新型コロナウイルス

享栄・上田洸太朗投手がプロ志望表明





184センチ、94キロの体格には、伸びしろがいっぱいに詰まっている。昨秋の近畿大会で準優勝し、センバツに出場予定だった大阪桐蔭を3月の練習試合で4安打完封。その試合で自己最速となる143キロをマークした。これで、スカウト陣の注目度は一気に増した。(中日スポーツより引用)

732A7220

732A7251

3S9A0210

3S9A0211

偉大なOBである近藤真市さん(現中日スカウト)をほうふつさせる左腕は「歴代のOBで、近藤さんは必ず名前が挙がる。プロで近藤さんを超える投手になりたい」と言い切った。甲子園の先にある夢に向かって、すぐに走りだすつもりだ。(中日スポーツより引用)

「安易に大物OBと比較するとか、読み応えの無い記事だなぁww」って軽く思ってしまったんですけれどもYouTubeで近藤真市さんのフォームを見た感じ、これは本当に似てますね(中日スポーツ様すいませんでした)。 



3S9A0202

3S9A0211

3S9A0212

去年の夏に上田投手が登板している試合を二度ほど観戦しておりまして、そのうちの一つが大成高校戦だったのですが、一昨年の夏に愛工大名電と互角に打ち合った大成高校の打線が文字通り"沈黙"する内容で(上田投手は途中で降板しましたが継投で5回を完全投球)、当時まだ2年生という事もあって「末恐ろしい投手だな」と思わされたりしました。


今まで見た投手の「誰に近いか」と言われたら高校2年当時の浜田達郎投手(愛工大名電→中日ドラゴンズ)だと思います。浜田投手と同じく、ガン表示以上の圧を感じる"鉄球ストレート"と試合を作れる実戦力を兼ね備えている本格派タイプのサウスポーです。

この日の試合は愛知大学野球の1部リーグのメイン会場として使用されているパロマ瑞穂球場で開催されたのですが、今まで見て来た数々の大学生投手と比較しても見劣りせず、「今投げても大学野球で勝てるのでは?」と思わされるような素晴らしいピッチングを見せてくれました。大阪桐蔭高校を抑えた事実にも納得させられるものがあります。

投球動作が粗削りなので、プロ側からそこをどう見られるのか?という感じになりそうですが、意識も高そうですし、最終学年でのパフォーマンスにも期待が持てそうです。ここまで注目されているようだと、仮に指名漏れしても愛知の大学には進学し無さそうなのが残念ですね(私情を挟んだ発言)。




夏の甲子園、中止説浮上


大学野球界隈の目線から見た場合に「高校でやりきれなかった分、大学でも続けてくれる選手が増えるかもしれない」という事を真っ先に思ってしまうのは、ある種の「性(サガ)」ですよね。

ただ、これを口にすると先日炎上した岡村某と変わらない気がするんですよね。それに近い発言をしている人を批難したいとか、そういう感情は全く無く、ただそう感じただけです。

"甲子園"についての個人的なスタンスとしては「何も言うつもりは無いし、何の感想も無い」というのが正直なところです。正の感情にしろ負の感情にしろ共感できるほどコミットしている訳じゃないので、そんな感じになりますね。

とりあえず、県大会は開催して欲しいですよね。無観客になる可能性が高いから観に行く事は出来ないでしょうけども、高3世代に知り合いの子も居ますし、彼らの集大成となるような場が準備される事に期待したいです。


・・というところで、この夏の注目選手を紹介。

「え?この子、2年生なの?」と昨年驚かされたのが豊田大谷の佐藤匠悟君。上半身と下半身をしっかり割き、伸張反射を利用してカッ飛ばす重量級のスラッガーです。体の中まで呼び込んで右腕で捉えるようなスイングをする事も有り、外角球の見極めにも優れています。"三河のデスパイネ"と呼んでも差し支えのない逸材でしょう。進学希望であるのなら大学野球でも活躍する事は必至です。

3S9A4118

3S9A4197

3S9A3750

投手も務める二刀流ですが、打者としての素質を感じます。 昨夏は県ベスト16まで進出し、四番兼右のエースとして活躍。最後は至学館高校を相手に敗北を喫しましたが(大会屈指のベストゲームでした)、その試合後に泣きながらキャッチボールをしていたのが印象的でした。 集大成の夏は本塁打をかっ飛ばして貰いたいですね。






中国地区大学野球連盟に集まる熱視線







加盟校の福山大学が5月上旬まで休校だか活動停止で参加できないので、残りの5校だけで試合を消化して行くそうです。個人的には賛成も反対も無いのですけどクラスター対策はどのぐらいしているんですかね?

中国地区大学野球連盟は地味なエリアと思われがちですが、秋の神宮大会に強い環太平洋大学を筆頭に、全国制覇の経験がある東亜大学、同一年度のにNPBへ二人の投手を送り出した岡山商科大学、二年前の選手権で8強入りした徳山大学等が名を連ねており実際には強豪エリアなんですよね。今年も140km/hを超す投手が目白押しのようなので新たな歴史に名を刻むのかもしれません。

中国地区が生んだ名選手達(見たことがある人のみ)

732A2022

732A1802

中熊大智捕手(徳山大学→西武ライオンズ育成ドラフト3位)
徳山大の全国8強入り(2018年春)に貢献した強肩捕手(2塁送球タイム1.8秒台)。プロ1年目の昨季はイースタンでもマスクを被れず。奮起に期待したい。



3S9A3598

3S9A3669

西山雅貴投手(環太平洋大→日立製作所) 
岡山理大付→環太平洋大学という純・岡山産の実戦派投手。全国経験豊富で昨春の選手権では最速142km/hをマーク。
今年からは岡山を離れ日立製作所でプレーする。吉備団子不足に注意。

3S9A3572

3S9A3545

高祖健輔捕手(環太平洋大学→トヨタ自動車)
2017年の明治神宮大会で環太平洋大学をベスト4に導いた立役者。 社会人に進んでからの主な実績は「クーニンTVで佐竹にダメ出しをされた事」。







やんのかい!


全日本大学野球連盟は2日、都内で臨時常務理事会を開催。選手権の新しい日程を、8月12日開幕、20日決勝と決めた。全試合、神宮球場で行う。東京五輪延期を受け、8月に同球場の使用が可能となった。

内藤雅之常務理事は「26連盟に対して、決定の通知をします。各連盟は、6月を目指してリーグ戦の日程をつくっていたと思うが、今後は余裕を持って、可能ならリーグ戦をずらし、5月、6月に開催変更が可能になったということです」と説明した。ほぼ全ての大学連盟が今春リーグ戦の開幕を延期しており、6月の選手権に間に合うのは厳しい状況だった。

内藤常務理事は「各地方の大学は、4年生は春で引退する選手が非常に多い。それから就職活動する。春が最後。そういう4年生に対し、少しでも希望が持てることをということで、大会を中止するのではなく、延期にしました」とも説明した。(日刊スポーツより引用)


もし開催されたら夏の甲子園とダダ被りの日程になるみたいですね。
大学選手権は元々日程キツキツだし、夏の甲子園以上の投手酷使が起こりそうだけど果たして…

2016年の優勝シーンより
732A1295

732A1303

732A1304

732A1305

732A1306

決勝はこの年しか見たことないんですよね(吉川尚輝がチラっと写っています)。
最近は、この地方(愛知・東海)がベスト4以上まで残るのは稀ですしね。





大学野球、春季リーグの状況※4月1日現在


無観客開催→千葉県、首都、愛知、関西六、阪神

3月27日開幕→九州地区南部(沖縄地区予選)
4月4日開幕→中国地区
4月11日開幕→千葉県、東海地区、四国地区、九州六、福岡六、九州地区北部
4月18日開幕→仙台六、東京新、神奈川、北陸、関西学生
4月24日開幕→近畿学生
4月25日開幕→北海道学生、北東北、南東北、関甲新、首都、愛知、関西六、京滋
4月27日以降に延期→東都
5月4日開幕→阪神
5月19日開幕→札幌学生
5月中旬→東京六
未定→広島六

まだこれから変更が色々あると思うので、ここの情報は鵜呑みにしないでくださいね。
個人的には今季の観戦はパスしようかなと思っています。状況次第でしょうけど。

それにしても九州地区南部がすでに開幕していたとは…(笑)
公式Webサイトを見てみたら本当に行われているし。


調べてみたら、沖縄ではまだ9件しかコロナ事案は発生してないみたいですね(公には)
沖縄県公式Webサイトより





関西学生野球連盟、4月18日に開幕延期


無観客での開催になるのかは不明ですね。

関西学生野球連盟と言えば佐藤輝明選手(近畿大学 4年)が注目されていますが、
ここに来て急浮上しているのが高野脩汰投手(関西大学 4年)です。

※noteに高野投手についての分析記事を書きました。





高校~大学カテゴリーの20傑(と言っても日刊スポーツの独断でしょうけど)に入ってるんですね。
ちよっとびっくりです。


ストレートにスライダーを織り交ぜ、緩急も使って来る本格派タイプの左腕です。緩急を使うのが上手く、緩い球で前に誘うシーンが多くみられます。
最近はフォークボールに磨きをかけているそうなので、今年は一味違った投球を見せてくれるかもしれませんね。

3S9A0833

3S9A0847





札幌大学野球連盟(1部リーグ)は1戦総当たりの5試合制に

札幌大学野球連盟のスケジュールが出ました。

本日、臨時常任理事会を開催し、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、春季リーグ戦は一戦総当たり5試合制(従来は二戦総当たり10試合制)とし、開幕を一部:5月19日(火)札幌ドーム、 二部:5月25日(月)または27日(水)札幌麻生球場、 三部:5月16日(土)各大学Gとします。開会式は行いません。各リーグ戦の日程・球場の詳細は、4月5日(日)の臨時常任理事会で決定します。 課外活動再開の時期がGW明けになる大学もあり、練習不足によるケガの防止のために開幕を遅らせ、5月中に全日本選手権大会の出場校を決定するために5試合制になりました。 (現在HPに掲載の各リーグの日程等は、4月5日以降に訂正します)

無観客かどうかは明記されていませんね。 

キャプチャ

昨秋の順位表 
1位 東海大学札幌  
2位 星槎道都大学    
3位 札幌大学     
4位 北海学園大学   
5位 北翔大学     
6位 札幌大谷大学   

昨秋のリーグ戦を制した東海大学北海道は東京農業大学北海道オホーツク(北海道大学野球連盟)との代表決定戦で勝利し明治神宮大会へ出場。

明治神宮大会では1回戦で大阪商業大学(関西第二代表)を2-0で下し、続く二回戦では慶応大学に0-9で敗戦しています。全国に出れば何かしら爪痕を残すチームが多く、レベルの高い地区だと思います。

個人に目を向けますと、今年は赤尾光祐左翼手(東海大学札幌 4年)が現実的なドラフト候補ですね。

3S9A4253

3S9A4296

赤尾 光祐(東海大札幌キャンパス)


昨秋の明治神宮大会では大西広樹投手(現ヤクルトスワローズ)橋本侑樹投手(現中日ドラゴンズ)からタイムリーヒットを放ち、勝負強さを見せつけました。
大学の先輩でもある今川優馬選手(JFE東日本)に匹敵する逸材とも言われており、最終学年での活躍に注目が集まります。



大学リーグ通算成績
54試合 
打率.243 打数164 安打40 二塁打5 三塁打0 本塁打11 打点33
三振52 四死球29 盗塁1 出塁率.358 長打率 .476

受賞歴
2017年春 新人賞
2018年秋 ベストナイン

54試合で11本塁打という数字はNPBのフルシーズン換算(144試合計算)で約29本塁打となり長打力に関しては申し分ありません。通算打率は.243ですが四死球数が多いため出塁率は.358を記録しています。193打席で四死球29というのも高めの数字だと思います。

大学1年の春季から主軸として起用され、打率.300を超したのは二度だけですのでコンタクト能力には課題が有りそうです。三振数52はちょっと印象が悪いですね(三振率は約.270です)。右のパワーヒッターを補強ポイントとしている球団向けの選手ですね。



札幌大学野球連盟の注目選手一覧

河村説人投手
(星槎道都大学 4年)
白樺学園 192cm 86kg 右投右打※大学日本代表候補

岩木優友投手 (札幌大学 4年)
帯広三条 180cm 75kg 右投右打

菊池雄介投手(北翔大学 3年)
札幌大谷 184cm 94kg 右投右打

吉田玲央投手(北海学園大学 4年)
札幌光星187cm 88kg 右投右打

赤尾光祐左翼手(東海大学札幌 4年)
東海大相模 181cm92kg ※大学日本代表候補

天満宥太郎中堅手(東海大学札幌 4年)
東海大札幌180cm 76kg





RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード