ドラフト会議

2019年東京ヤクルトスワローズ指名選手

3S9A4883
ドラフト2位 吉田大喜投手(日本体育大学)★★★★☆
合わせにくい投球フォームと外角低めへの制球力を強みとする実戦派右腕。
大学日本代表での活躍から評価が急上昇し今ドラフトでは13番目に名前を呼ばれた。
年間通して投げ抜く体力があるのなら新人王候補の一人。

3S9A0456
ドラフト3位 杉山晃基投手(創価大学)★★★☆☆
完成形として二桁勝利が見込めるような大型右腕。
ストレートの制球は安定しないがゾーン内で勝負出来る変化球を多数習得しているのは強み。
上から叩ける投球フォームへ行きつけるかどうかで成否が分かれる。
所属する東京新大学野球リーグでは連戦連勝を誇った。

杉山晃基投手(創価大学)
杉山晃基投手(創価大学)②

3S9A4712
ドラフト4位 大西広樹投手(大阪商業大学)★★★☆☆
ドラフト1位級という声もあったが実際には4位指名に落ち着いた。
横に狭く縦に広くボールを扱えるためストライクを取る事には苦労しない。
立ち投げ気味なので傾斜の緩い神宮球場のマウンドに合わなさそうな事が懸念材料。
ストレートを見せ球にして変化球で勝負したい。

大学球界の「西の大将」
 
大西広樹投手(大阪商業大学)







2019広島東洋カープ指名選手

3S9A2124
ドラフト1位 森下暢仁投手(明治大学) ★★★★
明治大学が輩出した投手としては川上憲伸以来の大物。
身体操作性の高さを感じさせる投球フォームと野茂英雄クラスの柔軟性を兼ね備えた本格派右腕。


3S9A0958
ドラフト2位 宇草孔基外野手(法政大学)★★☆☆☆
大学4年の春季シーズンでは4HRをマーク。俊足を生かして内野安打を量産するリードオフマン。
走り打ち気味という事もあり外角を強く叩けないが、引っ張り込めた時は柵越えをさせるパワーを兼備。
足を生かすか、強く叩くのかで将来像が分かれる。

3S9A0530
育成ドラフト3位 畝章真投手(香川オリーブガイナーズ※写真は名古屋商科大学時代) ★☆☆☆
上から叩けるサイドハンドで右打者の内角に変化球が使えるのは強み。
明確な特徴を生かして居場所を作りたい。







RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード