3S9A0059

3S9A0285

3S9A0064

高校時代は奈良大学付属高校の2番手投手。最速148km/hの本格派右腕で大学では3年秋より主戦格として台頭。大学4年の春季リーグ戦では4勝0敗の数字を残しチームを優勝に導く。続く全日本大学野球選手権では3度登板し準優勝に貢献。卒業後は日本製紙石巻で硬式野球を継続する。184cm 84kgと均整の取れた体格で顔が小さく見える。近くで見るとアスリート然とした迫力、風格を感じる投手。

投球フォーム
3S9A1183

3S9A1185

3S9A1186

3S9A1187

3S9A1188

3S9A1189

3S9A1190

3S9A1191

3S9A1192

3S9A1194

3S9A1195

高速モーションで打者を差し込む本格右腕

二塁方向への溜めを省いていきなり踏み込んでくる独特の投球フォームです。一般的な投球フォームであればヒップファーストの動作を設けて重心を二塁方向へと溜めるのですが、中山投手はフットファーストを採用しており軸足もあまり外旋させません。片脚支持→骨盤の咬ませ(軸足股関節の内転)→軸足内旋という流れで前へ前へと向かってきます。その為に始動からリリースまでの動作が速く、打者はタイミングを外されます。

ただ打者二巡、三巡目辺りからは徐々に慣れられ始め、球に力を乗せにくい投げ方という事も有り完投能力というところではやや物足りない面が有ります(全国レベルのチームと対戦する際は特に)。左腕でリードするような上体回転を行えていない為、リリースで肘が下がるのも気になるところで、全身運動で右腕を振って行くというよりは右半身の力で投げているタイプと言えそうです。試合を作って行く中で打者に慣れられた時の工夫というところが今後の課題になるのではないでしょうか。