東京六大学野球連盟

早川隆久投手(早稲田大学)の神コントロールについて



秋季リーグ一戦目にしてドラフトの目玉としての立ち位置を確立させた感があります。 
近畿大学の佐藤輝明選手も高評価なのでどちらが一番人気になるのか不明ですが、この二人がドラフト1位戦線で中心視されるのではないでしょうか。

早川投手が並のドラフト1位候補と異なるのは奪三振能力の高さだけではなく、奪三振能力の高さに対して四球を出す割合が低い事に有ります。


令和二年度秋季リーグ戦 明治大学戦(一回戦)での投球
スクリーンショット 2020-09-19 185513

令和二年度春季リーグ戦の個人成績
スクリーンショット 2020-09-19 185556
※いずれも東京六大学野球連盟公式サイトからの引用です。



今年度はここまで三度、先発投手としてマウンドに上がっていますが、計26回を投げ、奪三振が36、与四球は2という内容になっています。

奪三振に対する与四球の割合を測る"K/BB"という指標の数値は18となっており、3.5を越えれば優秀と言われているK/BBにおいて破格の数字を叩き出しております。
母数が3試合26回と、サンプルにするには心もとない数字なので、今後も注視して行きたいところですが、図抜けた制球力を持っている可能性が高い事だけは確かです。

ちなみに明治大学時代の森下暢仁投手は大学4年の春秋で、計116の三振を奪い、25の四死球を与えています。
K/BBを算出する計算式では死球の数を含まないので、このデータから正確なK/BBは算出する事が出来ませんが、大体、4.5の奪三振に対して1の四球を与えるという感じになります。

それを踏まえると、18の奪三振に対して1の四球しか与えない割合で投球を続けている事の凄さを理解出来そうな気がします。

では、「何故そんなにコントロールが良いのか?」という所ですが、投球動作の中から、それを探ってみようと思います。


この動画を良く見て欲しいのですがマウンドプレートの真ん中を踏んでいます。 
それによってリリースポイントをストライクゾーンに近づけやすくなり、ボールカウントが先行しにくい状況を作り出せています。
左打者の内角に威力のあるストレートを制球出来ているのも、それによるものだと思います。

3S9A9500

3S9A9464

3S9A9380

これらの画像を見て、何が言いたいかすぐに気付いた方は投球動作検定3級(そんなものはありません)に合格です。

3S9A9500

3S9A9464

3S9A9380

着地に入る間際にここまで左手が上がっている事が"アーリートップ"に繋がり制球面に効いているのだと思います。

トップの遅れは抜け球に繋がりますし、故障リスクの観点からもあまり良くありません。

3S9A9350

3S9A9361

次のお題はこれ。

3S9A9350

3S9A9361

左手の小指が上を向く形での加速期です。 左の前腕が回外(外捻り)しており、掌が体の方を向きます。 

ここで回外が甘くなると掌が真上を向くため、リリースしたいポイントよりも前の段階から掌が正面を向いてしまいます。 

そうなるとリリースが定まらず制球力の悪化に繋がります。 「ボールは顔の横を通せ」の意味はこの事だと思います。

3S9A9386

3S9A9382

3S9A9503

3S9A9193

3S9A9461

最後はこの動作です。

3S9A9386

3S9A9382

リリース後に左脚がガニ股のような形になる癖を持っています。 
このまま強く蹴り上げると左脚が外に振られて、力の方向を本塁側へと集約できなくなります。 
これはシュート回転や制球難の原因になると言われております。

3S9A9503

3S9A9193

3S9A9461

左脚を伸ばし、右股関節に左股関節を被せるような動作を入れた後に、左膝を内に入れる形で投げ終えています。 
これによって左脚が外に膨らむような動きを押さえ切れています。

軸脚(早川投手であれば左脚)が蹴り上げられる形で股関節を使い切らないと、
動作にブレーキがかかってボールに力が伝わらないという話も有りますが、
今永昇太投手(DeNA)も早川投手に似たようなフィニッシュ動作を採用しています。
重心を下げて投げるタイプの投手にはフィットする場合も有るという事ですかね。

という感じで、
一般的に推奨されている動作だけでなく、自らの身体的特性を知ったうえでの動作を取り入れている事が"神コントロール"の秘訣になっている印象を受けます。

投球動作全般についての考察も、そのうち書きますね。




守備意識高め

3S9A9141

3S9A9143

3S9A9147

3S9A9161

3S9A9162

試合前に見れるルーティン。 バント処理だけでなく打球への反応も良いですよね。
守備の良さは勝てる投手に必要な条件と言われていますしポイント高いですね。


東京六大学の秋季リーグ戦は明後日から開幕です。





鈴木昭汰投手(法政大学)※書きかけ

3S9A0521

3S9A0550

3S9A1296

3S9A0858
肘の使い方が特徴的ですね。


連続写真による投球フォーム

3S9A0759

3S9A0760

ワインドアップモーションで始動します
腕から動かしてリズムを作りたいタイプですね。

3S9A0761

3S9A0762

3S9A0768

左足の母指球と直線で結べる位置に頭が有ります。

3S9A0769

3S9A0770

3S9A0771

右膝が胸の位置まで上がります。
グラブを高い位置に保持し続けているので、
上体が前傾できず肩に力が入っている印象を受けます。

3S9A0772

上体の正面辺りで両手を割ります(グラブから左手を抜くことです)

この辺りからベロを二塁ベース方向へ出しているのですが、 
これはもしかして頭を突っ込ませないためのテクニックの一種なのでしょうか? 
どなたか本人にインタビューして確認してください(笑)



3S9A0773

ここまでは右脚が正中線を超えずに上下動だけしています。
両手がほぼ均等の位置まで下がります。

3S9A0774

右手(グローブ)から先に突き出し、右脚は正中線を越えヒップファーストの動作に入ります。

3S9A0775

小指を上に向けた形でグラブを高く上げます。
左の股関節に体重を預け切れている形でこの動作を取り入れると、
着地までの間が長くなりボールを縦に動かすことが出来るようになります。
利点が多い動作ですが、下半身の形が整っていないと制球難の原因にもなりえます。

3S9A0776

股間の両側に皺が入り、動作に溜めが作られます。
概ね良い形になっている印象を受けます。

3S9A0777

頭が後ろに残る形でステップの動作に入ります。
左脚が伸びて右脚が開きます。 
右股関節の内旋(内に捻る動き)がやや弱めです。
着地する際に右足の外側から入ると力が外に逃げてしまうので気を付けたいところです。

3S9A0778

グラブを右胸の下辺りで保持して最大加速期に入っています。
右手を置く位置が高いので右股関節を支点とした縦回転でのリリースになりにくいかもしれません。

3S9A0779

3S9A0780

左肩が捕手方向を向きます。

3S9A0781

左足の裏が上を向き骨盤が縦回転(前傾)しています。

3S9A0782

左膝が深く曲がる事で両股関節を寄ります。
力を捕手方向へ集約出来ています。

この連続写真だけだと詳細を伝えきれないので以下で補足します。

※書きかけ




N.KIZAWA

3S9A2441

3S9A2442

3S9A2443

3S9A2444

3S9A2445

3S9A2446

3S9A2447

3S9A2448

3S9A2449

3S9A2450

3S9A2451

3S9A2452

3S9A2453




瀬戸西純内野手(慶應義塾大学)

3S9A2541

令和二年度春季リーグ戦 全成績

5試合 打率.364(5位) 長打率.5417

24打席 4得点 8安打 二塁打2本 三塁打0本 本塁打1本 打点3

盗塁2 犠打0 四死球2 三振4 失策1

昨秋リーグ戦での打率が.226と奮わず打撃に課題を残している印象を受けましたが、
今季は打率.364をマークし、大学初ホームランまで記録しました。

試合数が少なく各データの母数が少ないシーズンになった為、
数字の信頼性に欠ける面もありますが、打席に立つ姿からギラギラしたものを感じましたし、
意識高く取り組んでいるような印象は受けました。

前捌きの打撃スタイルで早いカウントから難しい球を振ってしまう事があるので、
選球眼については強みが有るとは言い難いかもしれません。

NPBでいう所の京田陽太選手に近いタイプと言えそうです。


以下、東京大学戦で放ったホームランのスイング

3S9A7748

3S9A7749

3S9A7750

3S9A7751

3S9A7752

3S9A7753

3S9A7754

3S9A7755

3S9A7756

3S9A7757

3S9A7758

両脇腹の伸び縮みはそれほど使わず、顎と左肩を接近させて振り抜くようなスイングをします。

低めを積極的に振ってくる印象が有り、前に誘われた時は手首や腕の返しで対処していたりします。

上の世界(特にプロ野球)でやる事を見据えた場合に、
フリースインガー気味のコンタクトヒッターとしてやっていくのか、
それとも好球必打の打撃スタイルへと変えて行くのか、
このどちらのスタイルを追求する事になるのかに興味を惹かれます。

今季は攻守にアピールできていたと思うので、
来シーズンではドラフト候補としての地位を不動のものにしていただきたいですね。




関根智輝投手(慶應義塾大学)

3S9A8168

3S9A8169

3S9A8170

3S9A8171

3S9A8172

3S9A8173

3S9A8174

3S9A8175

3S9A8176

3S9A8177

3S9A8178

3S9A8179

3S9A8180

3S9A8181

3S9A8182

3S9A8183

大学2年の春季以来の復活登板を果たしました。最速150km/hを誇るオーソドックスな右腕です。
以下、先発した東京大学戦での印象。

リリースがワンテンポ遅いというのは着地~トップからリリースされるまでの間ですね。
一般的な投手よりもここの溜めが長かった気がします。

癖の無い投げ方ですが、体の使い方に硬さを感じるので柔軟性には課題が有りそうです。
(フォーム考察は後程やります)


令和二年度春季リーグ戦 全成績

 2試合 0勝1敗 9回1/3 打者38人 被安打 8 被本塁打 1 四死球 2 奪三振 13

失点 7 自責点 7 防御率6.75 球数139

奪三振率 12.535 K/BB 6.50 被打率 0.211 WHIP 1.070


0勝1敗、防御率6.75というところだけ見ると物足りなく感じますが、奪三振率12.535、K/BB6.50は非常に優秀な数字でWHIPも1.07と高水準です。

三振が取れて、三振に対する与四死球の数が少なく、出塁させたランナーの数が及第点以下という事なので本来であれば失点はもう少し防げていても良いはずです。

ピンチの場面での心構え、ギアの入れ替え等を詰める必要があるのかもしれません。

今季の東京六大学は空前絶後に近いレベルで投手のレベルが高かったので、
相対的な印象でやや見劣りしている感じを受けましたが、
数字面では優れている部分が多いので来月の秋季リーグ戦に向けて調整を続けて行って欲しいですね。




化け物共の宴






3S9A3020

3S9A3279

3S9A2965

法政大学の高田投手も154km/hをマークしたそうですね。8月13日に観戦した際には150km/hを超えるストレートを何球も続けて投げていて出力性能が高い事をアピールしておりました。
オールドタイプのピッチングフォームで投球しているので好みが分かれそうでは有りますが、順位縛り等が無ければドラフトでの指名を確実なものにしたかもしれませんね。

令和二年度春季リーグ戦 (8月16日現在)

成績 3試合 0勝0敗 10回1/3 打者45人 被安打 10 被本塁打 0 四死球 4 奪三振 11

失点 2 自責点 2 防御率1.74 球数170 

奪三振率 9.58 K/BB 2.75 被打率 0.222 WHIP 1.36

奪三振率に関しては優秀な数字を残しています。K/BBとWHIPに影響しているのは四球の数ですね。
来季の改善点はそこになりそうです。 投球フォームについての考察は後日やります。




RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード