3S9A0986

732A0908

3S9A6695

3S9A1977

3S9A0440

3S9A0460
今季は1部も2部も大体一通り見れましたが、個でインパクトが強かったのが木原(東海学園大)と濱元(愛産大)の二人。 奇しくもこの二人が1部昇格と残留を賭けて対決する事になりました。 東学の二枚看板、木下投手と木原投手は今をときめく則本昂大を彷彿させるピッチングフォームの右腕と左腕。 本家の則本同様、制球力とスピード能力に優れています。 また、打者ではトップバッターのリードオフマン、松田内野手の打撃に本格化の兆候が見られ、リーグ戦ではマルチや猛打賞を当たり前のように記録し手が付けられない状態でした。 対する愛産大は打力に優れ、3番黒野外野手と4番濱元内野手の二人で計9本塁打を放ちました。 打力に優れる反面、投手層と守備面に不安を抱えています。 絶対値の差がそれほど無いのであれば、東学に分がある対戦カードなのかな…という気はしますが、結局のところはやってみないとわからないです。東学としては両先発が終盤まで持ちこたえて試合を作れるかどうかがキーポイントになるのでは。 どのような結果になるにせよ、好ゲームになる事に期待したいです。