3S9A3115
松原北斗投手 (栄徳高校 新2年生)


栄徳高校の新エースは高木飛翔投手古田駆投手を足して二で割ったような好投手です。(もしかしたら松原投手も二年後は東海学園大学のユニフォームに身を包んでいるかもしれませんね) 3月31日に行われた愛工大名電戦での投球を拝見させていただきましたが、球に角度がある為、線で捉えられにくく、ファールでカウントを稼いだりミスショットを誘ったりする等して2回途中からの約8イニングスを2失点に抑える好投を見せました。

全身の反作用を利用してトップを作り、上体を横に狭く使ったゼロポジションの形が特徴で、ストライクカウントが取りやすく、縦の角度で打ち損じを誘いやすいタイプのメカニクスを会得しています。小柄で体格的にスケール感が無くても本格派寄りの投球が実現できる事を証明している存在ですね。松井祐樹投手の高校時代に似てるっていう発言が名電スタンドから聞こえてきましたが、確かにそんな感じがしますね。