2019年02月

久保田投手が中日スポーツに載りました



C73A5375
トップのフェーズで胸椎伸展と肩甲骨内転が使えていますね。
前腕が回内しているのでボールを隠せています。


合わせて読みたい

プロスペクト(前編)

プロスペクト(後編)


中日スポーツ紙には身長171cmとありますが、連盟のパンフレットだと172cm74kgになっていますね。誤差なので、どちらでも良い話ですが。最速は143km/hという事ですが、体格的には大学1年生の頃から完成されており、そういった面での奥行はそこまで感じられません。 球速面での伸びしろよりも投球の完成度だったり特徴的な変化球の習得が求められるポイントになりそうな気がします。 2016年度のドラフト候補だった小林弘郁投手(愛知東邦大学→三菱自動車岡崎)はプロ入りまで迫っていた存在だったと思うので(4年生時の夏季オープン戦にスカウトがかなり集まったという話ですし)、当時の小林投手を超えるようなインパクトを残す事がボーダーラインの一つになりそうな気がします。 「ピッチングワーク」「チームを勝たせる事」+「絶対的な変化球」辺りが揃えば現実的なドラフト候補として名前が挙がってきそうです。 


PK2019022102100170_size0

当日の中日スポーツ紙上にて他の大学生候補も紹介されていましたが、久保田投手が最上位的なポジションと見られているっぽいですね。




第19回東海社会人・愛知大学野球対抗戦

第19回東海社会人・愛知大学野球対抗戦について

以下、
連盟の公式より
第19回東海社会人・愛知大学野球対抗戦の日程が発表されましたのでお知らせします。

試合開始時間 第一試合:10:00開始予定 第二試合目:13:00開始予定

3/14(木)パロマ瑞穂野球場
第一試合:愛知学院大学vsジェイプロジェクト、第二試合:中京大学vs永和商事ウイング

3/15(金)パロマ瑞穂野球場
第一試合:愛知工業大学vsHonda鈴鹿、第二試合:中部大学vs三菱自動車岡崎

3/16(土)パロマ瑞穂野球場
第一試合:東海学園大学vs三菱重工名古屋、第二試合:名城大学vs王子

今季から1部リーグに昇格した愛工大はホンダ鈴鹿を相手にどのような試合を見せるんでしょうか。 中村投手、新村投手の二枚看板は引き続きチームに残っていますが、大黒柱だった土居捕手を含む4年生野手がごっそり抜けた状態での新シーズンとなるだけに守備力と打撃力が問われる事になりそうです。

2019年のドラフト的な観点からすると大学、社会人共に名前が挙がって来るような選手は見受けられませんが、昨年度の日本選手権で脚光を浴びた安田捕手(三菱重工名古屋)に注目したいですね(試合に出で来るかは不明ですが)。 30歳を超えているのでNPB入りとかは無さそうですが。




ちなみに日米野球の時のモリーナ
3S9A5508




第1回三重県社会人・大学野球選手権大会


三重県も大学と社会人で対抗戦を行うようになったんですね。愛知の対抗戦と日程が被っているのが残念です。


本当に井村君はホンダ鈴鹿入りしたんですね。背番号は17ですかね。ホンダ鈴鹿のTwitterでチラホラ見かけます。
コンディションが良好なら3月15日の愛工大戦か16日の四日市大戦で登板する可能性有りそうですね。
3S9A9049
井村体操の未公開カット

 



プロスペクト(後編)


前回の記事→プロスペクト(前編)

前回は一塁側からのアングルでしたが今回はネット裏からです。
(1年生当時のフォームなので少し変わっているかも知れません)

連続写真ではありません。フェーズ毎のカットを集めてみました。
今回は写真一枚ごとにポイントを羅列してみました。

732A5004
【右膝が胸まで上がる】
【重心移動を強くする動き(右の骨盤の割り)】

732A5010
【グラブから早めに左腕を抜く(ハンズセパレーション)】
【軸足(左脚)の膝が曲がり始める】

732A5011
【右手の小指を上に向けて肩の開きを抑える】
【体でボールを隠す】
【ヒップファースト&パワーポジション】


732A5016
【骨盤が後傾する 】
【右脚を回しながらステップ】

732A4997
【軸足(左脚)の膝が内へ入り始める(内旋)】

732A5012
【右肘を肩の位置まで上げる】

732A5017
【両側肩甲骨が閉じられ始める(内転)】
【腹筋が捻れる】

【体に沿ってボールが移動する】
【骨盤が起き上がる】
【軸足が伸びる(伸展)】


732A4998
【トップ(左手が頭の裏に収まる)】
【胸が張られる】
【腹筋の捻れがほぼ最大になる】
【右足の踵から着地】

732A5013
【右の肩甲骨を閉じる動き(内転)で上体を引き込む】
【左肘が鋭角の形で振られる(外旋)(回外)】 
【接地した右脚が右の股関節へ押し戻される】


732A5006
【右の股関節が屈曲している】
【右足の母指球に体重が乗っていない】

732A4993
【左腕が緩やかな弧を描いてリリース】
【骨盤が捕手方向へ正対する】
【左膝はマウンドに接地していない】


732A5005
【左手の掌が一塁方向へ向くフィニッシュ】
【グラブが右胸辺りで保持される】
【左膝から下がマウンドに接地】

732A4999
【グラブが後方へ流れない】
【右脚と臀部による下半身の起こし上げ】

732A5014
【右足の踵の力が入っている】
【軸足が上がらず重心が後ろに残っている】

732A5009
【グラブを胸の位置でキープし左腕が最後まで走る】
【捕手方向へ背中を見せる】


前回から色々書きましたが、

強烈な軸足伸展、
低く沈み込む重心、
ボールを上手く隠せている、
体幹を使って上体を回せている
この辺りが要点となる投球フォームです。
バックスイングやアームアングルは異なりますが
西武ライオンズの齊藤大将投手に近いタイプでしょうか。

体を縦に使うような動きが無く、横に回転しています。
横の角度を生かす事が生命線になる投手だと思われます。
縦に狭く体を使えない分、フォームの再現性が鍵になりそうです。
現状ではゾーンの四隅を上手く使って散らせており、
右打者を苦にしません。大学卒業後の活躍にも期待が持てる存在です。


 



久々に中尾投手のネタでも

C73A4354
EOS 7DmarkⅡ×EF 300mmf2.8Ⅱ
プロ入りしてから投げているところをいまだに一度も見れてないのですが、今年はキャンプで離脱してしまったみたいですね。しっかり完治させて、また1軍でバリバリ投げて欲しいですね。

 



このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード