2014年09月

中京大学-愛知学院大学@瑞穂球場(9/7)

大藏彰人投手(2年 大垣西)
732A9573


山下大介投手(2年 帝京大可児)
732A9586
カメラで撮影していて、ふと思ったのですが、山下投手は腕の振りに癖があるのか、
スリークォーター気味だからなのか、肘から先が出てくるまでに時間差があるような気がします。
それでタイミングを外してたりするのでしょうかね?単に自分の思い違いかもしれませんが。

愛知学院大は春の大学選手権を経て、勝ちパターンが板についたような気がします。
源田選手の足という飛び道具があるのはかなり大きいですね。一発のある打者も揃っていてある程度の得点は計算できます。
先発の大藏投手のピッチングにも貫禄を感じました。中盤以降からのコントロールのバラつきが若干気になりましたが、
角度のあるストレートは球速以上に威圧感がありますし、変化球を投げる時も腕が振れているように思います。
曲がりが早すぎて見切られている縦の変化球をマスターするようだと、愛知では敵無しの存在になるのではないでしょうか。

中京大は先発の山下投手が試合を作りましたが、ここ一番で打線に一本が出ませんでした。
昨秋のリーグ王者も今年は苦戦続きですね。岡部投手の復帰も待ち遠しいところです。

現在1部リーグの首位はまさかの日本福祉大。昨年の春季には3部へ降格しかけたチームですが、
絶対的エース西川と勝負強い中軸の本田という二人の柱を中心に1部上位クラスの強豪に化けました。
春のリーグ王者にして全国ベスト4の愛知学院大との直接対決が楽しみなところです。

愛知学院大で一点だけ気になるところは、
大学選手権でウィークポイントと化していた四番打者の人選がいまだに定まっていないところ。
シーズン中に不動の四番打者になりうる存在が登場するといいのですけど。

この試合の画像をグーグル+にまとめました→「愛知大学野球連盟1部 中京大学-愛知学院大学(9/7)」

名古屋産業大学-名古屋大学(9/15)

9/15 愛工大グラウンド

大宮新之祐外野手(3年 七尾)
732A1590

安東賢哉二塁手(3年 時習館)
732A1553

藤田智也外野手(3年 春日井)
732A1558

732A1560

東内悠亮遊撃手(4年 佐賀西)
732A1284

古田大輔投手(3年 岐阜)
732A1361

長田雄太投手(2年 沖縄水産)
要所で見せたストレートの伸びと名大打撃陣をクルクルと泳がせたコーナーワークは見事でした。
まだ2年生という事も有り今後が楽しみな存在です。
732A1403

七原優介投手(4年 知立東)
リリーフで登場。好フィールディングと気合の入ったピッチングで逆転勝利を呼び込みました。
普段はクールなプレースタイルですが大学ラストシーズンという事もあってか熱を帯びたようなシーンもチラホラ。
732A1900

732A1770

試合結果

中盤までは名産大の一方的とも言える試合展開でした。
あと一本ヒットが出ていたらコールド勝ちまでもっていけたのでは、という場面が何度かありましたが、
名大投手陣に土俵際で食い止められて試合を決められず、先発の長田投手に疲れの見え始めた終盤に得点を重ねられての逆転負け。
長田投手に対する信頼の現れなのか、中継ぎ陣が信頼されていないのかは不明ですが、
やや勿体無い試合運びであったように思えました。

それとは対照的に、名大は公式戦で登板経験のある投手を惜しみなく注ぎ込んだマシンガン継投で試合を作り、
二連投中だった七原投手を同点になるまで温存した我慢の投手起用が実りました。
その中でも光っていたのが四番手で登板した平井投手。
前日からの連投になりましたが、堂々としたピッチングワークで主導権を握り、名産大打線を寄せつけませんでした。
肘を鋭角に使い、打点の高いしっかりとしたリリースで投球する正統派右腕で、
七原投手が抜ける来年以降の先発の柱として十分にやっていけそうな風格がありました。
又、打撃陣もなかなかの好調ぶりで、四番に抜擢された大宮選手を筆頭に上位~中軸から長打とタイムリーがたくさん産まれました。
日替わりで組み替えた打順がハマったり、途中から出場する選手が攻守に渡ってビッグプレーを決めたりと、
全般的にベンチワークが冴えていますね。

13日に見た愛産大戦も中身の詰まった試合内容でしたが、
この試合も選手個々からの気迫が存分に感じられ、同点から逆転の流れでは涙が出そうになりました。
今後も強敵との対戦が控えていますが、悲願であると思われる1部リーグ昇格を実現させて欲しいですね。
部外者が簡単に口にしていい言葉じゃないんでしょうけれども。

グーグル+にこの試合の画像をまとめてあります。

血が沸騰


名古屋産業大と名古屋大学の第二戦目はスコア以上の劇的ゲームになりました。
というわけでハイライトシーンを公開。

追記→グーグルに今日の画像をまとめてみました

732A1603

732A1439

732A1785

732A1293

732A1771

732A1528

732A1872

一昨日の試合もそうでしたが名大が本気でこのシーズンに勝負をかけてきているというのが実感できる試合でした。
今日は文字通り全員野球の総力戦。全ての選手がヒーローでした。

名古屋学院大ナイン(4年生)

松井将成外野手(4年 桜井)
高校時代は富山ナンバーワン外野手だったそうです(アマチュア野球掲示板参照)
リードオフマンタイプの選手。
732A0489

732A0425

長棟淳朗内野手(4年 享栄)
豪快なバッティングが持ち味。名院大の主砲。
732A0354

732A0430

732A0572

村岡駿一内野手(4年 長久手)
昨年秋の入れ替え戦では巧みなバットコントロールで相手投手を苦しめた。
732A0578

732A0535

三木健内野手(4年 鳴門)
名院大内野守備陣の要。
732A0454

732A0317

室谷勇磨内野手(4年 至学館)
今春の至学館大戦ではレフト方向にホームランを記録。
感情を剥き出しにしてプレーするファイター。現チームの主将。
732A0421

732A0309

名古屋学院大の4年生を撮影できるチャンスはもしかしたらこれが最後だったかもしれないので、
昨日(9/13 愛知東邦大戦)の試合に出場していた4年生ばかりを掲載しました。
試合に出ていた選手もスタンバイしていた選手も最終学年の秋季までお疲れ様でした。
1部昇格を目指して残りの試合で完全燃焼してください。

愛知産業大学-名古屋大学@愛産大グラウンド(9/13)

七原優介投手(4年 知立東)
732A0275

732A0279

732A9898

732A0278

732A0025

古田秀和投手(2年 愛産大三河)
コンパクトなフォームからキレのある球を繰り出し、延長タイブレークまで無失点の好投。
ランナーを背負ってからは粘り強い投球を見せた。
732A0195

藤田智也外野手(3年 春日井)
732A0057

安東賢哉二塁手(3年 時習館)
攻守に渡って活躍。
732A9911

東内悠亮遊撃手(4年 佐賀西)
732A9890

岩浅力也一塁手(1年 帝京大可児)
732A0266

森下大輝外野手(2年 春日丘)
732A0185

平川卓実三塁手(3年 時習館)
マルチヒットに好守備と大活躍。
732A0243

斎藤遼太外野手(4年 松本深志)
732A9904

近藤庸祐捕手(4年 明和)
732A0192

今日も二刀流は健在。センター方向へ長打を放ちました。
732A0096

大宮新之祐外野手(3年 七尾)
延長11回(タイブレーク)に決勝タイムリーを放ったシーン。
732A0255

長谷川貴弘内野手(4年 誉)
732A9918

杉谷啓介外野手(1年 愛知黎明)
732A0209

近藤庸祐捕手(4年 明和)
732A0168
持ち前の強肩で2度の盗塁阻止を決めたり、難しいファールフライを好チャージでキャッチするなど、
今年度最高レベルのパフォーマンスを発揮してたような気がします。
ロースコアの接戦になった時こそ捕手の能力が問われると個人的には思っているのですが、
今日は七原投手と並んでマンオブザマッチに値する活躍で勝利を手繰り寄せていたような気がします。

732A0178

732A0270

732A9863

安藤佑斗捕手(2年 愛産大工)
732A9913

732A0233

732A0234

732A0236

732A0238

732A0286

732A0287
内野守備陣も好フィールディングで七原投手の好投を支えました。
詰まった当たりを素早いチャージで処理し、安定した送球で試合を締めました。

732A0290

今日の七原投手は八回途中までランナーを一人も出さない文字通り完璧な内容のピッチング。
やはり、左右どちらの打者に対しても威力のある球でインコースを厳しく攻められるのが最大の強みですよね。
インハイで空振りを奪ったり同じ打者のバットを二打席連続でへし折るなど、またまた圧巻の投球でした。
感じ方は人それぞれだと思いますが、これだけ力のある球をインコースに持ってこれるという時点で、
プロ入り後の活躍もほぼ鉄板のように思えます。
近年の東海圏からは、濱田達郎(愛工大名電→中日)、則本尋大(三重中京大→楽天)などの大型投手を輩出していますが、
彼らの最大の持ち味もインコースの厳しいところに威力のある球を持ってこれることでした。
クイックも速く、フィールディング能力も高いオールラウンダー投手で大崩しないタイプでもあり、
まだまだ伸びしろ充分な逸材だけに今後どこまで凄い投手になるか楽しみです。
残り少なくなった大学ラストシーズンのピッチングを少しでも多くの方に見ていただきたいな、
と勝手に思っています。

それと共に、チームとしての1部昇格にも期待しております。
4年生の集大成は瑞穂で見たい!
RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード