名古屋大学

大沼海知選手(名古屋大学)

3S9A6925

3S9A6927

3S9A6928

3S9A6929
名大の核弾頭・大沼海知(湘南高校 3年)
163cm68kg 右投左打

小柄な体からフェンス際まで飛ばす打球を連発する打撃スタイルは、阪神タイガースの近本光司選手を彷彿させます。(ちなみに打ち方は似ていない)

母校の湘南高校は宮台康平投手(東京大学→日本ハムファイターズ)を輩出した事で知られており、
大沼選手のチームメイトだった大音周平選手笠原健吾選手も東京大学硬式野球部で活躍しています。
(二人ともレギュラーで試合に出ています。)

昨秋はランニングホームランも記録し2部昇格をかけた入れ替え戦でも良い打撃を見せました。
松田亘哲投手を視察しに来たスカウトにも関心される打席も有りましたし、
今後の名大野球部を引っ張っていく存在になるでしょう。


そんな彼が使用しているバッティンググローブは「ワークマンの作業用手袋」だそうです。



ワークマンのオンラインショップだと大沼モデルは【在庫限り終了】になってますね。
名大の人気選手が使っているだけに品薄になってしまったか・・・
ワークマンは今すぐ追加生産して大沼選手に用品提供すべきだと思いますね。



ちなみにお兄さんは横浜国立大学で野球を続けた有名な選手だそうです。
この選手かしら?

関連記事





令和元年終了のお知らせ

3S9A7303

今年一番記憶に残ったのは松田亘哲投手のプロ入りですね。2018年春以来の2部リーグ復帰も果たしましたし、愛知の大学野球シーンというところで言えば松田投手が全て持って行った感が有ります。例年であれば関係者しか観に来ない3部のプレーオフや2部3部の入れ替え戦に一見客が押し寄せ、ドラフト1位指名された選手が出場する試合以上の注目を集めました。プロの世界は甘く無いと思いますが、更なる奇跡を起こして欲しいですね。

noteに松田投手の投球動作についての所見をまとめました。


3S9A7843

3S9A7840




令和元年度名古屋大学野球部

3S9A7174
左から小林研貴内野手、松田亘哲投手、井上尚輝捕手


この一枚の写真が全てを物語っています。自身の努力と決意の強さがプロ指名を勝ち取った再大の要因に違いないところでしょうが、チームメイトの支えによるものも大きかったはずです。「3部リーグ所属の怪腕」「最速148km/h左腕」という異名を誇っていたので圧倒的な個人だと思われているかもしれませんが、ここ数か月の間に急上昇して来た素材型というのが実情です。

「負ければ大学野球引退」「ドラフト指名後、初登板」というプレッシャーのかかる状況で行われた3部リーグプレーオフ・愛知淑徳大戦(2部リーグ最下位校との入れ替え戦に進出する為の一発勝負)では7四死球を与えてしまう大乱調の投球となり、ノックアウトもチラつくような厳しい展開になりました。

苦しむ松田投手を一人にはさせない、と援護射撃をしたのが井上尚輝捕手と小林研貴内野手の両選手。共に松田投手と同学年の4年生で、守備力が強みの井上捕手は正確な送球による進塁阻止と("イノキャノン"と命名しましょう)と好フィールディングでピンチを防ぎ、代打で登場した小林内野手は超特大の同点ホームランで球場の空気を一変させました。

井上捕手が相手の攻勢を止める度に「サンキュー」の意が込められたようなタッチを交わしていましたし、特大弾を放ってベンチに引き上げて来た小林内野手は松田投手を見つけるや否や熱い(熱すぎる)抱擁を交わしていました。苦しい時に助けてくれた仲間への感謝、松田投手を助けたいと思う仲間の気持ちが垣間見えた瞬間です。

名大ナインにとっては松田投手の存在は誇りでもあり自分達が取り組んで来た事の象徴でもあるはずです。2017年の春季以来となる2部リーグ復帰に向け、一枚岩の様相を見せる「令和元年度名古屋大学野球部」の集大成に注目です。

3S9A6618

3S9A7097

3S9A6706

3S9A6712




松田亘哲投手(名古屋大学)

大同大学の元浜グラウンドで撮った写真は編集するのがムズ過ぎますね。時間かけてもイマイチな仕上がりにしかなりません。そんな事はどうでも良くて、146km/h左腕・松田亘哲投手(名古屋大学)の春季シーズン初登板を観戦してきました。

大同大学との一回戦(愛知大学野球連盟3部リーグ)での登板になりましたが7回コールド勝ち(スコア:15対1)という事で、大差がついたところで降板したので登板回数は6回でしたが、打者25人に対して失点1被安打1(3塁打)奪三振10与四球5暴投1という成績でした。※内野ゴロ5内野フライ1(失策)外野フライ3、引っ張られた打球は一つか二つだったような

昨年の今頃に比べると実戦力が格段に増したと思います。ゾーン四隅に散らすスタイルの投球で左右どちらの打者に対しても外角高めを使えていたのが印象的でした。体を縦に長く使えている投げ方なので左右への乱れは少ないのですが上下の部分で荒れる事が有ります。与四球が5つと多めでしたが、仕留めきれない形のものではなく、わかりやすく与えてしまうような感じのもの(ストレートでの四球とか)です。コースを突けなくなった時にゾーンで勝負が出来るような球を習得出来れば改善されそうな気がします。変化球はスライダー、カット、高めから入る緩い球、あとはスプリット系もある?と言った感じです。牽制に関しては鋭く速いものは見られませんでしたが、フィールディングに関しては強襲打を一本捌いています。

バットをへし折るようなシーンも有りましたが、全開投球というよりは8割ぐらいに抑えて投げていた感じが有ります。気合の入った本気の投球はこれから先に取ってあるのかもしれませんね(2部リーグで投げていた頃に比べると試合中に雄叫びをあげてなかったので)。

3S9A4662

3S9A4681

3S9A4532

3S9A4533

3S9A4534

3S9A4535

3S9A4536

3S9A4537

3S9A4538

3S9A4539

3S9A4540

3S9A4541

3S9A4542

3S9A4543

3S9A4544

3S9A4545

トップを作るのが気持ち遅めに見えますが、下半身の使い方は向上しています。以前よりも重心が高くなり、フィニッシュで軸足が高く上がるようになりました。緩い傾斜角で掘れやすい形状のマウンドだとフィットし難い事も有るかもしれませんが(球を低めに集めにくく地面反力をもらいにくい)、先のキャリアを考えるなら下半身の回転(骨盤の回転)は使えた方が良いですよね。それに加えて打者寄りでリリース出来ているのも強みです。 





RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード