2017年05月

中部大、神宮へ

732A1789

732A1798

732A1803

全カードで勝ち点を挙げる完全優勝を成し遂げました。
ここまで抜けた強さを発揮するようだと選手権本戦での活躍にも期待が出来るのでは無いでしょうか。
絶対的な選手の能力で勝ってきたチームでは無く、全員野球で掴み取った勝利に見えました。
一枚岩となったチームの力を全国の舞台でも発揮してきて欲しいです。

プレーオフ第一戦

732A1237

リーグ戦では本来の投球ができずに苦しんだように見えましたが入れ替え戦進出を賭けたプレーオフ戦で復活。140km/h超のストレートに低速域の変化球とスライダーを織り交ぜる投球で3失点完投勝利。
マウンド上であまり感情を出さない投手という印象でしたが勝利を決めた瞬間には気迫のガッツポーズを見せました。 3年生以下の選手が多いチームにあって数少ない最上級生の選手という事もあり色々と背負うものもあるのでしょう。
試合中にも緊張している様子が伝わってくるようなシーンもあり、この試合の持つ意味合いの重さを感じさせられました。

ロマン砲

3S9A5199

3S9A0306

3S9A0307

3S9A0200

3S9A5226

3S9A4613

濱元大希内野手(2年 豊川高校卒)
今季から4番に座りリーグ戦で6本塁打を記録。徹底マークをされる中でも打てる球が来たら逃さず捉えて引っ張り込む打撃スタイルで意外とスイングも柔らかいように見えます( バットを寝かせて前傾で構える巻き込み型)。積極的に打っていく為あまり球を見極めている印象は無く、隙の無いスラッガーというよりはやや粗さを感じます。 滞空時間の長さが特徴的な放物線系のアーチを放つタイプで、愛知の大学生としては過去に居なかったレベルの大砲に成長するかもしれません。これからの活躍がとても楽しみです。

ノーヒッター

3S9A0127

3S9A0148

3S9A0239

3S9A0236

ノーヒットノーランを達成したそうです。 去年までは右打者の肩口から入ってくるインスラ(フロントドア)等でカウントを整える事が多かったような気がしますが今年からはカーブを習得して更に投球の幅が広がりました。 ボールの切れと勢いでねじ伏せる本格派の投手というよりは、ピッチングを修正しながら試合を作っていく実戦派の好投手になって来たような印象を受けます。 やはり1部リーグと2部リーグでは野球の質が違うのか台頭してくる投手のタイプにもそれぞれ特徴があるような気がします。 栗林投手は1年生から主戦として活躍し今季がで5シーズン目です。ここまで大きな故障、スランプも無く順調にキャリアを積み上げているあたりからしてもプロの世界で活躍していけるだけのものを持っているのかもしれません。 地元球団のスカウトが「フォームはもういじる必要が無い」と言っておられたそうですが、まだ色々なところに伸びしろを秘めている気がします。 1部リーグから現れたドラフト候補生の投手としては山内壮馬さん(名城大コーチ)以来の存在だと思います。大学日本代表候補にも選出されており、この先の更なる活躍に楽しみの多い投手です。

高蔵寺の星

732A0201

732A0276

732A0281

732A0208
井村勇介投手(至学館大 3年)
今季はまだ一度も至学館大の試合を観に行ってないので(至学館大Gは駅から遠すぎて余程の事が無いと行けない)昨年度のカットで恐縮ですが、 1、2部含む愛知の大学生投手の中では屈指のピッチングフォームなのではないでしょうか。この点に関しては右の井村、左の木原(東海学園大)だと個人的には思っています。 打者との正対を避けつつコンパクトに腕を引き上げ、素早くトップを作っているのですが、トップを作る速さが尋常じゃなくて左足が着地する前に腕が完全に引きあがっています。 プロの投手で言うと岡田俊哉(中日)がこのぐらいの速さでトップを作っているんですけど、制球力と連動性に優れ、球速以上に差し込む効果のある機能的なフォームと言えるのではないでしょうか。 入学当初から登板機会に恵まれていた投手ですが今年は更に良くなっているという話なので、近いうちに登板している姿を見にいきたいなと思っています。 高校時代は遊撃手、三塁手を兼任していたのですが打者としての素質も素晴らしく井端弘和のようなしぶとい打撃を見せていました。センスの高さに加えて技術を習得する向上心も持ち合わせている投手なので社会人野球なんかにフィットしそうな気がします。 本人が望めば1部リーグの大学で野球を継続する選択肢もあったのでは無いかと思われますが、2部リーグの大学を選んだことは間違いでは無かったはずです。今季は最終戦の結果次第ではプレーオフ進出の可能性も残しています。 久保田淳希投手(同朋大)との投げ合い予想で好ゲームになる事は必至です。どんな結果になるのか楽しみですね。

都市伝説左腕

732A0552

732A0532

カルト的な注目を浴びる都市伝説左腕・平澤寛太投手(愛知学泉大 4年)がついに復活。 主にカード二戦目の中継ぎでの起用となっており完調といった感じには見えませんが、回転の良いフォーシームにかつての面影がありました。 一塁方向からのピッチングフォームをチェックできなかった為、メカニズムの詳細は相変わらず不明ですが長身の割に(185cm)重心が低くリリースポイントもゾーンから然程離れていない為、コントロールに苦しむという事は無いような気がします。 愛知学泉大には縦振り系の寺澤投手、横の動きが強いメジャーリーガー系の加藤投手というタイプの異なる好左腕が揃っており、平澤投手が復活を遂げれば愛知2部リーグで一番のサウスポー王国になるはずです。 秋季リーグも大学野球を継続するという事であれば完全復活に期待したいです。

躍進

3S9A0773

何の気無しにこんな記事を書いたのですが、本当に同朋大が躍進し現在リーグ戦2位の位置につけています。 今日の試合に勝っていれば同率1位をキープしたまま最終戦に入れたのですが残念ながら9回表に逆転されて敗戦。 久保田投手も今季で一番ストレートが走っていたように見えましたがプレーオフ進出の壁なのか最後は自滅した形で大量失点を喫してしまいました。 しかしながら、勝ちきる事の出来る先発投手が二人同時に台頭してきた効果は絶大で今はチーム全体が活気づいているように見えます。 久保田、山谷の二枚看板はまだ2年生なので、この先が楽しみですね。

ジャグラー

732A0598

732A0625

732A0601

名古屋学院大の野田投手です。
ここのところ苦しんでいるピッチングが続いていますがチームは同率1位と好調。
リーグ戦も残り3試合ですが復活に期待したいです。

ウルトラスーパールーキー見参

732A0497

プレーオフ進出のかかった2部Bリーグの天王山と目された対戦カード初戦(東海学園大-名古屋商科大)、東海学園大の先発投手に抜擢されたのは公式戦初登板(のはず)の1年生左腕・木原大地投手。
プロ数球団がマークする大型右腕・吐前拓哉投手の離脱で大黒柱を欠く状況となった東海学園大(5勝1敗)に対し、追う名古屋商科大(4勝2敗)は過去6試合で67安打(一試合平均11安打)の攻撃力を誇り、
乱打戦に持ち込めそうな名商大に有利な流れになるのではというのが戦前の予想でした。

732A0360

732A0469

732A0451

732A0418

いざ、試合が始まってみると名商大打線は沈黙、5回までランナーを一人も出せないという異常事態。
1年生左腕・木原投手のストレートとスライダーとのコンビネーションが冴えわたり、終わってみれば9回完封、被安打3(うち1本は打ち取った当たり)四球2のスーパーピッチで東海学園大が勝利。
名商大投手陣の好投もあり試合終盤まではスコアレスの投手戦となる我慢比べの中での投球という事を考えれば破格の内容だったのでは無いかと思います。
167cm69kgと小柄なサウスポーですが、それに反した重量感のあるストレートは体感で常時140km/h前後、手元で切れるスライダーが両サイド付近に収まり、空振りと見逃しによるストライクを量産。
全く事前情報の無い中での観戦だったので「このピッチャーはたぶん3年生ぐらいなんだろうけど、今までなんで出てこなかったんだ?」などと思っていたら、試合終了後に聞こえてきたのが「まだ1年生らしい」という声。
聞けば、愛知黎明高校出身で(名城大・栗林良吏投手を輩出した高校)高校3年生時は背番号19を背負っていたとの事。
もしこのレベルの投手が昨夏の愛知県大会で登板していたら恐らく現実的なドラフト候補として扱われ、藤嶋健人(東邦→中日ドラゴンズ)と並び称されていたはずです。
色々と謎の部分が多いのでそこは本職の方々(ライター、記者)に掘り起こしていただきたいのですが、兎に角凄いインパクトでした。
試合終了後のグラウンドを取り巻く空気感が七原優介投手(名古屋大→トヨタ)や中尾輝投手(名古屋経済大→ヤクルト)の大学キャリアハイ時と同じような熱の帯び方だった事が、それを如実に物語っていたと思います。
非関係者の一般人ウォッチャーとしては七原優介投手、中尾輝投手、嶽野雄貴投手(名古屋学院大→西濃運輸)らの
大学時代を一番見ていたのは自分だと思うのですが、この木原投手はその中に割って入ってくる可能性の有る逸材です。
体格面で劣るためにスケール感では七原、中尾に及ばないまでもフォームのメカニズムや投球の洗練度で言えば負けていない部分もあるのでは無いかと思います。
大まかには昨年度のドラフト候補生として秋季リーグまでスカウト勢にマークされた小林弘郁投手(愛知東邦大→三菱自動車岡崎)の一番良かった頃を彷彿させますが、
球の凄みという事でなら若干、木原投手が上回っているのでは無いかという印象でした。
まだ1年生の春季シーズン、それも1度先発で投げただけの投手なのであまり持ち上げすぎるのも良くないでしょうが鮮烈なデビュー登板となった事は間違いないと思います。
大学での4年間、計8シーズンを無事に乗り切るのは容易な事ではないので"順風満帆"と言うよりは"前途多難"な道筋になるでしょうが今後の活躍が非常に楽しみな存在です。
重ね重ねになりますが、なぜこんなに次々と一地方リーグの下部カテゴリーから凄いピッチャーが出てくるんですかね。
さすがに今季は谷間のシーズンだろうと思っていた矢先に突如として新星が出現してくれました。
まだ体力的に完成されてない面もあると思うので大事に使ってあげてほしいです。

732A0493

732A0465

732A0500

サンシャイン竹千代

3S9A9974

ついに登板しているところを見れました。 他の画像、詳細等は後程。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ