愛知の大学野球界(もしかしたら社会人野球かもしれませんが)を盛り上げてくれるであろう有望選手をピックアップする記事の第2弾は金子蓮汰投手(東郷高校)です。

プロスペクト発掘の夏①

個人的には今年の高校3年生ではナンバーワン級の投手に推したい一人です(強豪私学の主戦級をまだ見ていませんが)。ボールの切れというところでは及びませんが実戦力の高さは愛工大名電時代の東克樹投手(現DeNAベイスターズ)に迫るレベルにあると思われます。「ゾーンを広く使える事」「ボール→ストライクの軌道、ストライク→ボールの軌道、どちらの変化球でもカウントが取れる事」「ゾーン内で勝負できる変化球を使える事」etc.既にこれだけの強みを兼ね備えています。ストレート一本で押すような場面が増えてくると更に見栄えが良くなると思いますが、中堅公立校の投手としては出色の存在です。愛知大学野球の2部リーグでなら今すぐにでも勝ち投手になれると思います。

今回はそんな金子投手の投球フォームについて考察してみたい。

連続投球フォーム
3S9A4653
ノーワインドアップから始動します。

3S9A4654
グラブを高く上げ、この時点でグラブからボールを抜き始めています。

3S9A4655

3S9A4657

3S9A4659
グラブを高く上げているので上体の前にスペースが生まれ、右膝を胸まで上げられています。

3S9A4661
ここでグラブからボールを離し両腕を真下に下ろします。

3S9A4662
一旦下げた右脚を二塁方向へ切り込ませています。

3S9A4663
膝から下を二塁方向へ投げ出すように使っています。
本塁方向へ向かう為の助走のような動作だと思われます。


3S9A4664
小指を上に向けながら右腕を突き出します。
この時点で上体が突っ込み気味ですが意図的だと思われます。


3S9A4665
右腕と右脚を捕手方向へ投げ出しダイナミックにステップします。

3S9A4666
右腕と右脚を大きく使い、下半身を開かせて行きます

3S9A4667
左前腕の回内(内捻り)を使ったフィニッシュです。
右脚の伸展が強く、骨盤へと接地の反力が伝わっています。
両脚の膝が接近し、骨盤の回転を起こしています。


3S9A4668
上体回転により、左肩が捕手方向を向いています。

3S9A4669
軸足(左脚)が蹴り上げられスパイクの裏が天を向きます。
骨盤が縦に回転しています。

まとめ
3学年上の先輩・山本一輝投手(東郷高校→中京大)に似たような身体的特性だと思われます。右脚がインステップしやすく開きにくい特性の下半身ですが、右腕と右脚を大きく使いながらステップをして行く事で右股関節を支点としたボディターン(上体回転)を実現できています。上体回転を使った投球動作が出来ているだけでも稀有な存在ですが、右足が踏み込んだ時の力をリリースのパワーへと転化出来ているのも着目すべきポイントだと思います。フィニッシュからフォロースルーにかけて軸足(左脚)が蹴り上げられており、体重移動のパワーを余す事無く使えていると思われます。

「逆W型」のテイクバックを採用していますが、「ワインドアップ」→「両腕の脱力」→「テイクバック」→「フィニッシュ」までの間で両腕の上下動が二度起きています。一度目の上下動には二度目の上下動へ向けた惰力のような効果があるのかもしれません(連続落下系のジェットコースターみたいなイメージですね)。上から下へのエネルギーを生み出しているのだと思われますが、藤川球児投手も取り入れてる動きですね。

トップが気持ち遅めに見えるのは気になるポイントですが、全般的には完成度の高い投げ方です。下半身の可動域が広がればストレートの平均速度も上がって来るでしょう(現在は最速140km/h)。卒業後の活躍に大きな期待を抱かせるような存在です。

テイクバック
3S9A4678

最大加速期
3S9A4679

リリース
3S9A4686