佛教大、決勝進出!京滋大学野球連盟の歴史を塗り替えましたね。
決勝の相手は東京六大学野球連盟の明治大学です。



本当に吹奏楽で演奏されるので得点シーンに注目してみてください。
決勝戦という舞台で森下投手(明治大学)から得点する形で演奏されるものが一番重みがあるでしょうし。


3S9A1218
中山怜央投手(4年 奈良大学付属高校)

3S9A1271
木下隆也投手(2年 奈良大学付属高校)

一回戦に続いて準決勝での木下投手のロングリリーフが効きましたね。ここまでの陰のMVPです。 肩甲骨と胸郭の柔軟性が高く、それらを生かして腕を振って来るので打者の反応が遅れていますね。ボール球を振らせている理由の一つかもしれません。まだ2年生なので注目を集めそうです。