2015年11月

中尾輝投手(名古屋経済大学)

C73A8188

中尾輝投手(3年 杜若)
最速147km/h(!?)をマークしたと野球太郎(No.17号)に掲載されていてビックリしました。
春季に見たときは140km/h出ているかどうかかなという感じに見えたのですが・・・

長い脚を上手く使い、やや深めのストライドを取るフォームで、
かつての大野豊や川口和久のような投げ方をします。
腕を強く振れる事が最大の長所だと思いますが、
スマートな体型に反して、やや力んでいるように見えるところが若干気になります。
実際に力んでいるかどうかは不明ですが、リリースの瞬間以外は力を抜いて、
下半身で勢いをつけられる感じになると全体的なキレ味が増すのかも。

頭を大きく動かしながら力のあるストレートで押してくるという事もあり、
完成系は川口和久あたりなのかなという気がします。
素材型だと思いますが、腕の振りが非凡な投手なので環境次第では大化けするタイプだと思われます。

732A7882

グラブを胸に抱えて投げるタイプという事もあり、ストレートをコーナーにまとめに行くピッチングスタイルで、
大きく曲げるような変化球は使ってきませんが上記のとおり、腕を強く振れるので、
チェンジアップ系の球種は磨いていけるような気がします。
カットボールも持っているそうですがそちらも投球フォームに適合した球種なのではないでしょぅか。
 

エース格の右腕、眞野投手と共に名古屋経済大学を1部へ導く原動力になれるのか、
最終学年でのさらなる飛躍に期待したいところです。

732A7973

732A0011

早稲田大学-愛知大学(2015-11-14)②

732A7346

732A7467

732A7454


732A7034

732A7395


732A7024

732A7151

フォトアルバム→早稲田大学-愛知大学(flickr)

フォトアルバムが完成いたしました。
天候が悪かったのでお見苦しい点が多々あると思いますが…

僅差だったような気もするし決定的な差があったような気もする内容の試合でした。
後日加筆いたします(またかよ)

愛知大学野球連盟2部リーグとはなんなのか

732A0367


今年1年間、大学野球を見ていて、「やっぱり七原投手って凄かったんだな~」、と思わされる事がしばしばありました。
当時は「七原が凄いと言っても、所詮2部リーグの話でしょ?」という感じで愛知の下部リーグを侮るような声を耳にしましたが、
それに関しては腑に落ちないところがあるなと思っていました。というのも、愛知大学野球連盟には28もの大学が名を連ねており、
これは他地方の連盟と比較してもかなりの大所帯にあたります。関西地方にあるいくつかの連盟を例に挙げてみると、
関西学生野球連盟→6校、関西六大学野球連盟→6校、阪神大学野球連盟→18校であり、
愛知の28校と比較すると10校以上少なかったり半分以下校数で構成されている場合がほとんどです。
愛知の校数であれば2つ以上の連盟に割って運営されていてもおかしくない話で、
愛知の2部リーグに所属してる大学の中にも他地方の1部リーグにあたるぐらいの実力を持つ大学があると見ても
あながち間違いだとは言い切れない部分があると思います。
それらを踏まえると、愛知の1部6校に名を連ねて神宮枠を勝ち取る事の難しさを理解していただけるのではないかと思います。
校数=レベルという図式が必ずしも当てはまるわけではありませんが、
下部リーグ=レベルが極端に落ちるという単純なものでも無いと思います。

 では、愛知大学野球連盟2部リーグのレベルが高いのかと言われたら、
これはなんとも言えないところで(話がややこしくなるがな)
凄いと思わされる部分とそうでない部分がある、不思議なカテゴリーなのではないかというのが私見になります。
高校野球でも見ないようなお粗末な守備の乱れがあったかと思うと、
ドラフト候補級の投手が打ち込まれてノックアウトされたりするような事もあり、
その辺りの混沌とした「よくわからない感じ」が愛知2部リーグの個性、魅力なのでは無いかと感じています。

 来年度からは愛知学院大が2部に加わるということでますます熾烈になりますが、
その愛知学院大も2部の魔界(?)に引きずり込まれて苦戦するような事になるのかもしれません。
1シーズンで1部へ復帰出来る程甘くはないと思っていますが、果たしてどうなりますでしょうか。
来春の楽しみとして待ち望みたいと思います。

私的年間最高試合

732A5257

今年はやっぱりこれですね。
今まで現地で見た県大会決勝の中でも一番の内容でした。
10年後も語り継がれるような伝説の一戦だったと思います。

中京大中京-愛工大名電(flickr)
←速報版のまま放置しっぱなし…

早稲田大学-愛知大学(2015-11-14)

732A7664

732A7442

732A7504

732A7358

732A7180

732A7018

732A7357

732A7233

序盤に3度あった好機に得点できなかったのが響いた形での敗戦になりましたが、
選手権王者の早稲田大を相手に途中まではがっぷり四つの展開でした。
天候の良い状況でやってたら違った結果になったかもしれませんが、
中川、大竹の両先発投手は素晴らしいピッチングを見せてくれたと思います。
楽天から3位指名された茂木栄五郎はやっぱり凄かった。

後日、加筆します。

明治神宮大会

732A06

武田偲内野手(中部学院大卒、現Honda)の大学最終打席シーンです。
明日から神宮大会ですが、週末はまたしても雨みたいですね。
どうなりますでしょうか。

リマスター

732A0071


これからは展示する事を意識しながら撮影して行こうと思っていて、
それに伴い今年撮影した中で個人的に出来が良かったと思うものを試しにプリントする事にしたのですが、
今一度現像し直してみたら、割と良くなったような気がします。
(て言われても見分けつかないですよね)
カメラに関してはまだ初心者の域を抜け出てないので伸びしろはいくらでもありますね。
そのうちプロに冷や汗をかかせるような写真を撮れるようになって行きたいものです。

ザ・ラーズというギターロックバンドのリーメイヴァースっていう人は、
「あいつは金を与えたら新譜を作らずに過去の自信作を撮り直してしまうタイプだ」、
みたいな事をオアシスのノエルギャラガーに言われていたのですけれども、
割と自分もそういうタイプでちょくちょく過去の記事の画像を修正しています(変なところで神経質)
というわけで嶽野投手の記事に載せてた写真をいじってみました。

扇の要

732A6536

栄徳高校野球部前主将・村上滉一捕手のクロスプレーシーン。

 ちょっとしたきっかけで、これからはちょくちょく写真をプリントしようと思うようになったのですが、
なかなか奥が深いというか、ネットにアップするのと違って誤魔化しが効きませんね。
A2やA3のサイズまで伸ばして見せるというのはそれなりに大変なことのように思います。
カメラに興味持って良かったのか悪かったのか。
ほんの少しかもしれないけど人生が狂ったような気がしないでもないですね…

ハイブリッドアイアンアーム

732A7855


槍のような軌道でミットを突くストレートと小気味好くコースに決まる変化球を駆使し、
他校のライバル達と緊迫の投手戦を多数演じました。
試合終盤のスミイチで敗戦投手になるような悔しい試合が続くこともありましたが、
社会人野球では大輪の花を咲かせてくれる事に期待したいです。

秋季から変わった新ユニフォーム姿の写真は全く良いのが無くて、
載せられないのが無念です。
一応これ

732A7866

ミズホ・マイスター

732A0892

732A0823

732A0138

732A0764

732A0864

732A0567

732A0916

ライトグリーンと赤茶色の景色が似合う戦士達。
再びこの地に返り咲いて欲しい。
(ここに載っているのはほとんどが現4年生ですが)
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ