平成29年度高校野球

アーチスト

3S9A1122

3S9A0767

3S9A0794

3S9A0745

3S9A0916

3S9A1099

「流れを変えるには充分な一発だった」
名古屋市立工業高校と豊川高校との間で行われた県大会四回戦(2017年7月22日)。ここまで一人で投げ抜いてきた影響からか大黒柱であるエース左腕の高木飛翔が初回に6失点を許すという、苦しい立ち上がりとなった名市工業高校。序盤3イニングスの攻撃を無得点で終え、重苦しい空気に包まれかけ始めた4回表の攻撃、四番・川上承太郎の放った打球が左中間最深部へ飛び込むとムードは一変。翌5回表の攻撃では一気呵成の5得点を挙げて同点に追い付いた。同点打を放ったのは、またも川上。先制アーチのリプレイ動画かのような左中間スタンドへの一発だった。 更に勢いの止まらない名市工業打線は6回以降の攻撃で毎回得点を重ねて逆転勝利。この日、2ホーマーの川上は最終回にも2点タイムリーツーベースを放ち、マンオブザマッチ級(猛打賞6打点)の活躍を見せた。

この激戦の疲れからか、翌日の東邦高校戦ではコールド負けを喫したが、上位から下位まで切れ目なくヒットを量産する攻撃陣を中心としたチーム力は今大会の「台風の目」と言える代物だった。名市工業高校は昨今の公立高校としては珍しく、ニートップの体勢を作りフォロースルーを大きく取る豪快なバッティングを指導しているようで、今後も愛知高校野球界に更なる衝撃を与えるのかもしれない。 

------------------

という訳で、川上承太郎選手、凄かったです!(この選手も尾関雄一朗さんがピックアップしていた中の一人ですね) 立ち上がりに6点のビハインドを背負ったところで「コールド負け(ry」が頭にチラつきましたが、各打者それぞれが可能性のあるバッティングを見せていたので、「試合のどこかで噛み合えば追い上げてもおかしくないな」とは思っていました。それにしても劣勢の流れを一振りで変えてしまった川上選手の追撃弾は見事の一言でした。あれがフェンス直撃のツーベースぐらいに終わってたら、あのまま豊川が押し切って勝っていたのかもしれません。 この記事に貼った3枚目の写真なんかがわかりやすいのですけれども、この試合の会場だった春日井市民球場はスタンドとフェアグラウンドが近く、球場全体の雰囲気が変わるとモロに試合の流れに影響が出ます。そういう意味でも「ホームラン」というのは応援スタンドを一体化させるだけの強力なパワーがあるんですよね。

川上選手の打撃スタイルはと言うと、ステップ幅が狭く軸足が踏み出し方向へ動くような感じに見えるので、前捌きの意識が強いタイプと言えるでしょう。フォロースルーで一気に体正面を三塁方向へ向ける辺りからしても山田哲人(ヤクルト)のような引っ張りに特化した打者だと思われます。また、打球にバックスピンをかけるのが上手く、虹のような放物線を描いて飛ばす事の出来る正真正銘の「アーチスト」です。地元大学への進学が有力視されていますが、進路先でもホームランバッターとしての更なる飛躍に期待したいですね。

影下廉投手(名古屋経済大学市邨高校)

3S9A0054

3S9A0043

3S9A0022

3S9A0114

3S9A0123

3S9A0142

尾関雄一朗さんが執筆した記事にも紹介されていた投手です。身長には恵まれていませんが肉付きの良い体格から常時135km/h~140km/h弱のストレートを繰り出す右のスリークォーター。 右打者の肩口から入るスライダーとクロス方向のボールゾーンへ逃げていくスライダーを織り交ぜる投球スタイルは栗林良吏投手(名城大学)を彷彿させます。高校野球生活最後の試合(春日井工業戦)では終盤に逆転を許し、自身がチーム最後の打者になるというホロ苦い幕切れとなりましたが、社会人で硬式野球を継続する(?)という話なので、これからの活躍にも要注目です。

試合後、クールダウンしている時に顔を背けて固まっていたけど、あれは零れ落ちそうな涙を必死で堪えていたのかな?最後の整列時も気丈に振舞っていて立派でした。(余談ですがバッティング時に装着するエルボーガードには"ポジティヴ"と記されていました)(これも余談ですが 顔立ちが市原隼人に似てるので髪の毛が伸びたら女の子にモテそうですね 笑)

岡野竜也投手(名古屋経済大学高蔵高校)

3S9A7681

3S9A7774

MAX145km/hの本格派右腕・岡野竜也投手(名古屋経済大学高蔵高校)。
プロ球団からの注目度も高いようで、県大会三回戦(対一宮高校)でもパリーグ某球団のスカウトが視察しておりました。

この日は序盤から制球が定まらず、試合が中盤へ差し掛かったところで頭部死球を与えてしまい降板しました。
肩関節の可動域を生かしたような腕の振りですがフォームの再現性に欠けるのか球のバラつきが多く、高めに抜ける事がちょくちょくあります。
低めのクロスに決まった時のストレートは確かに威力があったので、実戦的なフォームを習得することが今後の課題になるのではないでしょうか。
素材としての魅力は十分なので今後の成長に期待。

ジャストドゥイット

3S9A0193

3S9A0195

3S9A0190
ふと思いついて久々にボールを止めてみました。
マニュアルで地面にピントを置いてタイミングを読んでシャッター押すだけです。
投手のリリースシーンを撮るのと同じぐらいの難易度で大して難しくありません。
世の中のほとんどの事はやるかやらないかだけですよね。

3S9A0184
モデルは福江高校の澤田悠作投手

太く短い夏の終わり

3S9A6909

3S9A6718

3S9A6699

3S9A7100

田村稜投手(豊野高校 3年)

高校野球生活の集大成と言える快投でした。

愛知啓成高校打線を相手に被安打4、ストレートをまともに捉えられてのクリーンヒットは1本あったかどうかだったという内容。
終盤にバッテリーの呼吸が合わなくなったところを付け込まれて陥落しましたが対打者という観点に置いては完勝。
右打者のアウトコース一杯で三振が取れるストレートの威力は県下のサウスポーとしては指折りだと断言出来る代物で、球速表示が130km/hを割っても生きた球を投げられる辺りに天性の素質を感じます。
又、スコアリングポジションにランナーを背負った場面での気迫溢れる投球からはハートの強さが垣間見えました。

肩の旋回、腕のしなりを生かしたような投げ方でフォームそのもののメカニック面にはまだ課題を残していますが、言い換えれば伸びしろを残しているという事にもなります。
2年半に及んだ高校野球生活では夏の県大会で1勝も挙げられませんでしたが、不完全燃焼に終わったこの悔しさがこれから先の野球生活での糧となる事でしょう。
※プロ複数球団が興味を示したとの事ですが地元大学へ進学予定。

3S9A7276

熱田球場のネット裏攻略委員会

3S9A7711

釜谷竜哉投手(栄徳高校 3年)
今までどういうピッチングをしていたのかイマイチ覚えていませんが最終学年の夏に期待が持てそうな投球を見せていました。
シード権のかかった試合で愛工大名電を完封したのは伊達じゃないな、と言った感じの内容です。 全体的な質がグレードアップしたら社会人野球でもバリバリ活躍できるんじゃないですかね。
奇麗な斜め回転の腰の使い方でリリースポイントが打者寄りなところ等が佐竹功年(トヨタ自動車)を彷彿させます。 (腕の引き上げ方は異なりますが)

熱田球場のネット裏からの撮影はなかなか厳しいものがありますね。自然に色を出すのはほぼ不可能なんじゃないかと。
ベースボールマガジン社のカメラマンさんも同じ位置から釜谷投手を撮影していましたがどんな仕上がりの写真になってるのか気になります。
(当然フォトショでレタッチするんでしょうけども)

3S9A7791
グラブ側の腕の使い方が違うけど大まかには佐竹投手っぽいですよね。

田村稜投手(豊野高校)

732A0317

732A0457

732A0251

732A0462

春季の高校野球地区予選が始まったという事で、プロ注目の左腕・田村稜投手(豊野高校)の新年度初戦の登板を見てきました。現状としては原石といった感じで、今すぐプロなのか?と問われるとなんとも言えないところですが、上のレベルでやって行くという事においては見栄えの良い資質を持っています。長い手足を持て余すことなくフルに生かしきれる体の使い方ができるようになれば面白い存在になるのではないでしょうか。違うカテゴリーの話になりますが昨年のドラフト戦線を賑わした名経大の眞野・中尾の両投手も大学で実戦デビューした頃は今の田村投手と似た感じのところがありました。

ストレートの威力は恐らく県内屈指と言えるレベルにあると思うので、残すところ4ヶ月となった高校野球生活でどれだけの爪痕を残せるか、今後も注目していきたいです。

豊野高校野球部(2017-3-19)
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ