愛知大学野球連盟

今秋のインパクト

3S9A7455

3S9A5172

この秋に撮影できたインパクトシーンは二枚のみですね…(笑) 以前ほど真剣に撮影していないとはいえ撮影技量の劣化は隠し切れませんね。

番外編では安田悠馬選手(愛知大学)のバットが粉砕するシーンが撮れました。

3S9A7824


 

東龍也投手(東邦高校→名城大学)

フォーム全般(同一投球動作内の連続写真では有りません)
3S9A0935

3S9A0960

3S9A0961

3S9A0962

3S9A0963

3S9A0982

3S9A0940

3S9A0983


並進(ブラインド)
3S9A0894

トップ
3S9A0896

最大加速期(スイング)
3S9A0900

リリース
3S9A0934

フォロースルー
3S9A0902

フィニッシュ
3S9A0903

2017年度に名城大学を卒業。栗林投手と二枚看板を形成し、名城大学の投手陣を牽引した投手です。硬式野球は引退されたそうですが、現役当時の投球動作を解析させていただきたいと思います。

①片脚支持(フリーフット)→左膝の上がりが腰のラインの辺りで止まり、骨盤左側の割れを使わないタイプです。並進(捕手方向への踏み込み動作)の加速を産むという観点で言うとマイナスかも知れません。
②ヒップファースト→捕手方向へ臀部が鋭角に突っ込んでおらず、その為に頭部が軸足の股関節上に残りにくくなっています。
③並進→グラブを三塁方向へ突き出して肩の開きを遅らせています。この際に親指が下を向くと完全に左肩をロック出来ると思います。臀部を落としながら並進するタイプなのでカーブやフォークのような縦の落下運動を必要とする球種に向いているタイプです(実際にフォークを多様していた気がします)。
④ランディング(左足の接地間際)→グラブを引きおろすと共に右腕が上がって行きますが、引き上げのタイミングがやや遅く、頭部の移動も早い気がします。 ヒップファーストのフェーズで少し触れましたが、臀部を鋭角に突っ込ませて、軸足股関節上に頭部をセットする意識が必要なのかも知れません。それによって上体の突っ込みを抑制出来ると思います。
⑤トップ→肩甲骨の可動域と胸椎の反りが使えており、柔軟性の高さが伺えます。肩甲骨の内転(寄せる事)を使って上体に溜めを作る事で左肩の開きを抑えています。
⑥最大加速期→トップから回転動作へ入る際に前腕の回外(手のひらを体の外側へ向ける動き)を取り入れていない為、球の出どころが見やすく、腕が外に振られやすくなっています。
⑦リリース→首を一塁方向へ回しながらリリースしています。やや突っ込み気味の上体とのバランスを取る為にグラブを三塁方向へ入れています。
⑧フォロースルー、フィニッシュ→左脚のハムストリングスと臀部の伸展が使えるようになると軸足が高く上がり、スパイクの裏が綺麗に天を向くようになると思います。

総評→長いリーチと上体の柔軟性が持ち味の投手です。左足が踏み込む直前までは頭部を軸足の股関節上に残し、上から叩くような腕の振りに修正すれば様々な欠点を一気に解消できるはずです。この投球動作でも140km/h超のストレートを投げていただけに伸びしろは充分だったように思います。

3S9A0989


 

入れ替え戦

3S9A7409

3S9A7858

3S9A7763

3S9A1398



ブログの書き方忘れました…。

リーグ戦、ドラフト、愛知・東海・北陸三連盟王座戦も終わり(愛知代表の名城大は初戦敗退でした)、残すところは入れ替え戦のみです。

2部3部の入れ替え戦は名古屋経済大学-愛知淑徳大学の組み合わせで、1部2部の入れ替え戦は愛知大学-愛知工業大学の組み合わせです。 3部の愛知淑徳大学の試合は2年ぐらい見ていないので2部3部の方の展開予想は不可能です。
1部2部の方の展開予想としましては、「わからない」というのが率直なところです。 春季の1部2部入れ替え戦の時は至学館大学の昇格濃厚と予想しましたが、これは見事に外れました。(至学館大学の敗因は"井村投手の疲れ"&"逆方向狙いの打撃が出来ないのを見破られて外角低めに集められての打線沈黙"だったと思っています) 昨秋の入れ替え戦も1部リーグの愛知大学が名古屋商科大学を連勝で退けていますし、なんだかんだで絶対値は1部の方が上だと思われます。

ただ、今季の愛知工業大学はチーム単位で取り組んできた質の高い打撃が機能しており(詳しくは書かないので現地で確認してください)、リーグ戦~プレーオフにかけて相手投手に完投されて負けた事が一度しかありません(星城大学戦で横手投げの左腕に封じられました)。エース・緒方投手で2勝を狙う算段だと思われる愛知大学にとっては、この点が不利に働くのではないでしょうか。仮に初戦を落とした場合、三戦目までもつれても中一日で起用されるであろう緒方投手が序盤から攻略される可能性が高いのかもしれません。又、愛知工業大学の正捕手である土居竜丸捕手は試合を経る毎にインサイドワークが冴えわたるようになり、プレーオフの愛知東邦大戦では相手の仕掛けをことごとく潰して主導権を握らせませんでした。かなり良いイメージを持って入れ替え戦に臨んでくるのではないでしょうか。

対する愛知大学は投手陣にやや不安を残しているものの、野手のタレントは揃っており、リーグ戦最下位だったにも関わらずベストナインに3名が選出されました(中村外野手、長谷部遊撃手、観音寺捕手)。捉えた時の飛距離は中央球界級の安田捕手もスタメンに名を連ねており攻撃力には期待が出来るような気がします。打ち勝つ展開に持ち込めば1部残留を果たせるのではないかと思います。昨春の入れ替え戦(東海学園大学-愛知産業大学)のような好ゲームになる事を期待したいですね。

 

平成最後のドラフト

3S9A4486

3S9A0016

732A9756
愛知大学野球連盟からは3名がプロ志望届を提出しています。

栗林良吏投手(名城大学)
井村勇介投手(至学館大学)
池田鏡介捕手(中京大学)

全員指名されると良いですね。

 

宮津聖矢投手(名城大学)

732A0282

732A0126

長らく離脱していた気がしますが、大学最終シーズンに復活。
軸足の三か所伸展を使ったフォームで合わせにくいリリースから快速球(最速140km超)を繰り出すスリークォーター。
栗林投手のリリーフ起用を実現できたのも宮津投手の復活によるものが大きいと思います。
名城大の三年連続となる神宮大会出場へ向けてのキーマンになりそうです。

 

このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード