732A1719

732A1707
大学入学当初より150km/h級の触れ込みで知れ渡っていた片塩響介投手(中部大学 4年)。シーズンを通して活躍したのは2年生時の春季シーズンのみで、その頃もリリーフとしての起用でした。頭角を現し始めた頃はオープン戦等で好投を続け、将来を嘱望されましたがその後はやや低迷。これまでの大学野球ではそれほど実績を残す事は出来ませんでしたが、スピード能力の高さは健在で大学最終シーズンの今季は久々の実戦登板も果たしています。

正面からのアングル※同一動作内の連続写真では有りません
732A1693

732A1688

732A1695

732A1704

732A1703

732A1709

732A1692

今回は正面からの投球モーションです。 静止状態の写真を見ても柔軟性の高さが伝わってきます。150km/h級のストレートを投げられる所以と言えそうです。動作全体の印象は近藤大亮投手(オリックス・バファローズ)、バックスイングは伊藤智仁氏(元ヤクルトスワローズ)を彷彿させます。

全体的に角の有る投げ方で同一モーションで投げ続けるのが難しそうに見えるというのが率直な印象です(再現性の課題)。ワインドアップ期の中ではトルネード気味である事、軸足の膝が折れ始めている事が気になります。「横振り」と「開き」を誘発し、「球に角度が付かなくなる事」が懸念されます。片脚支持~ヒップファースト~体重移動と移行して行く中で、骨盤が後傾し続けているように見えます。「軸足のアクセル筋群を使って踏み出して行けない事」と「全体的な動作が横に広がりやすくなる事」が懸念されます。バックスイングからトップにかけてですが、右腕が背中側に深く入りすぎている為、肩に負担がかかっているかもしれません。 上体が横に回旋し体軸も斜めに傾いている為、リリースではボールを上から叩けずにシュート回転しやすくなってしまいます。一時期、横手投げに転向していたという話を聞きましたが、フォームの特性に合った腕の高さを模索していたという事かもしれませんね。

完成度の高さではなく、素材としての魅力で評価されるタイプだと思われます。投球動作以外のところで言えば、投げっぷりが良く、マウンド上を自身の「ステージ」のように広く使うタイプです。見られる事を意識しているような振る舞いを含めて、ある種の投手らしさを感じたりします。大学野球では不完全燃焼の部分もあったと思うので上のレベルでは本格的なブレイクを果たして欲しいところです。ドラフト指名があるとすれば育成指名だと思われますが、吉報が届くと良いですね。

732A1710