3S9A6037

3S9A6213

3S9A6354

3S9A6400

3S9A5936

3S9A6390

3S9A6176

愛産大はTH砲(高木海と濱元大希)が各々1本塁打を放ちましたが投手陣が16安打を浴び敗戦となりました。勝った日福大は上位から下位まで満遍なくヒットが出て、先制→中押し→ダメ押しと効果的に得点を挙げて横綱相撲で押し切りました。4安打を放った核弾頭の立石選手、欲しい場面でタイムリーを放った樫山選手、山崎選手らマンオブザマッチ級の活躍を見せた選手はたくさん居ますが、この日一番の存在感を放ったのは8イニングスを被安打2に抑えた石本投手だと思います。リーグ戦終了後から今までの間に一体何があったのか?と思わすほど、制球力に磨きがかかり、見逃し三振や差し込む形での凡打を量産。まともな打球が外野まで飛ばないという一世一代レベルの投球を見せました。柔軟性に課題を残しているような投げ方に見えますが、リーディングアーム(左腕)を使った上体回転や踏み込みの地面反力を生かした重心移動によって弱点を上手くカバーしています。今日のピッチングに再現性があるのであれば1部リーグの打者も打てないでしょう。 大差での敗戦という思わぬ結果となった愛産大ですが、9回に2点を取り返せたのは大きかったと思います。明日の試合に切り替えて欲しいですね。