愛知大学野球連盟

長谷部大器内野手(愛知大学)

3S9A2888

3S9A5721

3S9A5724

3S9A6640

3S9A5695






大学最終学年を2部リーグで過ごしてしまうという不本意な1年になりましたがプロ志望届を提出しました。その華麗な遊撃守備は大学入学当初から話題となり好プレーを連発してきました。レフト方向よりもセンター方向の打球に強いタイプで、この方向に飛んだ打球への反応に関してはプロの一線級レベルに有ります。小刻みなフットワークでイレギュラーバウンドに強く、滅多に捌く事がないようなレアケースの打球であってもノッキングする事なく送球までまとめ上げます。弱いゴロに対する前方への寄せも早く、生粋の遊撃手と言えるような守備の達人です。


打撃フォームについて
3S9A5974

3S9A6008

3S9A6010

3S9A6011

3S9A6012

3S9A6013

3S9A6014

癖の無い水平回転型のバッティングスタイルです。
いささかシンプル過ぎる故にパンチに欠けるところがあるのかもしれません。内寄りの甘い球は前で捌き、体の遠くに来る球は後ろのポイントで捌くアベレージヒッタータイプの打撃をします。
打撃が弱いというのが一つのキャラクターになっていましたが1部リーグ時代に首位打者争いに加わった事も有ります。



片塩響介投手(中部大学)

732A1719

732A1707
大学入学当初より150km/h級の触れ込みで知れ渡っていた片塩響介投手(中部大学 4年)。シーズンを通して活躍したのは2年生時の春季シーズンのみで、その頃もリリーフとしての起用でした。頭角を現し始めた頃はオープン戦等で好投を続け、将来を嘱望されましたがその後はやや低迷。これまでの大学野球ではそれほど実績を残す事は出来ませんでしたが、スピード能力の高さは健在で大学最終シーズンの今季は久々の実戦登板も果たしています。

正面からのアングル※同一動作内の連続写真では有りません
732A1693

732A1688

732A1695

732A1704

732A1703

732A1709

732A1692

今回は正面からの投球モーションです。 静止状態の写真を見ても柔軟性の高さが伝わってきます。150km/h級のストレートを投げられる所以と言えそうです。動作全体の印象は近藤大亮投手(オリックス・バファローズ)、バックスイングは伊藤智仁氏(元ヤクルトスワローズ)を彷彿させます。

全体的に角の有る投げ方で同一モーションで投げ続けるのが難しそうに見えるというのが率直な印象です(再現性の課題)。ワインドアップ期の中ではトルネード気味である事、軸足の膝が折れ始めている事が気になります。「横振り」と「開き」を誘発し、「球に角度が付かなくなる事」が懸念されます。片脚支持~ヒップファースト~体重移動と移行して行く中で、骨盤が後傾し続けているように見えます。「軸足のアクセル筋群を使って踏み出して行けない事」と「全体的な動作が横に広がりやすくなる事」が懸念されます。バックスイングからトップにかけてですが、右腕が背中側に深く入りすぎている為、肩に負担がかかっているかもしれません。 上体が横に回旋し体軸も斜めに傾いている為、リリースではボールを上から叩けずにシュート回転しやすくなってしまいます。一時期、横手投げに転向していたという話を聞きましたが、フォームの特性に合った腕の高さを模索していたという事かもしれませんね。

完成度の高さではなく、素材としての魅力で評価されるタイプだと思われます。投球動作以外のところで言えば、投げっぷりが良く、マウンド上を自身の「ステージ」のように広く使うタイプです。見られる事を意識しているような振る舞いを含めて、ある種の投手らしさを感じたりします。大学野球では不完全燃焼の部分もあったと思うので上のレベルでは本格的なブレイクを果たして欲しいところです。ドラフト指名があるとすれば育成指名だと思われますが、吉報が届くと良いですね。

732A1710




秦琢真内野手(名古屋学院大学)

2部リーグ、3部リーグは9月中に日程終了となります。プレーオフに進出出来なかったチームの選手は今月いっぱいで見納めとなってしまいます。
そういう訳で2部リーグの注目選手について簡単に紹介して行きたいと思います。まずは名古屋学院大学の秦琢真内野手(4年 いなべ総合卒)です。
 
3S9A9646

3S9A7805

3S9A7810

3S9A0067


1年生の春季シーズンより中軸として起用されている右の大砲。1年生の秋季シーズンでは中尾輝投手(名古屋経済大学→ヤクルトスワローズ)から猛打賞1本塁打を記録し、その存在を大きくアピールしました。その打棒の餌食になったのは中尾投手だけに留まらず、井村勇介投手(至学館大学→ホンダ鈴鹿)や松田亘哲投手(名古屋大学)ら愛知の下部リーグを代表するような好投手達が痛烈な一打を浴びせられました。
広角に打ち分けるというよりはレフト方向への打球が多い巻き込み型のスタイルで、捉えた時の飛距離は壮観です。大学野球でのプレーも残り少なくなりましたがラストシーズンでも記憶に残るような一発を放ってくれるのではないでしょうか。




新村将斗投手(愛知工業大学)




3S9A2039

3S9A2040

3S9A2041

3S9A2042

3S9A2043

3S9A2044

3S9A9426

3S9A9469

岡勝輝内野手(愛知学院大学)

昨秋のリーグ戦では三冠王に輝いた連盟屈指の強打者(4年生 近江高校卒)。今春も打率.370 本塁打2 打点10をマークし2季連続の本塁打王に輝きました。その打棒は大学生との対戦に留まらず、8月20日に行われた中日ドラゴンズとの交流戦でも二塁打を2本放つ活躍を見せました(4打数2安打※好守備に阻まれた長打性の凡打を含む)。全国レベルの打者と比較しても見劣る事の無い存在だと思われます。

打撃フォームの連続写真
3S9A5530

3S9A5532

3S9A5533

3S9A5534

3S9A5535

3S9A5537

軸足の内側体重から始動。前重心気味で踏み出して行きますがボールと衝突するような事が無く、上手く間合いを測れています。バットを立てた状態のトップから最短距離に近いエルボーイン("上から叩く"というやつですね)の軌道でインパクトへと向かいます。インパクトまでは左の膝を張らない事でコースと緩急に対応しており、深めに取った歩幅を生かした水平回転型のバッティングスタイルと言えそうです。構えの動作で右の股関節に発生したパンツの皺がインパクトでは左の股関節に移動しており、下半身の力を上手く使えているように見えます。大まかに分類すると西武ライオンズ時代の清原和博氏に近い打ち方ですが、インパクト以降で軸足を前に寄せるように下半身を回転させるところや、引き手(左腕)側の肩甲骨を使って両肩をぐるりと回すようなフォロースルーの形は清原氏には見られないような動きで、中軸打者としては小柄な部類(170cm70kg)の体格から強烈な打球を飛ばせる理由はこの辺りにあるような気がします。

3S9A1206
両側の肩甲骨と胸椎が大きく動く事で豪快なフォロースルーが取れています。
軸足に重心が残らず両膝が接近するような形でインパクト出来ています。
小柄な打者のお手本と言える打ち方でしょう。


3S9A0919
打撃の再現性が高く、ほとんどの打席で片手フォローの動作を見せています。

732A1257

なかなか上昇気流に乗れないチーム状況ですが、4年生野手には福本勁信選手も居ますし強豪復活の狼煙を上げられるようなシーズンになると良いですね。




RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード