栄徳高校

プロスペクト発掘の夏③

3S9A0803

3S9A0812

3S9A0815

松原北斗投手(栄徳高校 3年)
1年生の秋よりチームの主戦投手として活躍しました。
3年生の夏は3回戦敗退(科技高豊田戦)となりましたが将来性の高い投球を見せました。
スピードガン表示の有る岡崎球場では最速137km/hをマーク。
コース一杯のクロスファイアで見逃し三振を、高めのストレートで空振り三振を取るような本格派タイプです。


連続フォーム
3S9A8310

3S9A8313

3S9A8315

3S9A8316

3S9A8318

3S9A8320

3S9A8321

3S9A8322

3S9A8323

3S9A8324

3S9A8325

3S9A8326

3S9A8327

3S9A8328

3S9A8329

3S9A8330

両腕から全身動作へと繋げるワインドアップモーションから始動。片脚支持に入るまでの間は長く取っています。片脚支持では右膝が胸まで上がり、骨盤を割れています(ヒップファーストに入りやすくする為の準備)。ボールをグラブから分離するのが早く、左腕を脱力する為の間が取れています。ヒップファーストから並進動作(体重移動、サイドステップ)にかけては体軸を二塁方向へ傾ける事で上手く重心を溜められています。並進動作中に捕手方向へ突き出すグラブの打点が高く、落差を利用するようにトップの形へ入れております。リリースに向けて左腕を振る際には前腕の捻りを概ね使えており(最大加速期に入る手前で肘が直角気味にはなっていますが)上腕に頼ったような腕の振り方では無いと思われます。リリースに向けた右腕の使い方としては、その引き込みが甘い為に上体が立ったような形でリリースしています(ボールに角度が付きにくく変化球の曲がりが早くなる事が懸念されます)。

松原投手の投球フォームで特徴的なのが、捕手方向へ向けて直線的に踏み出していない事です。右足をやや一塁方向へインステップさせる事で(身体的な特徴というよりは意図的に見えます)打者に組み難い印象を与えています。出所を見にくくし、ボールに横の角度を付ける様な意図があるではないでしょうか。インステップしている割には右足の足裏全体でマウンドを捉えられており、接地した反力が股関節を通って骨盤に伝わっています。インステップする分、左脚がやや横に流れるフィニッシュですが投げ終わりのバランスも良く、それほど制球には影響しないはずです。

投球動作全体の印象としては、ゆったりした投げ方でほとんど力みを感じません。脱力して投げられている割にストレートに威力があるので上手く全身を使えているのだと思われます。小柄な投手ですが大学野球界でも台頭出来るレベルに有りますので今後も注目して行きたい存在です。「マネーピッチ」になるような変化球を習得する事がこの先の課題でしょうか。



栄徳の歴代エース

3S9A7154

732A1465

3S9A4920

732A1304
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード