仕掛けを止められない苦しい展開で主導権を握られ続けました。
この敗戦で春の選抜への出場は絶たれましたが、来年度の躍動に期待します。

この試合の画像まとめ→豊橋工業高校-栄徳高校(9/14)google+
豊田球場はフレアとホワイトピクセルが出るので編集が大変。
キリがないから何枚かしか修正してないけど。