3S9A2121

3S9A1710

3S9A4869

前回からの続きです。
森下投手の投球モーションはそれぞれのフェーズが素晴らしいのですが、その中でも特徴的なのがこのフェーズだと思います。 所謂、「骨盤のかませ」です。投球動作中に「キュッ」という擬音が聞こえてきそうなぐらい顕著にこの動きを取り入れています。この動きの利点を幾つか挙げてみると「下半身の回転半径が狭くなり骨盤が鋭く回る」「開きが遅くなる」「軸足(右脚)を収縮したバネのように使える※ステップに躍動感が生まれる」という感じです。トルネード投法のように体全体を横に捻っている訳では無くて、下半身だけを狭く鋭く回せているように見えます。それによって上体の回転運動を引き出し、投球腕の末端加速を実現しているのだと思われます。

正にこういう事なのかなと思います。