愛知大学野球連盟

東海クオリティの東海クオリティたる所以



愛知の学生野球界では無名公立高校出身の投手がドラフト候補へ変貌するような事が度々起こります。2017年の県大会(夏)初日に対戦した岩津高校と東郷高校の試合も後々語り継がれるような大物同士の投げ合いだったという事になるのかもしれません。岩津高校が9-4のスコアで快勝した試合ですが、この時の東郷高校は当時2年生の眞田拓投手(現・名城大)と当時1年生の金子蓮汰投手が登板しました。眞田投手、金子投手共に最終学年では最速140km/hをマークするようになり、県内屈指の好投手と呼ばれるようになりましたが、そこまでの急成長を遂げる事は予想できませんでした。


この試合を制した岩津高校には当時3年生の土肥大輝投手(現・愛知東邦大)と当時2年生の池津智紀投手(現・日本福祉大)が在籍していましたが、土肥投手は進学先の愛知東邦大で早くも主戦格として起用されています(現在大学2年生で1年生の秋季から公式戦で登板しています)。実戦力の高い下手投げの池津投手も大学野球で台頭して来る可能性の高い存在です。ちなみに東郷高校戦は、この二人の投手で継投しましたが土肥投手は体調不良で降板したと記憶しています(熱中症でしたかね)。

という感じで、甲子園常連校だけでなく中堅公立校や無名公立校にも有力選手が多いので、油断せずに色々見ておくとブレイク前の姿を目の当たりに出来るかもしれません。
 

732A6163
金子蓮太投手(東郷高校※1年生時)

732A6169

732A6153

732A6136
眞田拓投手(東郷高校※当時2年生)

732A6010
土肥大輝投手(当時3年生)

732A6144
池津智紀投手(当時2年生)

3S9A0771
愛知東邦大に進学後の土肥投手



1部2部入れ替え戦第2ラウンド




1部2部入れ替え戦2試合目は愛知産業大学が勝利しました。ポストシーズン戦での愛産大はロースコアの展開での試合巧者ぶりが光ります。
伝統的に打力に秀でたチームで乱打戦のイメージが強いのですが、今季のチームは試合運びに幅を感じます。

3S9A9514

3S9A0194

3S9A0172

3S9A0173

プレーオフ、入れ替え戦で先発マウンドを任されている寺澤遼太(3年 愛産大三河)、松橋優(3年 桜丘)の両投手は本格派というよりは丁寧に投げて行くタイプの投手ですが、この二人の投手に共通しているのが「ストライクゾーンへ向けて体を真っ直ぐ入れていく意識」です。投げ終わりでも体が縦に長くなるフォロースルーの形を取っており、これが制球力の良さに繋がっています。球をゾーンに入れて行く事によって打者が積極的に手を出してくるので、それによって打たせて取って行くピッチングにリズムが作れているのだと思われます。

3S9A8957

3S9A8959

3S9A8435

3S9A8441

入れ替え戦1戦目では連携プレーによる本塁封殺も有りましたし、守備のほうもかなり鍛えられている印象を受けますが、その中でも目立つのが江川雄人遊撃手(3年 津商業)の守備力です。小柄で温厚そうな見た目なので凄みが伝わりにくいキャラなのですが、ファールフライの落下点に入るスピードと二塁方向の当たりを捌く技術は特筆もので、守備範囲の広さで言えば東京六大学の正遊撃手にも負けていません。このレベルの遊撃手が存在するようになった辺りにも2部リーグのレベルアップを実感します。この江川選手ですが、打撃の方も好調で入れ替え戦では二試合続けてヒットを放っており、スクイズも決めています。バイプレーヤーとして高い能力を持つ選手なので要注目です。

3S9A9263

敗れた愛知学院大ですが、紙一重の内容だったので悲観するような感じでも有りませんが、先に試合を動かして行けるのかというところが明日の焦点になりそうです。投手陣は2試合で4失点と安定していますので、1部に残留できるかどうかは攻撃陣にかかって来ると思われます。絶好調の河村真緒選手(2年 東邦)を活かせるような攻めが出来るかどうかですね。



1部2部入れ替え戦第1ラウンド

3S9A9284

3S9A9292

3S9A9282






吉田壮志選手のサヨナラタイムリーで愛知学院大学が先勝。両チームの先発が終盤まで試合を作りロースコアの接戦となりました。


3S9A8644

3S9A9146

3S9A9223

3S9A9179

昨日の記事でキーマンに挙げた福本選手と佐藤投手が活躍してくれましたね。福本選手は同点ホームランを含む2安打の活躍。佐藤投手はリリーフで登板し、サヨナラ勝ちを呼び込みました(濱元選手に投じたインコースへのシュートは凄い球でした)。福本選手は元々良い選手でしたが、俊足を生かした逆方向狙いの印象が強かったのと体格が細かった事もあって「大学止まりの好選手」という感じでしたが今季は只者じゃないオーラを放っています。体付きも良くなりましたし硬式社会人他、上の世界で野球を継続出来る選手ですね。


3S9A9052

3S9A9053

勝利に直結するようなプレーでは有りませんでしたが8回のアウトを全て捌いた清水翔太三塁手の好守も大きかったです。三塁ベンチ脇へ飛んだファールフライへのスライディングキャッチと三塁線へのバントを処理した二つの美技が光りました。8回の裏に飛び出した福本選手の同点ホームランへの呼び水になりましたかね。


敗れた愛産大ですがバッテリーは愛知学院大打線をほぼ封じましたし、打線に当たりが出てくればまだまだ勝機は有ると思われます。走塁判断でのミスは有りましたが江川遊撃手の活躍が光りましたね。




明日から入れ替え戦

732A9710
福本勁信外野手(4年 北陸)

3S9A6214
濱元大希(4年 豊川)

今年の入れ替え戦は1部6位校の愛知学院大学と2部優勝校の愛知産業大学とで争われます。2015年秋季シーズンと同じ対戦カードになりました。
前回の対戦では当時1年生だった黒野諒太郎選手が右中間に満塁ホームランを打ったりしましたね。


732A5758
その満塁弾のスイングです

732A5763

当たるかどうかはともかくとして、予想ぐらいは立てられるのが例年の入れ替え戦なのですが今回は本当にわかりません。

※ちなみに最近の予想結果は

15年秋 愛産大昇格と予想→的中
16年春 どういう予想をしたか覚えていません
16年秋 愛知大昇格と予想→的中
17年春 東海学園大昇格と予想→的中
17年秋 どういう予想をしたか覚えていません
18年春 至学館大昇格と予想→不適中
18年秋 愛工大昇格と予想→的中

という感じで記憶を書き換えてなければ結構当たっています。


両校のキーマンを挙げるとすると、愛知学院大学→福本勁信選手、愛知産業大学→濱元大希選手になります。共に今季から主将を務める4年生選手です。リードオフマンタイプの福本選手は出塁率が高く、塁に出たら高確率で生還して来ます。昨春の入れ替え戦でも存在感を示しており、今回の入れ替え戦でも愛産大バッテリーを苦しめるのではないでしょうか。課題のプルヒッティングも克服している感が有り抑え込むのは容易ではありません。一方の濱元選手は体格が示している通りホームランを打てる強打者です。1部リーグ在籍時(2017年春季)にはシーズン6HRをマークしており、先日のプレーオフ(日福大戦)でも三試合連続でタイムリーヒットを放っております(1HR含む)。打撃だけでは無く、精神面においても「チームを引っ張ろう」という意気込みが感じられます。入れ替え戦に掛ける思いの強さは人一倍ではないでしょうか。

他にも注目選手は居ますがキリが無いのであと一人だけ挙げるとすると愛知学院大学の佐藤良明投手です。昨春の入れ替え戦では"負ければ2部降格"という重圧のかかる試合で完封勝利を挙げ、チームの残留に大きく貢献しました(当時1年生)。今シーズンの開幕カードでは中京大からも白星を挙げており、今後の愛知学院大を引っ張って行く存在だと思います。


ちなみに2部と3部の入れ替え戦は名古屋経済大学と名古屋大学との間で争われます。名古屋大学は松田亘哲投手が好調という事なので、この大一番でどのような投球を見せてくれるのか楽しみにしたいです。




.474



開幕前に一押しとして紹介した三村政喜選手(東海学園大学 4年)が首位打者を獲得しました(僕は本塁打王候補として紹介していたのですが)。 打率.474(38打数18安打)という驚異的な数字を叩き出しましたが、単打狙いの当てに行くスイングでは無くゾーンに来た球を強く叩くタイプだという事も付け加えておきたいです。トップバッターなので一塁の駆け抜けタイムもそれなりに速いのでしょうが(未計測です)、右打者なので内野安打は稼ぎにくいはずです。その条件でこの打率を叩き出した事には高い価値が有るのではないでしょうか。

打撃モーションを簡単に考察いたします。
C73A2543
・軸足股関節の内転(軸足の内側体重)

C73A2544
・トップを早く作る意識(ヘッドが投手方向へ傾く)
・軸足に上体が乗る
・浮かせた左脚が体の内側に入らないので懐が深い


C73A2548
・両目で投手方向を見る
・腕がほぼトップの位置に入る 
・右の尻を少し投手方向へ向けるように軸足股関節の内転(内側体重)をキープ
・軸足のパワーポジション(骨盤を前傾させ臀部とハムストリングスの力を使う準備)


C73A2550
・軸足股関節の内転(内側体重)をキープ
・左の股関節を内旋させ(内へ捻る動き)鋭く踏み込む為の準備をする(※バックステップ気味の踏み出し)

C73A2551
・伸張反射を起こす為に腹筋を斜めに割く(捻転差)
・右肩甲骨を内に寄せて右腕を体幹にくっつける


C73A2552
・踏み込みの反力によって下半身を一気に開かせて骨盤を投手方向へ正対させる
・ヘッドステイバック(左脚が回転動作の軸になる)
・軸足に重心を残さず両膝を接近させる(スパイクの裏を捕手に見せる)
・右肩甲骨は内に締めたままにして体幹の回転によってヘッドを走らせる


C73A2553
・体幹の伸展によってフォロースルーを大きくする
・前が大きいスイング軌道 

C73A2554
・軸足伸展による押し込み


まとめ
鴻江理論でいう「あし体」に一致する打撃フォームです。5枚目の写真を見るとわかりますが、下半身が開きにくいタイプだと思われます。その為に3~4枚目の写真で左脚を内旋させて下半身を開かせに行く準備(骨盤を鋭く回す準備)をしています。歩幅を狭くし、軸足を前へと寄せて行く事(重心を前へと持っていく)で骨盤が投手方向へ正対して行きますが(両股関節と両脚内転筋を上手く使って下半身主導のスイングを実現させています)、この際に「骨盤→臍→バット」の順で前に出て来るので外角の球にも体が寄って行きます。ゾーン全体を力強くコンタクトして行ける理屈はその辺りになるのですが、腹筋の伸張反射(捻転差)を利用している事と押し手(右腕)を体幹と一体化させている動きを使えている事も大きいと思います(テニスで言うフォアハンドの理屈ですね)。

この打ち方であれば、ボールを長く見れますし前に誘われたとしても強く叩けます。下半身が開きやすいタイプの打者にはマッチしないかもしれませんが、アマチュア選手の教材と言えるような打ち方ではないでしょうか。今季は東京六大学野球連盟や関西学生野球連盟の試合も観戦しましたが、同じぐらい洗練されている打ち方の打者には遭遇しませんでした。秋季もズバ抜けた成績を残して有終の美を飾って欲しいものです。





このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード