八戸学院大学

武岡大聖内野手(八戸学院大学)

3S9A5245

3S9A5247

3S9A5729



武岡 大聖(八戸学院大)|ドラフト・レポート

※プロ志望届提出

178cm93kg 生光学園 右投げ左打ち 一塁手

大学野球選手権で一試合2本塁打を放って一躍有名に。ヤクルトスワローズの武岡龍世選手は実弟。




中道佑哉投手(八戸学院大学)投球フォーム①

3S9A7329

3S9A7638

中道佑哉投手 八戸学院大学※プロ志望届提出

4年生 八戸学院野辺地西高校 180cm 70kg ビジネス学部ビジネス学科

連続写真による投球フォーム

3S9A7246

3S9A7247

3S9A7249

3S9A7250

3S9A7251

3S9A7252

3S9A7253

3S9A7254

3S9A7255

3S9A7256

3S9A7258

3S9A7259

3S9A7260

3S9A7261

所感

ノーワインドアップから始動。腰を折るような形から体重移動するので、お尻の動き(骨盤の回旋距離)は然程大きくありません。

並進動作中における軸脚(左脚)の膝折れが早期に起こる事も有り、右股関節の内旋(くの字ステップ)を使う事によって右足の着地を粘ります。

軸脚の内折れが早期に起こる理由としては、グラブを捕手方向(もしくは一塁~本塁間)へ突き出している時間が短く、
右腕の巻取り(右腕を体に引き寄せる動作です)が早く起こる為に並進動作が短くなるからだと思います。

プロ野球で言うと山崎福也投手(オリックス・バファローズ)がそんな感じの投げ方です。

着地からトップにかけては骨盤が正面を向く形で左手が頭の後ろに入ります。これによって骨盤→上体→腕に大きな捻りが加わり距離を取る形になります。
その動作によって140km/h台の快速球を生み出しているのだと思われます。

右脚(右の股関節)にインステップを起こすような癖があるので、右打者の外側に良いボールを投げられるのが特徴です。

左の股関節の使い方が上手く、左脚を右脚に被せるようにして蹴り上げるので対角にも良いボールが行きます。

自分の体の中にある正の要素は利用、負の要素はカバーできているような投げ方になっていると思います。 

横回転フォームに分類されるタイプという事も有ってか(リリースする際にグラブを保持している位置が高いですよね)、フライアウトでは無くゴロで打ち取る事が多い投手です。

特徴がはっきりしている分、プロスカウトからの評価はそれなりに得られるような気がします。






大道温貴投手(八戸学院大学)のビフォーアフター

3S9A6503

9月5日 対青森大学戦 9回完封勝利。
被安打5、奪三振7、四球2という内容でしたが、
特筆したいのは27のアウトカウントの内、5つをファールフライで取った事です。

このブログにも書いた事が有りますが、ストレートが切れてる時の投手は一塁、三塁側でのファールフライをたくさん取るそうなんですよね。 

ガン表示では146km/hが最速だったそうですが体幹的には150km/h級でしたね。


昨年比で投げ方が更に良くなっているような気がします。ご精査ください。

3S9A5513

3S9A5491

3S9A5589

体重移動の仕方が抜群に良くなっていませんか?
佐々木朗希投手や山岡泰輔投手のような飛びの美しさですよね。

3S9A1366

3S9A6045

↑のフェーズは以前の形も良かったと思うのですが、今季は更に良くなっていると思います。
(東京ドームで撮影した写真が去年のもので屋外で撮影した写真が今年のものです)
「仙骨までが背骨、寛骨までが脚」と言った形の動作になっていますよね。
バックステップが効いている分、左足の裏(スパイクの刃)がより広く見えるようになっています。

3S9A1155

3S9A5671
リリースのモーションは完璧じゃないでしょうか。 
NPBでも滅多に見られない形ですよね。
両膝がほとんど曲がっておらず、左胸と左の太腿がくっつきそうになっています。

以前は左膝が折れて地面反力を効果的に使えていなかったのですが今季は左膝の角度が180度に近い形になっています。
(両膝の角度を足して360度に近い形がベストだそうです)
スピードガン表示よりも圧を感じる球が多い所以ではないでしょうか。

最近のアマ球界は最速155km/hを記録する投手が珍しくなくなりましたが、
投げ方を含めた将来性ではそれらの投手上回っているように感じます。

メンタリティ的にもプロ向きだと思いますし、上の世界で活躍している姿を描きやすいタイプの投手です。






中道佑哉投手(八戸学院大学)、ノーヒットノーラン達成





3S9A8096

3S9A8098

3S9A8118

ついにノーヒットノーラン達成試合を観戦できました!!!

(2020年9月5日~6日にかけて岩手県の一戸野球場に行って来ました)

それなりに野球観戦してきたのに実は一度も見たことなかったんですよね~
ついでにいうと7回までノーヒットノーランやってる事に気づきませんでしたw
(4回無死からのショートのエラーが内野安打だと思ってたのです)

ノーヒットノーランそのものも凄いのですが、外野に二回しか打球が飛んでおらず、
その二回のどちらともが9回裏の打球で、更に言うと野手がギリギリ落下点に入れた当たりだったんですよね。



このぐらい野手の奮闘が無ければ達成する事が難しい大記録なんだろうなと改めて実感させられました。
外野手だけでなく三遊間も難しい当たりを捌いていましたし、バックに助けられた面もありました。

とはいえ投手本人に自力が無ければ達成する事は出来ないわけで、
奪三振10、内野ゴロ13という形で締めくくったノーヒットノーランには値千金の価値があったと思います。

プレッシャーと疲れのピークとなった9回裏以外は外野まで打球が飛ばなかった訳ですし、
三振、もしくは内野ゴロで切り抜けたい場面で起用する投手としては最適の人材に思えます。
このピッチングでプロ入りへ一歩前進したのではないでしょうか。

今シーズンは2試合に登板し計14イニングスで被1安打という驚異の投球を見せていますし、
残りのリーグ戦での活躍にも注目したいです。

スカウトの人達はちゃんと観に来てくださいね(笑)




大道温貴投手(八戸学院大学)のピッチングフォーム③

大道温貴投手の関連記事




安倍昌彦さんによるウェブ記事



今回はテイクバック編です。

3S9A1141
これは捕手方向へ体重を移動していくフェイズです。

3S9A1142
この辺りから正にテイクバックと呼ばれる動作になると思うのですが、

3S9A1142
この時に上体が進行方向とは逆に捻られます。
三塁側から見て左肩が前、右肩が後ろという状態になっていますよね。

3S9A1142
上体で隠すような形で右腕を引き上げています。

3S9A1142.jpgh
テイクバックの話なので右腕にフォーカスを当てますが、 
この時、右腕には内に捻る動きが加えられます。
 
上腕については内旋、前腕については回内という動きが起きているのですが、
この「回内」が大道投手のテイクバックにおけるポイントだと思います。

3S9A1142.jpgf
回内によって何が起こるのかと言うと、鎖骨と肩甲骨が連動し腕がスムーズに上がるようになります。
右肩の上に引いた矢印は肩甲骨を開くような動きを表しています(外転と呼ばれる動きです)。

3S9A1159
体の右側正面を通って前腕が引き上げられていますが、前腕は体の正面から上げた方がスムーズに動きます。 

①体の正面から上げる②脇腹に沿うように上げる③背中に入れてから上げる 

この三つを試しにやってみて欲しいのですが、
ほとんどの人が①の動作で前腕がスムーズに上がるのではないでしょうか。

進行方向とは逆向きに上体が捻られているからこそ、実現するテイクバックです。
(上体が捻られていなかったら打者からテイクバックが見えてしまいます)

3S9A1154
右腕が起こし上げられてトップのフェイズに入ります。
右手とボールは頭の後ろに隠れています。

3S9A1154
テイクバックに入ってからは一貫して右の前腕が内に捻られていますが、
トップに入ってもからも同じです。

3S9A1388①
ネット裏から見た加速期のフェイズです。
ここからリリースにかけては右の前腕が外に捻られます(回外という動きです)。 
この外に捻る動きの予備動作が回内なのです。 実際にやってみてもらえるとわかると思うのですが、
回内させてから回外させるのと、回内していない状態から回外させるのとでは捻りの深さが変わってきます。

kainaikaigai01
3S9A1388
加速期で前腕を回外させるメリット①
→ボールの出所が見にくくなる。


3S9A1388②
加速期で前腕を回外させるメリット②
→肘角度が90度以下になり、インサイドアウトのような形で腕が振れるようになる。

故障予防に繋がりますし、掌が正面を向く時間が短くなるので抜け球が減ったりします。

写真よりも動画で見てもらった方が分かりやすいと思います。
トップからリリースにかけてをスロー再生で編集してありますので確認してみてください。

・・・という感じです。
小さなテイクバックというと浅尾拓也さんや大谷翔平投手のイメージがあるかと思いますが、
それらの方達と大道投手とではタイプが異なっています。
大道投手の腕の使い方はより実戦的なので大きな武器になるはずです。

大道投手のフォームに関してはまだまだ語り足りないので、今後も執筆して行きます。




大道温貴投手(八戸学院大学)のピッチングフォーム②

前回の記事


3S9A1021
この形がめちゃめちゃ×100、素晴らしいです。
股間の両側に皺が入り股関節を曲げた形で骨盤から上が前傾出来ています。
この形であればステップ動作が安定し、スムーズに重心移動させる事が出来ます。

右脚で右手を隠しているのもポイントです。
打者からボールが見えないので合わされにくくなります。

3S9A1021②
片脚支持の際に働いていた「マウンドを真下に押すような力」を水平方向へ変換します(右脚についた斜めの矢印)。
この際に右脚に体重がかかって動作に溜めを作れているので、左脚を内側に向ける力が働きます。
上体の動きとしては左腕が内に捻られて、グラブの小指側が真上を向きます(体の開きを押さえる動き)。

3S9A1021④
上体が前傾する事で、頭が一塁方向へ流れにくくなるので、この先の動作で体幹を使いやすくなります。

3S9A1021③
・・・と言った感じの動きが色々働くことによって、
左半身には捕手方向へ進もうとするような力、
右半身にはプレート側へ残ろうとするような力が働きます。



この動画の15秒のところから見ていただくとわかりやすいと思います。
右半身は止まっているように見えるのに左半身だけが大きく動いていきます。


3S9A1022③
片脚立位以降のフェーズで作った「マウンドを押すような力」が解放され、右脚もステップ動作へと移ります。
右脚に示した矢印は俗に言う「地面反力」です。
右の股関節に体重を預けながら飛べているのでパワーロスもしていません。

3S9A1022
右膝が内に入る事で右半身も本塁側へと向かい出しますが、
このままの勢いで捕手方向に進んでしまうと上体の動きが間に合いません。
左脚を内に捻る事で左足の着地を遅らせつつ、
左肩を内に捻りながら胸椎(上体)を右に捻る事でステップの動作に間を設けます。

3S9A1022②
右半身の側部に沿ってコンパクトなテイクバックで右手を引き上げるので、
ボールが隠れながらトップへ向かいます。

3S9A1023

加速期のフェーズです(トップのフェーズが抜けているので後日補足します)。

強い胸の張りによって骨盤の前傾を引き出せている為、軸脚の三関節(股関節、膝、足首)も伸びております。
この際に右腕が後ろに取り残されたような状態になっており、「しなった下敷き」のような形を作れています。

これによって全身の力を使ったリリースが実現できるため、
スピードガン表示以上の印象を与えるストレートを投げる事が出来ます。

3S9A1024
上体を左の股関節へ預けるような形で倒しこんでいますが、左膝が深く曲がっています。

3S9A1025
上体の倒しこみが深く、左の股関節を支点とした形でボディターンを出来ているように見えます。

3S9A1026
ここから左膝が張られて全身が伸びあがるような形になります。
右足の裏も真上を向きます。

3S9A1027
一度沈み込んでから、伸びあがる感じになるので、ここで動作にブレーキがかかります。


大道投手のピッチングフォームについては語りたいことがたくさんあるので、まだまだ続きます。
(今回の記事は勢いで書いたので後程加筆修正します)。






大道温貴投手(八戸学院大学)のピッチングフォーム①

3S9A1104
ワインドアップモーションからの始動です。

3S9A1009
ワインドアップモーションなので両腕が高く上がり、両脚が交差します。

3S9A1012

3S9A1013

3S9A1014
目線を斜め前方に切る事で動作の微調整をしています(捕手方向への移動が早くならないような意識だと思います)。

3S9A1015
頭の位置が右足の母指球上に(概ね)位置しています。

3S9A1016
左脚を上げ、片脚立位(右脚一本で立つ動作)に入ります。左脚が上がるほどに右脚に体重がかかります。舌を出していますが、これに何かの意図があるのかまではわかりません(笑)

3S9A1017
左膝がセンター方向を指すように内側に入ります。 単にバランスを取っているだけではなく重心移動を強める為の形が作れていると思います(荻野忠寛さんが述べられている"骨盤の割れ"と言われる形です※)

3S9A1018
左膝が高く上がります。その分、右脚により多くの体重がかかるようになり、そのエネルギーによって「マウンドを真下に押すような力」が働きます。

3S9A1019
右脚の腰辺りでのハンズセパレーション(両手の分離)。軸脚側(右脚側)に頭と上体を寄せてから踏み出して行く動作が合っているタイプの投手だと思われます。

3S9A1020
俗に言うヒップファーストの動作です。上体が前傾し右脚に体重が乗ります。

3S9A1020②
右の股間に深く皺が入り、右のお尻が一塁側に突き出るような形になります。右の股関節と頭部がほぼ垂直で結べるような位置関係になります。

ここから先の動作は次の記事に執筆いたします。






RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード