2016年04月

セカンドインパクト

732A9306

732A9307


732A9313


732A9308

本日行われた名商大戦は8回コールドゲームで名古屋経済大の勝利という結果でしたが、
先発の中尾投手が8イニングスを投げ、被安打1(それも打ち取ったような当たり)与四球1奪三振7の準ノーヒットノーランを達成、
8回途中にヒットを打たれるという惜しい内容でした。
過去10年間に愛知2部リーグでノーヒットノーランを達成した投手というと浅尾拓也、七原優介の名前が挙がりますが、
中尾投手もそれに近いような存在であるという一つの証明になったのではないでしょうか。

開幕週の星城大戦を見た直後に「これは今年度中にノーヒットノーランをやるんじゃないだろうか」と某SNSにも書きましたが、
その後の数試合ではポテンシャルの高さを生かしれず、詰めの甘さを露呈するシーンが目につきました。
しかしながら素材としては一級品で、溜めの効いたモーションから下半身と腰の横捻りをしっかり使って腕を強く振ってくる
プロ仕様の投球フォームをマスターしている辺りからしても、その資質に疑いの余地はありませんでした。
シーズン前は変化球の質と全般的な制球力を懸念されていましたが、
変化球に関してはキレ、制球、球種の豊富さ、どれを取っても問題の無いレベルで、
与四球も一試合平均1つ程度ということで、その二つに関しては既にクリアしている感があります。
短期でここまで総合的な上昇を見せる投手というのは希少なのではないでしょうか。
腕の位置がスリークォーターという事もあり、一塁側から横の角度が付け易いという点からしても、
プロ入り後は今永昇太のような奪三振マシンとして早い時期から台頭するような気がしています。
愛知2部リーグ、名古屋経済大学所属という部分でのブランド力の弱さが有り、
ドラフト1位評価というのは少し厳しいかもしれませんが、それに準ずるような存在だと思っております。
中尾投手の登板試合を観戦したあとの余韻が、大学時代の則本昴大や七原優介のそれにとても似ているんですよね。
まだ発展途上の部分が多く、隙の無い投球を見せるという事は現状として多くは無いかもしれませんが、
今後に大きな期待が持てる「愛知の至宝」だと言えるでしょう。
怪我、故障無く、大学最終学年を終えられるようにと陰ながら祈っております。

チバリヨー

732A7501

732A7615


732A7614


732A7442

732A7504


高橋三千丈新監督が就任したことで話題となった名産大ですが、今季は6試合消化時点で1勝と低迷。
主戦の長田雄太投手も、味方の援護が得られず我慢の投球が続きます。
今年度が大学野球の集大成となるので完全燃焼して欲しいところです。
傍から見てる分には何かと苦労が多そうなチームに見えたので最後は笑って終われると良いですね、本当に。

エンペラーオブセカンドカテゴリー

732A6373

732A6381

732A6201


732A6380


732A6317


732A6196

右打ちの打者が踏み込んでも届かないような横の角度で勝負するサイドハンド。
今季開幕戦では1安打ピッチング(連盟公式サイト参照)と悲願の1部昇格へ向けて上々の滑り出しだったが、
4/16の対名古屋経済大学戦では5失点を喫してノックアウト。残り5戦での奮起に期待。

直接対決

732A5227

732A5292


732A5259


732A5654


732A5295


732A5296


732A5656


732A5651


732A5753


732A5873


732A5506


732A5505


732A5522


732A5233


732A5524

732A5468

732A5231


732A5177


序盤の山場とも言える対戦カードの2戦目。前日に敗戦した愛工大は一ヶ月ぶりの実戦となる近藤凌太が緊急登板。対する名経大はローテーション通りに中尾輝が先発登板となり、「愛知2部リーグのBIG3」同士の対決が実現。 話題のドラフト候補生同士の対決という事もあり、愛工大グラウンドのスタンドにはNPB8球団のスカウトが集結。中でもソフトバンクは3人体制、日本ハムは木田GM補佐が自ら出向く等、プロ側からの注目度の高さを伺わせる一戦となった。

結果としては3-1で愛工大が勝利。愛工大先発の近藤は5回を投げ被安打3失点1奪三振5という内容で勝利投手に。最速146km/hを計測したストレートと曲がりの小さい縦の変化球とのコンビネーションで4者連続三振を奪うシーンもあった。降板直前に制球を乱しかけたが、久々の実戦登板という事を考慮すれば上々の出来だったと言える内容。開幕週に中尾が最速148km/hをマークした事が耳に入っていたからなのか、はたまた1部昇格の為にも絶対負けられない一戦だったからなのか、かなり気合が入っていたような感じを受けた。 惜しくも敗戦投手となった名経大先発の中尾は9回を投げ切り、被安打6失点3奪三振11という内容。ギアを上げながら投球幅を広げていく試合の作り方である為、序盤を凌ぎきれるかどうかが焦点だったが結果としては3回に許した3失点が響いた形となった。他のイニングでは概ね隙の無い投球を見せただけに残りのリーグ戦での登板においてもギアの使い方が大きなウエイトを締めてくるように思われる。また、敗戦投手にこそなったが見方によっては前週の星城大戦以上と言えるような内容で、シーズン前に懸念されていた変化球の質や制球面での不安を払拭するような、幅のある投球を見せた。ストレート主体ではあるものの変化球で三振を奪うシーンもいくつかあり、トップギアの状態でも抜け球がほとんど無く決め球のほとんどがコースに決まる事を考えると、上の世界に進んでも早い段階から台頭してくるのではなかろうか。


単にドラフト候補生対決というだけで無く共に1部昇格を現実的なところで争う立場の両校。伝統校としての意地を見せた愛工大、敗れたものの1部昇格への可能性を感じさせられる名経大、共にリーグ成績を3勝1敗とし残りのリーグ戦に臨む。首位の東海学園大を含めて3強の構図になりつつあるが、今後の行方が全く読めない。果たしてどのチームがプレーオフへ進出できるのか、残り6戦から目が離せない。

バロン

732A5401

732A5285


732A5400


732A5408


732A5424

732A5805


732A5931

まさかのBIG3直接対決。
先週の対戦カードで近藤凌太投手が登板していなかったので今季は何かしらの理由で投げないのかと思っていたら、
中尾投手が登板する試合にぶつけてくるという胸熱のマッチメイク。

これまたなかなか凄い試合になったのですが、それはまだ置いておくとして、
この日バッティングで一際目立っていたのが石浜亮太選手(3年 愛工大名電)
序盤二打席で2安打、二打席目には試合を決定づける満塁からの2点タイムリーヒット。
彼が試合に出てくると毎回のように「甲子園でホームラン打ったやつ」という枕詞がスタンドの何処かから聞こえてきますが、
2013年の全国高等学校野球選手権大会・聖光学院戦で初回にホームランを打っているんですよね。
やっぱり甲子園でホームラン打つと人生変わるのかしら?
あと愛工大ナインから「男爵」とか「ジョナサン」って呼ばれてるような気がするんですけど仇名なんですかね(違ってたらすいません)
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード