今日は雑にまとめます。 投球動作のポイントとしては、この四つだと思います。
(※連続写真ではありません)

3S9A3829
①体重移動での上体前傾

本塁側から見て背中がやや見えています。
この時の状態としては骨盤が一塁側と正対、胸が一二塁間と正対しているような感じになり、
上半身と下半身との間にズレが起きています。 

ドッジボールやハンドボールの投げ方と似た感じの動作になっている為、
体幹から主導する形で回転動作(腕を振る為に正面を向く動き)に入れるので手投げになりにくいと言えそうです。

3S9A3809
②いわゆるトップの動作です

右の膝が一塁側に入っており("股関節が内旋している"と言ったりします)、
その分下半身が開かず、このアングルからでも骨盤がほとんど見えません。
これは開きを抑えているというより、開きにくい身体的構造なのだと思います。
なので、体重移動の段階から開かせに行かなきゃいけないわけです。

そういう意味でも一つ前の写真の説明で触れた「ドッジボールやハンドボールに似た投げ方」が有効なのです。
右腕でリードしながら頭を右股関節へぶつけるようにして開かせに行けますからね。
下半身だけでなく上体も開いていませんね。トップの形としてはほぼ完璧です。

3S9A3820
③リリースの動作

股関節同士が寄り、概ね本塁方向へ力を集約出来ています。
インステップしているのでクロスファイアに強みを出すのはやや難しいと思いますが、
インステップする分、内転筋に力が入り体が外に流れるのを防ぎます。
膝が動いて力が外に逃げるという事も無さそうな気がします。

頭が右の股関節上に位置し、右肘とグローブも右の股関節周辺に置けています
(右の股関節周辺をリリースの支点に出来ています)。

3S9A3812
④投げ終わり

体重移動~リリースで上手く重心移動出来たので、右の股関節に左の股関節が被さるような形で投げ終われています。
その為、左脚が一塁側に振られず右脚に体重がかかります。

本塁方向に力が集約するのでボールがゾーン内に集まりやすく、腕にも負担がかからないと思います(外に引っ張られるような力がかかりにくい)。


まとめ

という感じで、身体的な特性を上手く使えていますし、その特性が仇とならないような動きも実現出来ています。基本的にセンスの高い投手だと思います。

もっと細かい話は後日に書きます。並行して色々な投手の考察に手を付け過ぎたので、新たに着手するのはこの辺りにしておきます。
途中書きになっている投手についても全て書き切る予定なので、
時間があるときにでも見に来てください。