立命館大学

坂本裕哉投手(立命館大学)

福岡大大濠 180cm 85kg 左投左打 大学通算成績(4年春季まで) 23試合 132回 11勝5敗 自責点34 防御率2.32

連続フォーム
3S9A1352

3S9A1354

3S9A1355

3S9A1356

3S9A1357

3S9A1358

3S9A1359

3S9A1360

3S9A1361

3S9A1362

3S9A1363

3S9A1364

3S9A1365

3S9A1366

3S9A1367

3S9A1368

3S9A1369

3S9A1370

ランナー無しの状態でもセットポジションより始動します。写真では伝わりにくいかもしれませんが軸足一本で立っている時の溜めが効いており、目線切り(右脚を引き込む際に視線を一塁方向へ切る事で前方への意識を薄めている)のテクニックも取り入れています。これらの動作によって体の突っ込みを抑えるような効果が発生していると思われます。

そこから右膝を概ね胸の高さまで抱え込み(下半身を大きく使う意識)、グラブと左手との分離を早いタイミングで行っています(左腕を早めに脱力させる準備)。 ワインドアップ期からヒップファースト期に入る辺りで臀部の左側を本塁側へ向ける様な動作を取り入れています。俗に言う「骨盤のかませ」ですが、大きい部位の関節を上手く使う事で再現性を高めつつ出力の無駄を省く意図を持つ動作です。これによって下半身を狭く鋭く回せるようになり、アクセル筋群を使う形でのステップ動作を実現出来ます。


ヒップファーストでは頭部が軸足の股関節上に残っており、重心を上手く溜める事が出来ています(突っ込みの抑制)。この際に左手でマウンドを触りに行くような意識で左の脇腹を収縮させると体軸に傾きをつける事が出来ますが、坂本投手の場合はステップ動作中に右肘を高く上げる事で体軸の傾きを作っています。

下半身に柔軟性は並程度に見えますがステップからランディングにかけては骨盤の開きを我慢出来ています(というよりは下半身が開きにくいタイプでしょうか)。坂本投手の投球動作で特徴的なのが上体と投球腕の使い方です。胸を上手く張れず上腕の捻りを使えていないが為にアーム投法的な左腕の使い方になっています。同じく立命館大学出身の東克樹投手(現DeNAベイスターズ)もアーム投法気味で腕を振っていたので似たタイプと言えるのかも知れません。

ステップ動作中に体軸の傾きを確保したものの、左脇腹を充分に収縮させたとは言えなかった為なのか上体が立った形でのリリースモーションになっています。打者寄りで球が離せず、低めへの制球が手先頼みになる懸念が有ります。球速が出る割に変化球で仕留める割合が多いのは、この辺りに理由があるような気がします。フィニッシュでは上体と投球腕をストライクゾーンに押し込むような形でボディターンしている事もありボールがバラつきません。上腕と肩甲骨はあまり上手く使えていませんが、その他の動きでカバーしているタイプと言えそうです。

ステップ幅を広く取っているのか、フィニッシュからフォロースルーにかけての右脚の伸展が弱いように見えます。ここで右股関節に上体が乗るようだとボールの勢いが打者の手元まで残ると思います。尻がそれほど落ちず真っすぐに踏み出すタイプで、上体のスイング幅が狭いのでドロップカーブやフォーク、スプリット系には向かない投げ方です。

クレバーでクールというよりは感情の入った投球をするタイプです。ドラフト直前の時期という事もあってか同じくドラフト候補の谷川刀麻、佐藤輝明(※3年生)との対戦では147km/h、148km/hのストレートをマーク。佐藤輝明からは高めのストレートで豪快に空振りを奪うシーンも有り、この日詰め掛けたプロスカウト達に良い印象を残したと思います。ドラフト前での最後の登板になる可能性が有ったので人生最大の意気込みで臨んだそうですが、それを見事に完封勝利で飾りました。やれる事は全てやりきったと言えそうです。(※翌日にチームが負けた為、翌々日の三戦目にも登板。9回2失点完投という内容でしたが味方の援護が得られず敗戦。このショックで指名漏れを覚悟しているような報道がされていました) 余談ですが試合後にファンからサインを求められている場面に遭遇しましたが目線を合わせた対応で応じており、人柄の良さを伺わせていました。

順位縛りが無ければ、ほぼ確実にドラフト指名される存在だと思います。加速期で肘が鋭角で出て来ない為、肘を痛める懸念が有りますが(東克樹投手に似た特性です)プロでの活躍を計算しやすいタイプなのでドラフト2位~4位辺りで名前を呼ばれるのではないでしょうか。ストレートの球速帯に比べて変化球の速度が130km/h弱に集中している点が引っかかりますが、そこさえクリアすれば早い段階から一軍戦力になるでしょう。※上位~中位級評価






直接対決

3S9A2061

3S9A1537

3S9A1414

3S9A1634

3S9A2164

3S9A0994

3S9A1838





唐突ですが関西学生野球連盟のドラフト候補対決を見て来ました。近畿大学の村西良太投手は春季も見ていますが立命館大学の坂本裕哉投手を見るのは今回が初めてでした。 どちらも現実的なドラフト候補という事もあって投手戦の展開になりましたが、9回を投げ切り無失点に抑えた坂本投手の勝利という形で幕を閉じました。どちらかと言うと坂本投手の方からより相手(とプロのスカウト)を意識しているような空気を感じましたが、試合後に報道された内容からしても気合の入った登板だったようですね。2020年度のドラフト1位候補として知られる佐藤輝明選手(近畿大学)との対決では特に力が入っており、ねじ伏せに行くような高めのストレートで空振りを奪うシーンもありました(佐藤選手との対決では自己最速のタイ148km/hもマークしました)。投球全般としては非常にテンポが良く、制圧するようなピッチングが出来ていたと思います。ほんのりですが西純矢投手(創志学園)が発しているものに近いような熱を持った投手に見えました。

一方、敗戦投手になった村西投手ですが最速147km/hをマークし、その能力の高さを伺う事は出来ました。左打者をズラリと並べて来た立命館打線に苦しめられました部分も有りましたが、ここ一番での粘りを見せる投球で中盤戦まで試合を作りました(唯一の失点は本塁打によるもの)。135km/h付近の球速で縦にストンと落ちる絶対的な球(挟んでいる様子があったのでフォーク系だと思われます)で空振りを誘えていましたし、左打者に対する組み立ての方にもこなれたものが有り140km/h台のストレートを使って上手くカウントを整えていました。球を前で離せない投げ方と言う事もあってか対角のコースに強いストレートを持ってこれてなかったように見えたのは気になりましたが、その他の持ち球には魅力があるので順位縛り等が無ければ中位付近で指名されると思われます。タイプ的に近い津森宥紀投手(東北福祉大学)との比較で言えば、ボールの切れと威力ではやや劣るものの、まとまりに関しては村西投手の方が上ではないかと感じます(村西投手も割と荒いんですけれども)。先発投手としては、ややテンポが悪く主導権を握りにくいような投球をしますがプロではリリーフ起用が予想されますので、そこまで気にする必要も無さそうです。次回の記事では坂本投手についての考察を書いたみたいと思います。






RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード