2019年度大学野球

2019年東京ヤクルトスワローズ指名選手

3S9A4883
ドラフト2位 吉田大喜投手(日本体育大学)★★★★☆
合わせにくい投球フォームと外角低めへの制球力を強みとする実戦派右腕。
大学日本代表での活躍から評価が急上昇し今ドラフトでは13番目に名前を呼ばれた。
年間通して投げ抜く体力があるのなら新人王候補の一人。

3S9A0456
ドラフト3位 杉山晃基投手(創価大学)★★★☆☆
完成形として二桁勝利が見込めるような大型右腕。
ストレートの制球は安定しないがゾーン内で勝負出来る変化球を多数習得しているのは強み。
上から叩ける投球フォームへ行きつけるかどうかで成否が分かれる。
所属する東京新大学野球リーグでは連戦連勝を誇った。

杉山晃基投手(創価大学)
杉山晃基投手(創価大学)②

3S9A4712
ドラフト4位 大西広樹投手(大阪商業大学)★★★☆☆
ドラフト1位級という声もあったが実際には4位指名に落ち着いた。
横に狭く縦に広くボールを扱えるためストライクを取る事には苦労しない。
立ち投げ気味なので傾斜の緩い神宮球場のマウンドに合わなさそうな事が懸念材料。
ストレートを見せ球にして変化球で勝負したい。

大学球界の「西の大将」
 
大西広樹投手(大阪商業大学)







2019広島東洋カープ指名選手

3S9A2124
ドラフト1位 森下暢仁投手(明治大学) ★★★★
明治大学が輩出した投手としては川上憲伸以来の大物。
身体操作性の高さを感じさせる投球フォームと野茂英雄クラスの柔軟性を兼ね備えた本格派右腕。


3S9A0958
ドラフト2位 宇草孔基外野手(法政大学)★★☆☆☆
大学4年の春季シーズンでは4HRをマーク。俊足を生かして内野安打を量産するリードオフマン。
走り打ち気味という事もあり外角を強く叩けないが、引っ張り込めた時は柵越えをさせるパワーを兼備。
足を生かすか、強く叩くのかで将来像が分かれる。

3S9A0530
育成ドラフト3位 畝章真投手(香川オリーブガイナーズ※写真は名古屋商科大学時代) ★☆☆☆
上から叩けるサイドハンドで右打者の内角に変化球が使えるのは強み。
明確な特徴を生かして居場所を作りたい。







プロ志望届(※9月25日現在)

大学野球の秋季リーグ戦も終盤戦に突入しますが(連盟によってはまだ序盤戦だったりもう終わってるところも有ったりしますが)ブログの方を全く更新出来ていません。 とりあえず愛知大学野球連盟からはプロ志望届けの提出者が二人増えました。中部大学の片塩響介投手と愛知大学の長谷部大器遊撃手です。 まずは片塩投手については簡単な記事をアップしたいと思いますが、それはまた後程。今季は公式戦でも登板機会を得ているみたいですね。

732A1686




プロ志望届(※9/10現在)

3S9A7904
松田亘哲投手(名古屋大学)

3S9A4933
吉田大喜投手(日本体育大学)

3S9A5622
北山比呂投手(日本体育大学)

3S9A1610
髙橋佑樹投手(慶應義塾大学)

3S9A5011
津留﨑大成投手(慶應義塾大学)

3S9A2535
片岡奨人外野手(東日本国際大学)

3S9A3359
勝俣翔貴内野手(国際武道大学)

3S9A4078
郡司裕也捕手(慶應義塾大学)

3S9A4712
柳町達内野手兼外野手(慶應義塾大学)

3S9A4917
中村健人外野手(慶應義塾大学)

3S9A5052
海野隆司捕手(東海大学)

全日本大学野球連盟公式HPより

現時点でプロ志望届を提出している大学生選手、17人のうち10人は撮影した事がある選手ですね。津留崎投手以外は簡単なレポが書けると思うので時間が有れば書きます(誰も興味無いでしょうけど苦笑)。この中でのイチオシは吉田大喜投手(日本体育大学)です。プロ入り後の役割が読めませんがどういう起用法になっても即戦力だと思います。先発という事なら一年目からローテ入りして来るはずです。




愛知大学野球連盟選抜チームvs中日ドラゴンズ

真夏の祭典(?)、愛知大学野球連盟選抜チームと中日ドラゴンズ(8月20日開催)との交流戦が終了しました。8月14日にも東海地区社会人野球選抜U-23との交流戦が行われましたが、それぞれの試合スコアは4-2、1-1という結果で格上相手に1勝1分という歴代最高の結果で終わりました(多分)。 ちなみに愛知の大学生と中日ドラゴンズとの交流戦は2011年から行われ通算成績は3勝5敗だったはずです。2011年は名城大が単独で挑み、2012年からは連盟選抜チームが結成されるようになりました(ちなみに2012年は中止だった記憶が有ります)。

結果が物語っている通り、登板した10人の投手それぞれが格上相手に好投し、野手陣も個性を発揮したと思います。秋季リーグに向けての観戦ポイントが明確となった良き交流戦になったと思います。 そういう訳で、目を引くような活躍を見せた選手は何人か居りましたが、その中の一人は和田佳大遊撃手(中京大学 4年)だったと思います。


試合結果をまとめてくださっている方のツイートですが、27のアウトカウントのうち9つを和田遊撃手が捌いており(併殺含む)、抜群の安定感を発揮しました。この日は然程、トリッキーなプレーは有りませんでしたがワンミスで内野安打になってしまう遊撃守備の難しさを考えると素晴らしいパフォーマンスですよね。イニング間の送球練習の時から脚がしっかり動いており調子の良さが伺えました。ちなみに8月14日の社会人選抜との試合では捕球から送球までが一連の流れで行われるようなファインプレーを連発し、大学日本代表候補に選ばれた所以をまざまざと見せつけてくれました。ダイナミックというよりは「堅実」「いぶし銀」なタイプだと思いますが、今の和田遊撃手なら一、二試合のうちに一つは唸らせるような美技を見せてくれると思います。中京大学の試合を観戦する際は遊撃手に要注目です。

3S9A0656

3S9A0657

3S9A0658

両腕が交差するスローイングが特徴的ですね。
3S9A0696

3S9A0697




秋季リーグ戦のスケジュールが出ました


8月31日~10月13日の日程ですね。

2部リーグはAが愛産大・愛知大・至学館大・同朋大・名産大・名商大
Bが日福大・愛知東邦大・愛知学泉大・星城大・名院大・名経大
という振り分けみたいです。

時期的にドラフト会議を控える形での開催となりますが、現状で可能性を残すのは松田亘哲投手(名古屋大学)のみでしょうか。七大戦(※旧帝大の7校にて争われる大会で東大や京大も参加)でも最速146km/hをマークしたそうで秋季での150km/h到達に期待がかかります(現在の最速は148km/h)。名大は3部リーグに所属しているので試合を観に行きにくい環境ですが秋も一度は見ておきたいところです。就活をせずに退路を断ってまでプロ入りを目指すという事なので、最後のリーグ戦ではキャリアハイの投球を見せてくれると思います。




3S9A7900




平塚合宿二日目



3S9A3189

3S9A3174



という感じで、天気予報のスクショを貼ってまで臨んだにもかかわらず、この有様でした。現地でも日体大グラウンドの試合は非公開と言われたので自粛したのですが、普通に見れたそうですね。これについてはとやかく言うつもりは有りません。ダメ元で向かわなかった自分の熱量の低さの問題です。三日目の練習試合は見れたので、それについてはまた書こうと思います。

NKTsRjNp

GYaeuh7f

Q4I-5wYV




RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード