野球における体力トレーニングの基礎理論(ベースボールマガジン社)










界隈のインフルエンサーが推薦しただけでこの波及力ですよ。こういう流れにすぐさま反応してインプットとアウトプットを繰り返していける事がこれからのトップアスリートに求められる要素の一つなのかも知れませんね。
IoTネイティヴ世代、AIネイティブ世代における物の売り方とはこういう感じになっていくべきだし、そうなっていくでしょうね。 究極レベルの熱量は捏造できないので(野球を年に数百試合見るより野球に関するオリジナルな記事を年に数百件アップする方が難しいですよね?)、それはすなわち信用に繋がります。そして信用があれば、それはお金を産むんですよね。

 
日本球界における指導コンテンツは圧倒的な供給不足です。これは自分のようなただの観戦者でも肌で感じているレベルなので結構深刻な問題でしょう。それ故にビジネスとして成立する可能性の高い分野だと思われます。「プレーをする」「直接的な指導力がある」「理論をコンテンツ化する」は全くの別物で一番最後の「理論をコンテンツ化する」の部分の伸びしろが非常に大きいと思われるんですよね。今からここのポジションを取れる人はイノベーターになれるんじゃないでしょうか。

野球における体力トレーニングの基礎理論(ベースボールマガジン社)