愛知大学野球連盟

高木海内野手(愛知産業大学 4年)

732A4988

3S9A6354

3S9A5206

3S9A5213

3S9A5215

3S9A5216

岡本和真選手(読売ジャイアンツ)をシンプルにしたような打撃フォームです。


癖の無い打撃動作で再現性が高い事も有り、過去3年間の大学野球シーズンでも安定した成績を残しています。

バックスイングをそれほど大きく取っておらず、軸脚を前へ寄せるようにインパクトしています。
本質的には前で捌くタイプの打撃スタイルなのですが、インパクト後に体が強く反ります(伸びあがる)。
前で捌くには打ち終わりで体が反りすぎ、呼び込んで叩くにはバックスイングが小さすぎ、という印象を受けます。
肩口から振り出してくるのでコンタクト能力に優れています。

共にクリンナップを務めてきた黒野(2学年上)、濱元(1学年上)らも卒業し、新チームではマークが厳しくなる事が予想されます。チームを牽引し、有終の美を飾って欲しいです。


1

2
こんな感じで体が反りますが、インパクトする際に両膝が接近し、回転動作が鋭くなるので捉えた時の打球スピードは圧巻です。
体が反る分、打球に角度も付きやすそうです。パワーヒッターですが極端な巻き込み型ではなく、右中間にも大きい当たりを放ちます。


以下、愛産大工業高校時代
732A9458

732A9687
この頃から凄い圧を放っていましたね。

3S9A5208
高木海(愛知産業大学)flickr




藤原直也投手(日本福祉大学 3年)

3S9A6716

3S9A6763

3S9A6767

藤原直也投手 (3年) 啓新高校 179cm 80kg 右投右打

啓新高校時代は牧丈一郎投手(阪神タイガース)とエースの座を争った程の実力者。





進学先の日本福祉大では2年の春季から主戦投手に台頭。1学年上の石本光紀投手とエースの座を争う。石本投手が実戦力を強みにしているのに対し、藤原投手は球威が売りの本格派(最速は140km/h超)。打者を威圧するようなストレートと鋭く曲がる変化球の切れは連盟屈指と言えそうです。

3S9A0563

3S9A0576

3S9A0577

3S9A0578

3S9A0579

3S9A0580

3S9A0581

3S9A0582

3S9A0583

3S9A0584

投球動作内での長所
①打者寄りのリリースポイント
②上体の倒しこみと軸脚の伸展を一致させた重心移動

投球動作内での短所
①尻が落ちて背中が丸くなる体重移動
②肘から上げるテイクバック

ストレートの球威、変化球の切れは抜群ですが、お尻が深く落ちる体重移動によって動作が不安定になっています。

パワーポジションへ入れない事によって骨盤が安定せず、マウンドからの圧力も貰いにくくなり、体重移動の飛びが小さくなります。着地までの溜めを作りにくくなるので、テイクバックにもゆとりがなく肘から先行させる形になります。肘から上げるタイプのテイクバックだと上体の開きを使わないと腕が振れなくなってしまいます。これらは全てワインドアップ~ヒップファースト間の動きが起因となっている可能性が高く、そこからの連鎖によって様々な影響を及ぼしているのだと思われます。

心臓を突き出すような上体の回転と投げ終わりでのリブダウン(上体を倒しこむような動作)によって、打者寄りでボールを離せているのは強みです。卒業までまだ4シーズンを残していますし更なる進化を遂げて欲しいですね。



3S9A6706

3S9A6762

3S9A7200

3S9A7385





「野球太郎No.034 プロ野球選手名鑑+ドラフト候補名鑑2020」に愛知大学野球連盟の注目選手掲載されてとして藤原投手が掲載されています。春季リーグ戦のお供にどうぞ(開催されるか怪しいところですが)。




愛知大学野球連盟のスケジュールが発表されました。

3月のオープン戦(社会人、関西六大学との対抗戦)は中止。春季リーグ戦の開催もまだ正式ではないようです。



日程

熱田球場での開催が土日だけで8日もあるんですね。あそこはスタンドからだとまともな写真が撮れないので今季は1部リーグの試合を見に行く回数が激減しそうです。カメラマン席から撮らせてくれるなら観に行きますけどね(笑)


もう皆さん知ってると思いますが、今年のドラフト候補は中京大の初祖投手と山本投手です。二人ともプロ志望という事なので最終学年では気合の入ったピッチングを見せてくれると思います。期待しましょう。

3S9A3568
最速148km/hのストレートにフォークボールを織り交ぜる正統派右腕。

3S9A5426
2年前の全日本大学野球選手権で快投を見せた145km/h左腕。最終学年では支配的な投球を見せて欲しい。




山本一輝投手(中京大学)

春季リーグ開幕までに愛知大学野球1、2部の注目選手について書いていきます。
3S9A9699

3S9A9831
体の正面、高い位置で両手を割っていますね。

3S9A9834
そこからの「くの字ステップ」。左右の違いはあれど山岡泰輔投手や千賀滉大投手と同タイプの投球フォームです。

早いもので山本一輝投手も新年度から大学4年生です。
2018年度の大学野球選手権では「ドラフト上位候補」と報道される程、鮮烈な投球を見せました。



では、今年のドラフト会議で指名されるのか?というところですが率直に言えばボーダーラインじゃないでしょうか。ガン表示以上に"来る"球質ですがピッチングにそこまでの圧を感じず、ストロングポイントと言えるような明確なテクニックも現状では見当たりません。変化球で上手く交わすような組み立てでリーグ戦ではそれなりにまとめて来ますが「ドラフト指名当確」というほどのパンチを感じないというのが昨秋までの所感です。

とはいえ、県内の有力選手が集まる中京大学でエース格まで上り詰めたのは立派の一言ですよね。同学年のライバル達は甲子園常連校や県上位の私学から進学してきた投手ばかりです。中堅公立校の東郷高校出身という事で肩身の狭さもあったはずです。 一冬超えてスケール感を増したピッチングを見れる事に期待したいです。素質は間違いないので、あとは本人の意識だけだと思います。

ヒップターン






3S9A0912

3S9A0913

3S9A0914

3S9A0915

3S9A0916

3S9A0917

最近ツイッターでしつこく言ってるヒップターンとはこういう感じです。
身長デカくて体格無くてもホームランを量産する打者に共通する動きです。
ボールを飛ばしたければ尻を振れ。



3S9A0921

ちなみに中日ドラゴンズのドラフト4位・郡司選手も尻がよく振れていて骨盤が高速回旋しております。
骨盤の回旋距離そのものが長いですよね。




RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード