3S9A3144

3S9A3141

1-0の投手戦を制し愛産大が先勝。 愛産大・今村投手は被安打4、東海学園大・木下投手は被安打3という内容でした。
東海学園大の木下投手は4者連続三振を含む9奪三振を記録(8回完投)。
愛産大の強力打線をここまで沈黙させた投手は今春では木下投手ただ一人なのでは?
名古屋学院大とのプレーオフ戦でもコンスタントに140km/h台を計測し、制球力も抜群です。
まだ3年生という事なので上のレベルで野球を続けていく可能性はかなり高いのでは無いでしょうか。
一方の、今村投手も丁寧な投球でゴロとフライアウトを量産し危なげない形での完封勝利を上げました。
ロースコアの接戦に持ち込んだにも関わらず敗戦を喫した東海学園大には厳しい流れになったような気がします。
投手力は1部上位校と比較しても五分かそれ以上と言える質なので明日は打線の奮起に期待したいところです。