C73A1456

C73A1448

C73A1441

C73A1478


C73A1390

C73A1402


C73A1403


C73A1501


フォトアルバム→中川誠也投手vs西川昇吾投手(2015-10-17)

先日の煽り記事でお伝えしたとおり(upしたのが試合前日の夜中なので全く意味ありませんが)
同一リーグのプロ候補左腕がドラフト5日前に激突するという胸熱なマッチアップが実現しました。
中日のスカウトが3人と巨人のスカウトが視察に訪れていたそうです。

意識するなという方が無理な状況での登板となった両名。
失点こそ喫したものの、持ち味は発揮できていたように思えました。

8月に中日ドラゴンズのファームと対戦した際には、
本調子では無さそうな感じに見えた西川昇吾投手でしたが
この日は「炎の就活モード」と言った感じのド迫力のピッチングで、
キャッチャーのミットを叩く音に凄みがありました。
特に圧巻だったのが5回、6回辺りに愛知大打線の中軸との対戦で見せた、
ツーシーム等で押しまくったパワーピッチ。
同じコースに続けざまに投げ込んでいるのにも関わらず、
大山、安藤らリーグ屈指の強打者が差し込まれて内野ゴロに倒れるシーンは、
この日の投球におけるハイライトと言えるものでした。
終盤にセンター返しを集中的に浴びて崩れた辺りに課題を残しましたが、
圧倒した試合中盤の投球で評価付けを決定的なものにした感がありました。

一方の中川誠也投手はスライダー系の球を右打者の外、
ツーシーム系の球を左打者の外に持ってきてストライクカウントを稼いでいくような場面もあり、
西川投手とは対照的とも言えるような技巧派スタイルで打者を手玉に取っていました。
球威よりも球の動きやコントロールが生命線と言える感じの投手だと思います。
先発タイプで評価されているということですが、
変化球に磨きがかかればリリーフとしても面白い存在では。

雰囲気的に両投手共に指名されそうな感じが有りますが、
デリケートな問題なのであまり無責任な事も言えないところです。
吉報が届く事を願っております。