愛知大学野球連盟

山本一輝投手(中京大学)

春季リーグ開幕までに愛知大学野球1、2部の注目選手について書いていきます。
3S9A9699

3S9A9831
体の正面、高い位置で両手を割っていますね。

3S9A9834
そこからの「くの字ステップ」。左右の違いはあれど山岡泰輔投手や千賀滉大投手と同タイプの投球フォームです。

早いもので山本一輝投手も新年度から大学4年生です。
2018年度の大学野球選手権では「ドラフト上位候補」と報道される程、鮮烈な投球を見せました。



では、今年のドラフト会議で指名されるのか?というところですが率直に言えばボーダーラインじゃないでしょうか。ガン表示以上に"来る"球質ですがピッチングにそこまでの圧を感じず、ストロングポイントと言えるような明確なテクニックも現状では見当たりません。変化球で上手く交わすような組み立てでリーグ戦ではそれなりにまとめて来ますが「ドラフト指名当確」というほどのパンチを感じないというのが昨秋までの所感です。

とはいえ、県内の有力選手が集まる中京大学でエース格まで上り詰めたのは立派の一言ですよね。同学年のライバル達は甲子園常連校や県上位の私学から進学してきた投手ばかりです。中堅公立校の東郷高校出身という事で肩身の狭さもあったはずです。 一冬超えてスケール感を増したピッチングを見れる事に期待したいです。素質は間違いないので、あとは本人の意識だけだと思います。

ヒップターン






3S9A0912

3S9A0913

3S9A0914

3S9A0915

3S9A0916

3S9A0917

最近ツイッターでしつこく言ってるヒップターンとはこういう感じです。
身長デカくて体格無くてもホームランを量産する打者に共通する動きです。
ボールを飛ばしたければ尻を振れ。



3S9A0921

ちなみに中日ドラゴンズのドラフト4位・郡司選手も尻がよく振れていて骨盤が高速回旋しております。
骨盤の回旋距離そのものが長いですよね。




BCリーグに行く人達

3S9A9770
武田康平投手(至学館大学→富山GRNサンダーバーズ)
大学の四年間を愛知の2部リーグで過ごしたが、その能力は高く愛知学院大学との間で行われた入れ替え戦(2018年春)では好投を見せた。同一打席内で二度空振りが取れる程に絶対的な変化球を習得しており(恐らくフォークボール)、クローザー的な役割で光りそうな投手。ちなみに至学館高校時代には県大会(夏)で森博人(豊川高校→日本体育大学)と投げ合った経験を持つ。

3S9A9840
後藤大葵内野手(名古屋商科大学→富山GRNサンダーバーズ)
内野のポジションを複数こなせる器用な選手。大学野球では比較的早い時期から台頭し、毎シーズンのように安定した成績を残した。捕手方向にヘッド倒してからトップに入るような、高橋周平(中日ドラゴンズ)に近い打ち方をしている事が有る。打率も残すが本塁打も打てるという中距離タイプの打者。

3S9A4811
吉村真一投手(愛知工業大学→群馬ダイヤモンドペガサス)
大学野球では中継ぎとして重用された投手。技巧派のような投球フォームの割に140km/h級のストレートを投げられるサイドハンド。全日本大学野球選手権でも登板を果たした。愛知工業大から群馬ダイヤモンドペガサスに進むのは大堀泰世選手に続いて二人目(のはず)。




森弘明投手(愛知淑徳大学)

3S9A6267

10月20日に行われた3部リーグ1位校決定戦・プレーオフにて名古屋大学の松田投手と投げ合った愛知淑徳大学の森弘明投手(3年 名古屋高校卒)です。7回に同点本塁打を浴びるまでは完全な勝ち展開でした。角度のあるストレート、中速域のスライダー、縦にドロンと曲がる緩い変化球等が持ち球。ストレートには力が有り3部リーグの中では抜けた存在の投手です。


投球フォーム
3S9A6286
セットポジションから始動

3S9A6287
目線を切る→〇

3S9A6288
グラブと投球腕の分離が早い(山岡泰輔、岩隈久志タイプ)→〇
軸足の膝が折れるのが早く、軸足上に頭部がセットされない→△
左膝が腰までしか上がらない→△


3S9A6289
投球腕の脱力が完了→〇

3S9A6290
小指を上に向けたグラブを真っすぐに突き出してターゲッティング→〇

3S9A6291
軸足の外旋をキープ→◎
頭部が右股関節上に残る→〇
もう少し体軸に傾きを作りたい→△

3S9A6292
グラブが下がる反作用で投球腕が上がり出す→〇 
右腕がやや深く背中に入る→△
左膝を折る事で左足の着地を遅らせる→△
軸足の内旋が甘い→△

3S9A6293

3S9A6294
投球腕の前腕が回内し、親指が掌の中に入るフィニッシュ→◎
上体が回転し切り、捕手方向へ深く倒れ込む動き→◎


3S9A6295
右脚が三塁方向に振られない形での重心移動→◎
右肩を捕手方向へ向ける→◯

3S9A6296
スパイクの裏が天を向く→〇

3S9A6297
左股関節で上体と右半身を本塁方向へスライド→〇


リリースの打点が高く、下半身で押し込んでいけるフォーム

ワインドアップの動作から見て行きます。軸足で真っすぐ立たずにいきなり膝が折れ始めます。左膝があまり高く上がらない事もあってステップへ向けての準備はやや不十分でしょうか。ヒップファーストからステップにかけては四股を踏むような形で軸足が使えており動作全体の突っ込みを押さえつつ股関節のシフトチェンジへ向けた溜めが作れています。ステップ→ランディングの辺りでは左膝を折りながら着地までの間を設けていますが、これは独特の動きで他の投手ではあまり見られません。開きが早く横を向いている時間が短いので軸足の内旋が不十分な形で着地してしまいます。その為に地面反力による左股関節の内転動作は甘くなってしまうかもしれません(下半身が鋭く回らない)。ランディング→トップにかけての動きでは投球腕がやや背中に入り込むのが気になります。胸椎に硬さがあるのか胸はあまり使えていませんが左腕で引き込むような上体の回転が出来ており、打点の高いリリースを実現できています。着地からリリースへ向けた下半身の動きとしては骨盤が縦へ回る為、軸足が三塁方向へ振られません。両サイドへの投げ分けについては然程苦しまないような気がします。

体格も良く、上から叩けるフォームなのでまだまだ上を目指せる存在だと思います。自らの資質に気づいて追い込んで行けば、もっと名が知られる投手になれると思います。

3S9A6483
軸足が三か所伸展した状態でリリース出来ています。真上から投げ下ろせるのも強みです。

3S9A6003

3S9A6005




令和元年度名古屋大学野球部

3S9A7174
左から小林研貴内野手、松田亘哲投手、井上尚輝捕手






この一枚の写真が全てを物語っています。自身の努力と決意の強さがプロ指名を勝ち取った再大の要因に違いないところでしょうが、チームメイトの支えによるものも大きかったはずです。「3部リーグ所属の怪腕」「最速148km/h左腕」という異名を誇っていたので圧倒的な個人だと思われているかもしれませんが、ここ数か月の間に急上昇して来た素材型というのが実情です。

「負ければ大学野球引退」「ドラフト指名後、初登板」というプレッシャーのかかる状況で行われた3部リーグプレーオフ・愛知淑徳大戦(2部リーグ最下位校との入れ替え戦に進出する為の一発勝負)では7四死球を与えてしまう大乱調の投球となり、ノックアウトもチラつくような厳しい展開になりました。

苦しむ松田投手を一人にはさせない、と援護射撃をしたのが井上尚輝捕手と小林研貴内野手の両選手。共に松田投手と同学年の4年生で、守備力が強みの井上捕手は正確な送球による進塁阻止と("イノキャノン"と命名しましょう)と好フィールディングでピンチを防ぎ、代打で登場した小林内野手は超特大の同点ホームランで球場の空気を一変させました。

井上捕手が相手の攻勢を止める度に「サンキュー」の意が込められたようなタッチを交わしていましたし、特大弾を放ってベンチに引き上げて来た小林内野手は松田投手を見つけるや否や熱い(熱すぎる)抱擁を交わしていました。苦しい時に助けてくれた仲間への感謝、松田投手を助けたいと思う仲間の気持ちが垣間見えた瞬間です。

名大ナインにとっては松田投手の存在は誇りでもあり自分達が取り組んで来た事の象徴でもあるはずです。2017年の春季以来となる2部リーグ復帰に向け、一枚岩の様相を見せる「令和元年度名古屋大学野球部」の集大成に注目です。

3S9A6618

3S9A7097

3S9A6706

3S9A6712




RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード