3S9A6909

3S9A6718

3S9A6699

3S9A7100

田村稜投手(豊野高校 3年)

高校野球生活の集大成と言える快投でした。

愛知啓成高校打線を相手に被安打4、ストレートをまともに捉えられてのクリーンヒットは1本あったかどうかだったという内容。
終盤にバッテリーの呼吸が合わなくなったところを付け込まれて陥落しましたが対打者という観点に置いては完勝。
右打者のアウトコース一杯で三振が取れるストレートの威力は県下のサウスポーとしては指折りだと断言出来る代物で、球速表示が130km/hを割っても生きた球を投げられる辺りに天性の素質を感じます。
又、スコアリングポジションにランナーを背負った場面での気迫溢れる投球からはハートの強さが垣間見えました。

肩の旋回、腕のしなりを生かしたような投げ方でフォームそのもののメカニック面にはまだ課題を残していますが、言い換えれば伸びしろを残しているという事にもなります。
2年半に及んだ高校野球生活では夏の県大会で1勝も挙げられませんでしたが、不完全燃焼に終わったこの悔しさがこれから先の野球生活での糧となる事でしょう。
※プロ複数球団が興味を示したとの事ですが地元大学へ進学予定。

3S9A7276