同朋大学

東海クオリティ最前線②

3S9A9923

3S9A9521

3S9A9774

愛知2部のリーグ戦は先々週の順位決定戦をもって終了いたしました。シーズン当初に少しだけ触れてから全く話題にしていませんでしたが、プロ注目の左腕・久保田投手(同朋大学)は9試合に登板し4勝を挙げた模様です(連盟公式に掲載されている試合結果から調べましたが間違っていたらすいません)。ちなみに今季の同朋大学は10試合で4勝6敗という成績でしたので、正に大車輪の活躍だったと言えそうです。

開幕週の名古屋商科大学戦と4月20日の日本福祉大学戦の二試合を観戦いたしましたが、その二戦に限って言えばストレートの走りが悪く本調子というようには見えませんでした。ただ、今季の日本福祉大学(※今季10試合で78得点)を相手に完封勝利を挙げたのは久保田投手だけですので、やはりプロに注目されるだけのモノは持っていますね。ストレートを狙い打たれても縦横の変化球を駆使して試合を作って行ける辺りに実戦力の高さが伺えました。

気になる「ドラフト」というところの話になりますと、本指名のボーダーラインにギリギリ乗るかという位置付けだと思います。大学デビュー当初に見た時はストレートの威力に衝撃を受けたのですが、その部分に関しては勤続疲労の影響が出ているように感じます。プロに限らず上のレベルでプレーを継続して行ける存在だと思うので、まずは大学ラストシーズンを無事に投げ抜いて欲しいですね。




東海クオリティ最前線

スーパールーキー見参

上のリンク先の記事は3年前の今頃に書いたものですが、大学最終学年の公式戦初登板試合にはプロ4球団が視察に来てました(多分ですが鷲鴎牛+もう一球団)。 愛知大学野球連盟だけでも6会場同時開催だったのを考えると結構な注目度ですよね。愛知の2部リーグが輩出した大物投手の中だと中尾輝投手(名古屋経済大学→ヤクルトスワローズ)や七原優介投手(名古屋大学→トヨタ自動車)に続くような扱いですね。

3S9A5016

3S9A4790

3S9A4769

4月6日に行われた名古屋商科大学との一回戦に先発投手として登板(スコア:名商大7対2同朋大)。5回を投げたところで降板、失点3被安打9奪三振7与四球1という投球内容でした。コンディションの程は不明ですが奪三振数と与四球数が示している通り、球威不足や制球難という感じには見えず、対策を練って来た名商大が一枚上手だったという事なのだと思われます。ノーボールツーストライク、ワンボールツーストライクまでの形はすんなり作れていましたが、仕留めに行く球を狙われ続けて攻略されていたような感じを受けました。バットをへし折るシーンが2度も有りましたし、能力の片鱗は見せられていました。この経験を生かして投球の幅を広げて欲しいですね。

3S9A4914

3S9A4915

3S9A4916

3S9A4917

3S9A4918

3S9A4919

3S9A4920

3S9A4921

3S9A4922

3S9A4923

3S9A4924

3S9A4925

別の投球モーションより最大加速期のカット 
3S9A5038

3S9A4847

投げ方に関しては昨年から何かが変わったという事は無さそうです。脛がマウンドに接地しなくなった事ぐらいでしょうか(日によって変わるポイントかもしれませんが)。
並進に入るまでの溜めが効いているのと軸足伸展の強さが特徴的ですが、全体的な重心移動(体重移動)にはまだ伸びしろがありますね。





このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード