平成30年社会人野球

万歳




3S9A2190

3S9A2191

3S9A2187

3S9A2199

 

細山田武史捕手(トヨタ自動車)




3S9A2121

3S9A1746

3S9A1755
去年の第一代表決定戦(都市対抗予選)での細山田捕手(と佐竹投手)は凄かったですよね。
三塁にランナーを置かれているのに失点の匂いが全くしない(9回裏の守備時)、あの難攻不落っぷりは滅多にお目にかかれるものじゃないです。
土壇場まで使わない手札(変化球)を用意していたみたいなんですけど、ピンチにならなかったら使わずに終わっていたという事ですからね。
今年は栗林投手とのコンビが見れるのでしょうか。

 

池山健太投手(星城大学→矢場とんブースターズ)

732A1811

732A1810

732A1838

732A1851
池山健太投手 (星城大学→矢場とんブースターズ)
165cm68kg

大学4年の秋まで主戦格としてリーグ戦に出場していたので硬式で継続か?とは思っていたのですが(2部リーグの選手は進路先で続ける選手以外は最終シーズン以前に引退する事も多いのです)、矢場とんブースターズ入りしたみたいですね(まだ反映されていません)。大学では入学当初から先発投手を務め、一時離脱したものの最終シーズンでは素晴らしい投球を見せておりました。全盛期の大隣憲司投手(千葉ロッテ)を彷彿させるような右打者胸元へのクロスファイアが特に印象的でしたね。大学時代のピッチングをキープできれば矢場とんでもエース格を狙えるんじゃないでしょうか。

池山投手の投球メカニクスにおけるポイントは、肩甲骨を外転させることによって胸椎の反りを大きく使えている事でしょうか。ストライドのドライブ角も深く、右ハムストリングスの跳ね上げにより蹴り足の動きも大きく取れています。 ゼロポジションでも縦に叩くようなリリース角が取れており、全般的に機能性の高いメカニクスをマスターしている感じですね。





この記事を書く為に星城大学時代のプロフィールを調べてみて「えっ?」と思ったのが身長が165cmしかない事。マウンド上ではもっと大きく見えるんですけどねぇ。
池山投手の矢場とん入りに関してはグランドスラム最新号の選手名鑑ページに掲載されています。ご確認くださいませ。

第18回東海地区春季大会

3S9A2426





昨秋ぐらいから不自然なほどにドラフト戦線で名前が挙がらなくなったので、恐らくチーム事情による凍結で昨年のプロ入りを見送ったのだと思いますが、 それもあってかプロスカウト向けの見栄えを意識するような投球から社会人野球で勝てる投手へとスタイルを変貌させつつあるように見えました。 フォームに関していえば"より縦に"の意識が強くなってるような気がします。佐竹功年投手(トヨタ自動車)のような社会人球界の顔になって欲しいですね。プロに行くような投手でも都市対抗で一度も勝てずに終わる事があるのはザラで社会人野球には社会人野球なりの厳しさがあります。玄人をうならせる巧みの投球術をマスターして橋戸賞狙って欲しいですね。


本田洋平投手(愛知学院大学→日本生命)

732A9651
本田洋平投手 (日本生命)
愛知学院大学卒 181cm 80kg





最速149km/h(知る限りでは)を誇る本格派右腕。スライダー、カーブ、フォーク等が持ち球。緩急が使えてゾーンの四隅への投げ分けが出来るタイプなので先発投手としての適性も高いのですが、リリーフ時に見せるド迫力のストレートに一番の魅力を感じます。馬力が向上して先発投手としても常時145km/hをマークすればドラフト上位も視野に。 愛知学院大学時代は2年生の秋季シーズンより台頭し、明治神宮大会行きをかけた三連盟王座決定戦(愛知・東海・北陸)では江口大樹投手(金沢星稜大学→NTT西日本)との投げ合いを制しました。大学4年生時には連盟選抜チームに選出され中日ドラゴンズと対戦。プロ顔負けの投球で中日打線をねじ伏せた。源田壮亮遊撃手(西武ライオンズ) 、大藏彰人投手(中日ドラゴンズ)は大学時代のチームメイト。

------------------------

732A0079

732A0093

732A0313

732A0844

732A0351

フリーフットのフェーズ(一枚目)で左膝を胸の位置まで抱え込めており、軸足の直線上に頭があります。体重移動の準備段階としては申し分の無い動きでしょう。ヒップファーストの角度も十分(二枚目)で左腕の動きにも打者との正対を避ける工夫がされています。この二つの動きにより"開き"を遅らせる事が出来ています。並進運動の終盤、ランディングのフェーズ(三枚目)では左足の接地手前で右腕が十分に上がってきており肩甲骨も上手く使えています。そして、トップのフェーズ(四枚目)。ここがメカニクス最大の肝で、左右の肩甲骨を強く寄せる事で胸椎に張り(反り)を作れています。この動きによって威力のあるストレートを実現できているのでは無いでしょうか(体力検定の"上体反らし"の数値は球速に直結する項目だそうです)。又、掌をセンター方向に向けているのも特徴的です(リリースの爆発力に繋げる動き)。更には股関節のドライブ角も十分な深さで、速球派として活躍できている事に納得の行くメカニクスです。リリースからフォロースルーかけてはグラブ側の腕を胸に押し当てて左半身に壁を作れており、(トップの早さと相まって)制球力に破綻が無いのも頷けます。癖の無いフォームで故障リスクも少なく、実戦力の高い本格派投手としては理想的な投げ方と言えるかもしれません。完成像は平野佳寿投手(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)辺りでしょうか。社会人野球2年目の飛躍に期待したいです。※全て大学時代の画像ですいませんでした(苦笑)


このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード