732A0198

3S9A3572
初祖晋太郎投手(中京大中京→中京大学 4年)

同じ中京大中京高校出身の粕谷太基投手、上野翔太郎投手(現三菱日立パワーシステムズ)、沢井廉選手らを思い起こしてみても「中京大中京顔」って確実にあると思うんです。初祖投手もそこに含まれる一人ではないでしょうか。私学四強の中でも中京大中京の選手だけは毛色が違う感じってしません?("裕福な家庭で育って来ました""もっと偏差値高いけど野球の為に中京を選びました"みたいなエピソードが顔に書いてありそうな感じと言うか)そんな初祖投手には「ミスター中京2020※大学の部」の称号を進呈したいと思います。そして大学ラストシーズンではキャリアハイの投球を見せて欲しいです。

732A9878

732A9752
佐藤良明投手(享栄→愛知学院大学 3年) 

これまた愛知学院大学にも「愛知学院顔」っていうのが存在していると思うのですが、佐藤投手は正しくそこに含まれるような選手と言えるような気がします。「愛知学院顔」の特徴は"野球をやってる割りに色が白い""薄顔"の二点になるのですが、顔だけではなく"脚のラインがスマート"というのも重要なポイントです。源田壮亮選手(現西武ライオンズ)、渡邊裕紀投手(2016年度のエース)、宝島史貴内野手(現王子製紙) 、高木俊希選手等によってその印象が受け継がれてきたのですが、佐藤投手はこれらのポイントを高水準でクリアしており、愛知学院大学硬式野球部の伝統と栄誉を背負って立てるような存在と言えるでしょう。入学以降、チームの降格危機を幾度となく救っており、ルックスだけではなく実力面でも太鼓判を押せるような選手です。

3S9A3798

3S9A5936
立石蓮内野手(九州国際大付属→日本福祉大学 4年) 

アイラインを引いているのかと思うぐらい目元の印象が強く、顔立ちからも"九州男児"としての風格が感じられるような選手です。入学直後から試合に起用されている実力派なのですが、一塁手であるにも関わらずトップバッターを務めるという変わり種としての一面も持ち合わせております。打球を捉えた時に口が大きく開いてしまうという特殊な癖を持っているのは、ここだけの話。ちなみに「日福大顔」とい言えるような共通する特徴は存在していないと思うのですが(俺調べ)。知る人ぞ知るOB・葛西優宏選手(軟式社会人の小林クリエイトでプレー中※変態的な守備力の捕手です)は何気に浅尾拓也さん(日福大のレジェンド)に似てるような気がします。