プロフィール

1994年7月16日生まれ
180cm80kg 右投げ右打ち 
静岡県出身
浜北西高校→静岡産業大学

社会人野球一年目の昨年は公式戦での登板なし。最速147km/h


投球フォーム連続写真
3S9A5018

3S9A5019
両脚を交差させます。

3S9A5020

3S9A5021
グラブを頭上まで持っていくワインドアップモーションを採用しています。
腕から先に動かすことでリズムを作りたいタイプです。

3S9A5023
頭が右足の母指球上に位置します。

3S9A5025
左膝を上げて片脚立位の動作に入ります。
左膝が然程高く上がらないので、右足での踏み込みという観点では不十分かもしれません。

3S9A5026

3S9A5027
片脚立位中に体の軸が本塁方向へ傾きます。

3S9A5028
体の中心を超えるようにして左脚が内側に入ります。
着地の粘りや外力(地面反力)の発揮に繋がります。

3S9A5029
体の中心でグラブからボール(右手)を離し、左右の腕を正対させるような形を作ります。

3S9A5030
股間の両側に入る皺の位置が低く見えます。

「上体」「骨盤」「両脚」
これらの部位が繋ぎ目で屈曲している為、下半身のパワーを上手く使えていないかもしれないですね。
※大きい筋肉である"お尻~裏腿"を一枚岩として使いにくくなり、ステップする際の再現性が下がる

3S9A5030③
骨盤が斜め上を向いています。一般的にはパワーロスしやすい形です。
ただ、ステップ中における「パワーポジション」の形は人それぞれなので、この形でステップするのが合っているという事なのだと思います。

3S9A5030②
片脚立位の時点で頭が本塁方向に傾いていたことも有り、頭と右脚との距離が遠くなります。
右脚に溜めた力を利用するのではなくて、この傾きを利用して踏み込んで行くタイプだと思われます。

3S9A5030④
左腕を内に捻る動きもそれほど取り入れておらず、"開きを抑えて後ろで溜める"ような意図は感じられません。

3S9A5031
右手が上がり切る前から左胸が本塁側に開きます。

3S9A5032
両膝が深く折れる形でのリリースとなる為、地面反力は得られにくいかもしれませんね。

3S9A5032①
右の掌が三塁方向を向く形でのフィニッシュ。 腕への負担を逃がせています。

3S9A5033
右肩を本塁側へ向け、上体を最後まで回します。
この時は上体の倒しこみがやや甘めですが、他の投球動作では深く倒しこめています。

3S9A5034
右足の裏が上を向きますが、左脚が外(一塁側)に回っている事も有り骨盤が横回転します。
本塁方向へ力を集約させている時間がやや短いですよね。
左右に荒れる原因になるかもしれません。

3S9A5035


まとめ


動作の早い段階から前へ突っ込んでいくようなタイプの投げ方です。
左肩の開きが早く、リリースする際も左半身に壁を作っていません。
投げ終わりでは体を一塁側へと振ります。

3S9A4638
この時点で左胸と骨盤が前を向き始めていますよね。

3S9A4641

3S9A4643

3S9A4907
正面から見るとわかりやすいのですが投げ終わりで体が一塁方向へ流れます。

これらを踏まえると、左右に散らして横に曲げる変化球を使う投球スタイルになりやすいはずです。
実際にボールゾーンから入ってくる"バックドア"を使ったりします。

この写真を撮影した試合では立ち上がりにビッグイニングを作られかけて2失点を喫しましたが、
2回以降は立ち直り、修正力の高さを伺わせました。

調子を上げてからは、ボール先行のカウントからでも見逃し三振を奪うシーンも有り、
実戦力の高いタイプだと思われます。

昨年は公式戦で一度も登板しておりませんが、この日もストレートは最速144km/hをマークしていましたし、
一皮剥けた姿が見られる事に期待したいですね。
(ちなみにストレートの最速は147km/hとの事ですがスケール感は然程感じません)

ここまで書いて来て、まだ触れていませんが中日ドラゴンズの鈴木翔太投手の実弟です。
ちなみに大学時代にナゴヤ球場で、この二人は直接対決しています。
(それについてはまた後日)

---------------------------

投球フォームの勉強に最適の一冊です。