愛知大学野球連盟

時代は3部(愛知淑徳大の森弘明投手に関する記事です)

森弘明投手(愛知淑徳大学 4年)の記事がやたらPVを集めているので何事かと思ったら、


中日新聞プラスの方で記事になっていたのですね。完全なおこぼれ(笑)


上に貼ったリンクにも簡単な考察を書きましたが(加筆修正しました)、この森投手はピッチングフォームにも見どころが多いんですよね。

3S9A6483

3S9A6305

3S9A6017

3S9A6014

3S9A6292

この辺りが森投手の投げ方における個性だと思います。
一つ一つ言語化して行きます。

3S9A6483

3S9A6483②
上から叩く打点の高いリリースなのですが、この際に両脚の膝がほとんど曲がっていません。 
これは解説者の荻野忠寛さんや藪恵壹さんが推奨するリリースモーションでMLBの投手に多く見られる形ですね。

頭に衝撃が走るように力が加わり、リリースの叩きへと繋がります
(着地の地面反力を使えているという事です)。
日本人だと山本由伸投手や山岡泰輔投手辺りはこのような形でリリースをしています。

3部リーグの投手ですし、日頃は掘れやすく傾斜の緩いマウンドでピッチングしていると思われますが、 
硬く傾斜のあるマウンドで投げれば数km/hのスピードアップは簡単に望めると思います。

3S9A6483
左の脇腹が収縮しています(左肩と左股関節の距離が近い)。
単純にリリースの打点が高いだけでなく体を縦に使えています。
ボールに角度が付きやすく低めに球が集まりやすい傾向に有りそうです。

3S9A6305
これもかなりポイントが高いのですが、腕を振る際に肘を鋭角に使っています。
肩肘への負担を軽減しつつ、上から叩くような腕の振りを実現出来ていると思われます。

3S9A6017

3S9A6009

3S9A6295
これはターゲッティングですね。
右肩の背中側を捕手方向へ向けるようにする事で背骨を回し切る形で腕が振れています。
変化球でも腕が緩みにくくなりますし、リリースポイントが安定するので抜け球が減り、
ボールに力も加わりやすくなります(体幹が回り切るので)。 
指導者不在の環境でこのフォームにまで辿り着いた辺りにセンスの高さを感じますね。

ここまでの体の使い方だけを見るていると愛知の右投手では最高峰の素材に思えてきますね(笑)

3S9A6014
テイクバックでは腕が背中に入りすぎているように見えるのですが、言い換えれば柔軟性が高いという事です。
リリースに向けて鋭角になる右肘の使い方にも表れていますが、柔軟性の観点からしても素質の高さを伺わせます。

3S9A6292

3S9A6292
左脚を開かせるように着地を粘っています。
あまり見ないような動作なので、この辺りに「3部の投手っぽさ」を感じさせますが、
恐らく下半身が開きにくい体質で、予め開かせて行かないとインステップが強くなるという事ではないでしょうか。

本人じゃないので実際のところはわかりませんが(笑) 


・・という感じで硬く傾斜角のあるマウンドで投げられれば「覚醒」を遂げそうな逸材です。
平たく言うとプロのマウンドで投げれば、もっと凄くなる可能性が高いと言う事です。
「じゃあ、ドラフトで指名されるのか?」と言われたら今年の状況的には厳しいと思いますが、
どんな形でも上のステージで野球を続けて欲しい投手です。


投球動作について、あと一点付け加えると、
ワインドアップのフェーズが改善されたら更に良くなる気がするんですよね。
3S9A6286

3S9A6287

3S9A6288

3S9A6289
早めに折れる右膝の動きを見てみても、右足で受ける地面反力がやや弱いような気がします。

本人じゃないので実際の感覚はわかりませんし、この動作でも上手く地面反力を使えているのかもしれませんが、
ここの形が良くなると「オーバーハンド版の村西良太投手(オリックス・バファローズ)」になれるような気がしますね。

3S9A9517

3S9A9520

3S9A9549
ちなみに村西投手(近畿大学時代)はこんな感じで地面反力を得ています。


それにしても3部リーグが注目されるようになるとは愛知の大学野球はどんどんマニアックな場になっていきますね。
名工大には最速147km/hの投手も存在しているそうですし「3部の2部化」(意味伝わる?)が始まっていますね。
3S9A6825

3S9A6826




大沼海知選手(名古屋大学)

3S9A6925

3S9A6927

3S9A6928

3S9A6929
名大の核弾頭・大沼海知(湘南高校 3年)
163cm68kg 右投左打

小柄な体からフェンス際まで飛ばす打球を連発する打撃スタイルは、阪神タイガースの近本光司選手を彷彿させます。(ちなみに打ち方は似ていない)

母校の湘南高校は宮台康平投手(東京大学→日本ハムファイターズ)を輩出した事で知られており、
大沼選手のチームメイトだった大音周平選手笠原健吾選手も東京大学硬式野球部で活躍しています。
(二人ともレギュラーで試合に出ています。)

昨秋はランニングホームランも記録し2部昇格をかけた入れ替え戦でも良い打撃を見せました。
松田亘哲投手を視察しに来たスカウトにも関心される打席も有りましたし、
今後の名大野球部を引っ張っていく存在になるでしょう。


そんな彼が使用しているバッティンググローブは「ワークマンの作業用手袋」だそうです。



ワークマンのオンラインショップだと大沼モデルは【在庫限り終了】になってますね。
名大の人気選手が使っているだけに品薄になってしまったか・・・
ワークマンは今すぐ追加生産して大沼選手に用品提供すべきだと思いますね。



ちなみにお兄さんは横浜国立大学で野球を続けた有名な選手だそうです。
この選手かしら?

関連記事





丹下大輝外野手(中部大学)



3S9A6982

3S9A6980

3S9A6959

同じく右の俊足打者である河田航平選手(中京大学)と共にプロからの注目を浴びる丹下大輝選手。
50m最速5.8秒の脚力を武器としており、高校時代から県下では有名な選手の一人でした。


大学野球では3年の春季シーズンより台頭し、春秋連続で打率4割超をマークしました。
体の近いところからバットを出すようなスイングで、低めの球に対しては膝を使って捉えに行きます。

打ち方にそれほど凄みを感じていなかったので、「連盟内における主要選手の一人」ぐらいとして見ていたのですが、
俊足かつ右打ちの外野手という希少性を買われた事も有りプロ注目の存在にまで登りつめました。

3S9A7606

改めて過去のシーズン成績を見てみるとこんな感じになります。

丹下


丹下2

(大学2年の秋季は4打席しか打っていないのに4盗塁を記録していますね)

レギュラーを掴んだ昨年度からの数字が実力を測るうえでの有効な指標になるかと思います。
右打者で打率4割超は凄い数字だと思いますが、リーグ内で打率4割を達成している選手はそこそこ居ます。
注目すべきは「OPS」で、それに関してはオンリーワンと言えるような数字を叩き出しています。

丹下3
↑2019年の春季のOPSは1.018です。訂正しておきます。

昨年の愛知大学野球で春秋続けてOPS1.0以上をマークしたのは丹下選手ただ一人で、
春秋でそれぞれ3位、4位という結果を残しています。

愛知大学野球のOPSランキング上位の選手には各チームのポイントゲッター(主砲タイプ)の名前がズラリと並んでおり、
パンチ力が売りではない丹下選手がそこに名を連ねている事の凄さを際立たせています。
(※OPSランキングもあった方が良さそうなので後程作りますね)

ちなみに「OPS」とは、出塁率と長打率を足したもので「.900」を超えたら一流と見られているそうです。
得点との相関関係が強い数字だと言われています。


過去に愛知大学野球からプロ野球入りした選手が残したOPS(最高値)を調べてみると、
源田壮亮(愛知学院大)が4年の秋季に.922、近藤弘基(名城大学)は4年の春季に.950という数字を残しています。
それらの選手を上回る数字を二度も残している辺りに能力の高さが伺えますね。

おまけに丹下選手の数字は大学3年当時のものなので、
ここから更に積み上げてくるのであれば現実的なドラフト候補として扱われるレベルにあると言えます。

3S9A7605

トップで後ろを大きく取らず、コンタクトに特化しているような打ち方なのが気になりますが、
こういうタイプの打者に技術を問うのは野暮と言うものです。

昨今は「足のスペシャリスト」がプロ入り後に中~長距離砲に大化けしたりしますし、
アスリートタイプとしての資質を見せる事や、
上の世界で揉まれた時の伸びしろを感じさせる事がより重要なアピールポイントだと思われます。

同一リーグ内では河田航平選手(中京大学)というライバルが居ますし、
全国に目を向けると小川晃太朗選手(同志社大学)や並木秀尊選手(獨協大学)という俊足外野手が存在しています。

"右打ちの俊足外野手"が百花繚乱という珍しい年になりましたが、
ライバル達から受ける刺激を糧としてドラフトでの指名を勝ち取って欲しいものですね。




スピネーション

先日の続きです。


今年の大学4年生は進路面ではかなり不利な状況なので、今年に限っては良い事だけを書いていきたいと思います。


ここ最近、中日がドラフトで指名している投手の傾向として、肘のスピネーション(回外)を使えている投手が多いのですよね。
憶測の域を抜けてていませんが、スカウティングにおけるポイントのような気がします。

732A9740

732A9832

3S9A0631

3S9A0749

Print
出典:EPOCH ONE

01171323_5e2136d2dfbcd
途中からめんどくさくなってきたので、このぐらいにしておきますけど小笠原慎之介投手も加速期で肘角度が鋭角なんですよね。 

「プロに行く投手は皆そうなんじゃないの?」と思われそうですが、そんなことも無いと思います。 

佐々木朗希投手、奥川恭伸投手、西純矢投手は加速期での肘角度が直角気味ですし、
東克樹投手なんかもそのタイプです。 

「肘を柔らかく使えている」と言われたりもしますけど、投球動作は体を螺旋に使う事が大事で、
その絞りと解き(ほどき)によってボールを投げられた方が色々と有利と見る場合もあるので、
そういう観点から、中日のスカウト陣が重視しているのかもしれませんね。

ここで肘が絞れていた方が、腕が外回りせず、
肩肘への負担を低減する事も出来るし、回転軸も縦寄りになりやすいと思われます。
「開き」の観点からしても利点が多いと思います。

3S9A3572

3S9A3537

3S9A3553

そういう意味では、初祖晋太郎投手(中京大学 4年)は中日向きの素材かもしれません。
(※握りを見ればわかると思いますが、同一の投球動作内での連続写真ではありません)

実際にネット裏から撮影していてもリリースの瞬間を撮るのがかなり難しいですし、
本塁方向に掌が向いている時間はかなり短いのじゃないかと思われます。

肘(というより前腕)の使い方については、以下の本に詳しく載っています。
巻末に練習メニューも掲載されていますよ(おすすめです)。




独断と偏見で選ぶ愛知のイケメンプレイヤー三傑(大学生)


732A0198

3S9A3572
初祖晋太郎投手(中京大中京→中京大学 4年)

同じ中京大中京高校出身の粕谷太基投手、上野翔太郎投手(現三菱日立パワーシステムズ)、沢井廉選手らを思い起こしてみても「中京大中京顔」って確実にあると思うんです。初祖投手もそこに含まれる一人ではないでしょうか。私学四強の中でも中京大中京の選手だけは毛色が違う感じってしません?("裕福な家庭で育って来ました""もっと偏差値高いけど野球の為に中京を選びました"みたいなエピソードが顔に書いてありそうな感じと言うか)そんな初祖投手には「ミスター中京2020※大学の部」の称号を進呈したいと思います。そして大学ラストシーズンではキャリアハイの投球を見せて欲しいです。

732A9878

732A9752
佐藤良明投手(享栄→愛知学院大学 3年) 

これまた愛知学院大学にも「愛知学院顔」っていうのが存在していると思うのですが、佐藤投手は正しくそこに含まれるような選手と言えるような気がします。「愛知学院顔」の特徴は"野球をやってる割りに色が白い""薄顔"の二点になるのですが、顔だけではなく"脚のラインがスマート"というのも重要なポイントです。源田壮亮選手(現西武ライオンズ)、渡邊裕紀投手(2016年度のエース)、宝島史貴内野手(現王子製紙) 、高木俊希選手等によってその印象が受け継がれてきたのですが、佐藤投手はこれらのポイントを高水準でクリアしており、愛知学院大学硬式野球部の伝統と栄誉を背負って立てるような存在と言えるでしょう。入学以降、チームの降格危機を幾度となく救っており、ルックスだけではなく実力面でも太鼓判を押せるような選手です。

3S9A3798

3S9A5936
立石蓮内野手(九州国際大付属→日本福祉大学 4年) 

アイラインを引いているのかと思うぐらい目元の印象が強く、顔立ちからも"九州男児"としての風格が感じられるような選手です。入学直後から試合に起用されている実力派なのですが、一塁手であるにも関わらずトップバッターを務めるという変わり種としての一面も持ち合わせております。打球を捉えた時に口が大きく開いてしまうという特殊な癖を持っているのは、ここだけの話。ちなみに「日福大顔」とい言えるような共通する特徴は存在していないと思うのですが(俺調べ)。知る人ぞ知るOB・葛西優宏選手(軟式社会人の小林クリエイトでプレー中※変態的な守備力の捕手です)は何気に浅尾拓也さん(日福大のレジェンド)に似てるような気がします。





改めて初祖投手の投球動作について考えてみる




150km/hに迫るストレートと縦変化とのコンビネーションが光る正統派右腕・初祖晋太郎投手(中京大学 4年)。 

今年度が大学最終学年となるドラフト候補生ですが今春は実戦の機会を奪われました。 

唐突だが再度、投球動作について考察したい(以前もやりました)。

と言っても大学2年生の秋季シーズンでの投球動作なので今は変わっているかもしれません(ここ重要)。

732A0234

セットポジションから始動します。予め右足の上に頭を乗せた形から始動します。
ワインドアップ、ノーワインドアップと比べて無駄な動きが少ないので再現性の面で利点が有りそうです。

732A0235

始動の時点でグラブを高く上げています。

732A0236

左足が上がり始めます。

732A0237

左足が上がると、その分体重が右足にかかっていきます。
その力が右足から伝わってマウンドに圧力がかかります。

732A0239

左膝が胸まで上がるので右足にかかる体重の量も多くなります。
その分、マウンドにかかる圧力も強まります。
732A0240

ここまで書いたところで力尽きました。明日加筆しますwww

後藤慎平選手(愛知東邦大学)

3S9A0376

3S9A0586

3S9A0602

3S9A0628

3S9A2318

3S9A0522

3S9A0534
後藤慎平外野手(右翼手) 170cm 70kg 右投げ左打ち 如水館高校

昨年度までのレギュラー野手(西川拓登、平尾貴彦、角山颯、大沢登生etc.)がごっそり抜けた影響も有り、新チームを牽引する存在として期待される一人が後藤慎平外野手(如水館 4年)です。

昨秋のリーグ最終戦では猛打賞をマークし、引退する4年生の門出に花を添えました。

前後のポイント幅が広いのか、詰まったようなスイングになった時でも、野手の間に打球を落としてヒットにしてしまう打撃スタイルです(大学時代の高山俊選手もそんな感じでしたね)。

しっかり呼び込んで左半身の力でボールを捉えているのかも知れないですね。

新型コロナウイルスの影響で春季リーグ戦が中止になってしまった為、残すところはあと1シーズンになってしまいました。

愛知東邦大学は一昨年の秋以降はプレーオフから遠ざかっていますが、コンスタントに優勝戦線に顔を出す2部リーグの強豪です。

自身の有終の美を飾るとともにチームの悲願である1部昇格へ貢献するような活躍にも期待します。

余談ですけど、中日ドラゴンズの人気選手だった堂上剛裕さんに似てますよね(顔立ちが)

------------------------

春季リーグ戦が中止になってしまったので、愛知の大学野球を沸かせてくれたであろうプロスペクト達を微力ながら紹介していきます。





RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード