2014年10月

西川昇吾投手(日本福祉大学)

1シーズンで即2部へ降格するだろうと誰もが思っていた(?)日本福祉大学。
春季では創部初となる1部リーグでの勝ち点を挙げて4位残留。そして今季はまさか(?)の優勝争いを演じるという旋風を起こしました。
その快進撃の立役者となったのが、西川昇吾投手(3年 大成)
732A0596

732A0599

732A0600

732A0593

732A0601
※連続写真ではありません

「左のライアン」という異名が定着していますが、トルネード気味のフォームでもあるんですよね。
肘を鋭角に使う腕の振りで、リリース直前の「握り」をカメラで抑えるのが難しい。
上から4枚目のシーンを連写無しの一発撮りできる人が居たら尊敬します。

ところで、投球前に見せるこの左腕の動きは一体なんなのだろうか。
チェンジアップを投げますのサインじゃないだろうし。肩甲骨とか背中の動きを意識するようなやつですかね。
732A0608


732A0036

732A0040

魔球のようなチェンジアップとコースに決まる切れ味抜群のクロスボールとのコンビネーションが武器の奪三振マシン。
連投を厭わない鉄腕っぷりも健在で正に大車輪の活躍でした。

「日本福祉大=浅尾拓也の母校」というイメージを払拭するぐらいの更なる活躍を期待します。
来年こそは全国の舞台へ。

H26年秋季リーグ成績
10試合 投球回数72.9 防御率2.59 4勝4敗 奪三振53 四死球28

【2部1位プレーオフ】愛知工業大学-東海学園大学(10/25)

春季に続き、今季のプレーオフも記憶に残る名勝負になりました。

竹中大智投手(2年 東邦)
732A1780


松岡翔馬捕手(4年 享栄)
732A1465


両チームの先発投手、愛工大・木村、東海学園大・竹中による投げ合いとなった一戦。
五者連続三振を奪う圧巻の立ち上がりを見せた木村に負けじと、
クロスボールを主体としたコーナーワークで愛工大の中軸を徹底的に押さえ込む竹中。
両チーム共になかなか三塁ベースが踏めない、もどかしい展開のまま試合が進みましたが、
9回裏に二死満塁と竹中を攻め立てた、愛工大が3番打者・松岡のサヨナラヒットで劇的に勝利。
それまでの打席で竹中の外角攻めに苦しんだ松岡は、その外角の球をファーストカウントから積極的に狙い、
体を投げ出すようなスイングでライト前へ運ぶ、執念の打撃を見せました。

エース、北出投手離脱の穴を埋める快投を見せた愛工大・木村投手は、
球のキレとスピードをより効果的に活かせるような実戦力を身につけたら、
愛知ナンバーワン左腕どころか全国的に見ても上位の存在になるのではないでしょうか。
意図的に飛ばした部分もあるのかもしれませんが、立ち上がりの投球は圧巻でした。

敗戦投手となった竹中投手もスライダーとストレートを組み合わせたクロスボールと、
その対のコースに決まる球(変化球なのかストレートなのか判別できませんでした)を駆使したコーナーワークは、
1部リーグの主戦投手に匹敵するか、それ以上のものでした。
まだ2年生という事なのでこちらも今後が非常に楽しみな存在です。

逆光でホームベース側からの撮影環境が悪かったとは言え、フルサイズ機にLレンズでこんなのを撮ってたらダメだろうという、
レベルの写真しか無くて公開する気になれなかったのですが、自らを戒める為にもリンクを貼っておきます。

秋季2部1位プレーオフ 愛知工業大学-東海学園大学(Google+)

激闘の様子を伝えるに相応しいものが撮れなくてだいぶ凹んでいますが、
この失敗を教訓に撮影技術を上げる為の努力をしてみようと思います(大げさ)

プレーオフ決戦前夜

2部A、Bリーグそれぞれの優勝校が入れ替え戦進出を賭けて争う一戦が明日(というか今日)開催されます。

大混戦だったAリーグを勝ち抜いた東海学園大とBリーグを高い勝率(.800)で制した愛工大の二校による対戦カードになりました。
防御率0点台の二枚看板を擁する投手力の東海学園大とパワーヒッターを中軸に揃えた攻撃力の愛工大という構図で、
春季のポストシーズン(プレーオフから入れ替え戦にかけて)では本塁打を量産する活躍を見せた内原選手(愛工大)を
坂田、竹中の両投手(共に東海学園大)が散発に封じることができるかどうかが、この試合の焦点になるのではないでしょうか。

坂田尚之投手(4年 瀬戸)
社会人野球の主戦投手かのような老獪なピッチングワークで凡打の山を築く、技巧派右腕。
リーグ戦34.3イニングスで自責点3与四死球3という驚異的な成績を残しました。
差し込こめるストレートとストライクゾーンを広く使う正確無比なコントロールが持ち味。
732A9789

竹中大智投手(2年 東邦)
球威で押すタイプの印象が強かったのですが、球のキレ、コントロール共に申し分なく、
正統派のサイドハンドだと言えるのではないでしょうか。
春季はやや不振でしたが今季は最優秀防御率に輝く飛躍的な成長を見せました。
732A9926

732A9909

内原伸内野手※本職は捕手(4年 掛川工業)
大一番に強いパワーヒッター。ラストシーズンも瑞穂の空に虹の輪をかけられるか。
732A1983

松岡翔馬捕手(4年 享栄)
リーグ戦最終カード(愛知東邦大戦)では左方向に強烈なホームランを放った、もう一人のパワーヒッター。
捕手としてのインサイドワークにも注目。
732A1956

ちなみに2部最下位と3部1位のプレーオフも同日開催で名商大グラウンドにて行われます。
詳しくは連盟公式サイトで確認してください。

名古屋大学-同朋大学(10/11)

10/11 愛工大グラウンド

愛知大学野球連盟2部A 名古屋大学-同朋大学(Google+)

東内悠亮内野手(4年 佐賀西)
732A1038

732A0905

七原優介投手(4年 知立東)
732A1138

732A1139

山口修平内野手(3年 帝京第5)
732A1094

荘岳穎外野手(1年 藤枝明誠)
732A1114

大宮新之祐外野手(3年 七尾)
732A1157

平川卓実内野手(3年 時習館)
732A0653

陶山篤紀投手(3年 関西)
732A0610

七原優介投手(4年 知立東)
732A0561

大学最後の先発マウンドとなった七原投手(翌日にもリリーフで登板したそうです)と
関西高校時代は水原や堅田らの控えとして甲子園の土も踏んでいる陶山投手との投げ合いとなった一戦。
正直に申しますと、2部Aリーグで6位の同朋大が相手ということもあり七原投手の快投に期待していたのですが、
実際にはその逆の展開になり、一試合を通じて苦しい内容の投球だったように思います。
前カードの名商大戦を引きずるような不安定な制球で、自分が見た中では一番外野に打球を飛ばされた試合だったように思います。
そういう状況でも大崩れしないのが七原投手の持ち味。外野守備陣の球際の強さに助けられながらではありましたが見事に完投勝利。
パートナーである近藤捕手の離脱(名商大戦で骨折)という窮地を1年生の岩浅捕手との二人三脚で乗り越えました。

一方の同朋大は負ければ今季の最下位が確定するという事もあったのか打撃陣が奮闘。
体ごとぶつかってくるような執念のスイングを見せる打者もおり、終盤まで七原投手を苦しめました。
先発の陶山投手もバネを生かしたような投球フォームから厳しく攻めるピッチングで試合を作りましたが、
立ち上がりに走者一掃のタイムリースリーベースなどを浴びて惜しくも敗戦投手になりました。

この日、敗れて2部リーグAの最下位が確定した同朋大はプレーオフで
2部リーグB最下位の名古屋経済大学と入れ替え戦行きへの回避をかけて戦うことになりましたが、
今季の2部リーグAは優勝した東海学園大から同朋大まで、紙一重の実力差だったように思います。

又、今年度9試合(新人戦を含めると10試合)ほど観戦した名古屋大学野球部は、
春季リーグ三割打者の平川内野手や勝負強い大宮外野手を中心に、3年生世代の野手の活躍が目立ちました。
2年生以下でも打撃の良い森下外野手や捕手として良い守りを見せた岩浅選手などが台頭し、
平井投手、森川投手と実績のある投手も揃っているので、七原投手という投打の柱が抜ける来年以降も、
チームとしてのまとまりを失わなければ充分戦っていけるのではないかと思います。
今後も名古屋大学野球部の活躍に期待したいです。

愛知学院大学-日本福祉大学(10/18)

10/19 名城大学グラウンド

愛知学院大学-日本福祉大学(Google+)

西川昇吾投手(3年 大成)
732A0032

是枝健太投手(4年 金光大阪)
732A0202


732A0019

732A9977

春季の覇者(愛知学院大)と秋季1位(日本福祉大)とによる対戦カードの初戦。
シンカーのような動きで大きく曲がり落ちる西川投手の魔球に手を焼きながらも中盤以降で得点を重ねた愛知学院大が逆転で勝利。
西川投手を攻略すべく、四番から九番までずらりと右打者を並べた布陣で望んだ愛知学院大の起用策が結果的には当たり、
8回裏に泉地、宮野の連打で勝ち越し点を挙げました。
日本福祉大との対戦がリーグ戦の終盤に組まれた事が愛知学院大にとっては有利に働いたのかもしれないですね。

一方の日本福祉大はボール一つ分ほどの細かい制球のズレに苦しむ是枝投手を攻め立て3点をリードし、
試合の主導権を握りかけましたが、その後に追加点を奪えなかったことが響きました。
2回表に走者一掃の2点タイムリーなどで一気呵成の流れになっていたところで、
源田選手の好守備に阻まれて後続を断たれたのがターニングポイントだったかも。

その源田選手、自分が観戦した今季3試合の中では今日が一番のパフォーマンス。
打撃では2安打2打点。1本目のタイムリーはまたしても右方向へのライナー性の打球で広角打法が板についてきました。
守備でもファインプレーを連発し、ボテボテの打球やセンター方向への打球を洗練された足運びとスピーディーな送球で捌き切りました。
素人目になりますが、現時点で全盛期の井端弘和に匹敵するようなレベルにまで到達してるような気がします。
大学野球の選手でこれだけ走攻守で毎試合魅せてくれる選手なんてそうそう現れないと思います。
プロ入りしないのは残念ですが、あと2年弱愛知県近辺で源田選手のプレーを見られることに有り難みを感じたいです。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード