平成26年度 大学野球

赤松幸輔捕手(名古屋商科大学→香川オリーブガイナーズ→オリックスバファローズ)

732A0040

732A0103

愛知の打者では近年で一番の威圧感を放っていたと思います。(脛当てにドクロのマーク入ってるし)
グラウンドの外で遭遇したことがあるのですが、物凄くデカかったですね。
まさかオリックスに入団するだなんて。何が起こるかわからないものです。

オリックス育成2位赤松が仮契約 宇和島闘牛魂だ(日刊スポーツ)
【オリックス】育成2位・赤松、年俸250万円で仮契約 憧れは城島健司(スポーツ報知) 
オリ育成D2・赤松、キャッチボール&ティー打撃で始動一番乗り!(SANSPO)
オリックスが育成指名した赤松捕手www(みじかめっ!なんJ)

荒いスイングの飛ばし屋に見られそうな体格をしていますが、大学時代は空振りを取れないコンタクトタイプという印象が強く、
ストレート、変化球を問わず早いカウントからきっちり合わせていました。
ボールゾーンに逃げていく外スラもレフト方向へ持って行くぐらいに打球がセンターからレフト方向へ集中していましたが、
香川オリーブガイナーズ入り後は逆方向への打球も増えたようです。
 
ちなみに大学時代は北出浩喜投手(愛工大→パナソニック)や七原優介投手(名古屋大→トヨタ自動車)らからもタイムリーをかっ飛ばしております。
(※余談ですが、大学4年時の秋季リーグでのvs七原は特に記憶に残っているマッチアップでした。赤松捕手のミート力を逆手取られるような配球で
一試合を通じて無安打に封じ込められたのですが、その二、三打席目辺りの打席で七原投手が投じたインサイド低めへの一球がえげつない
球威のストレートだった為、スタンドからはどよめきが起こり打席内の赤松捕手が度肝を抜かれたような表情を見せた、というシーンがあったりしました。)

大学時代は指名打者で出場する事も多く、捕手としての能力はあまり買われていないという話も聞きますが、
打てる捕手として支配下選手登録を勝ち取って欲しいです。
一応、私はオリックスファンなのでナゴヤ球場等へ足を運んでプロ入り後の赤松捕手のプレーをチェックしてみようと思っています。

田中正義投手(創価大学)

関西大学戦(明治神宮大会)※タイブレークからのリリーフ登板
732A1080


732A1118
これがF4単焦点レンズの限界(JPEG時)

「いやいや、それはないでしょう(笑)」とでも言わんばかりの表情で、捕手からの要求に対して首を振る姿が印象的でした。
どのようなサインが出ていたのかは謎ですが、10球中9球がストレートの真っ向勝負。圧巻の投球を見せてくれました。

寺嶋寛大捕手(創価大→千葉ロッテ)
732A0762
なんとなく松岡翔馬捕手(愛工大→パナソニック)と特徴が被りますね。

名経大Wエース

以前に何度か取り上げたこともある、
名古屋経済大学の眞野聖也投手と中尾輝投手が愛知大学野球リーグの隠し球として注目されているそうです。

眞野聖也投手(2年 八幡商業)
732A1259

732A1260


732A1098

732A1146
スリークォーターより更に下の位置から出てくる腕の振りから、切れの良いストレートとスライダーを繰り出し、
左右のコースに投げ分けられるタイプ(だったように記憶しています)。
やや横型寄りのフォームで、体が正面を向いてから腕が出てくるような投げ方で発展途上と言った感じを受けます。
フォームに間やスペース、連動した捻りが作れるようになったら更に良くなるのでは。
それでも最速140km/h超との事で伸びしろは充分の逸材。

中尾輝投手(2年 杜若)
732A1323

732A1337

732A9816
オーバーハンドの本格派左腕。
左右の違いはありますが、千賀滉大の高校時代を彷彿させるような腕の振りを使って投球します。

両投手とも素材を買われての評価だと思われますが、
3部降格の危機にあったチームから注目されるような投手が現れるあたりが愛知2部リーグの面白さ。
メディアに登場してないところでは名産大の長田投手、愛工大の木村投手なんかも今後の可能性を感じさせる逸材だと思います。

眞野、中尾投手の他にも↓の誌面で愛知や東海圏の注目選手が紹介されています。

ダブルソードスタイル

打者としての七原投手。
今後はしばらく見る機会が無さそうなので・・
732A1102


732A1614

732A1615

732A1138

両膝を使ったスタンスの中心に腰を落とし、左脚を大きく上げて始動。スイングはレベル型。
バットを伸ばしきったところで球を捉え、フォロースルーで飛ばす。と言った感じの打撃スタイル。
勝負強い打撃で自ら打点を稼ぎ出すシーンもよく目にしました。
センターから左への打球が多かったような気がします。
またいつか、打席に入る姿をお目にかかれる時が来るのでしょうか。 

宮野峻捕手(愛知学院大学)

732A4069

732A0560


732A0396
※クリック、タップで画像が大きくなります。

神主スタイルだからという事もありますがバットが体に巻きつくようなフォロースルーを含めて、
左方向へ飛ばす時のスイングがどことなく平田良介(中日)に似ている気がする宮野峻捕手(3年 星稜)。
中部学院大の齋藤投手、日福大の西川投手を攻略した昨秋の広角打法は覚醒を思わせるものがありました。
昨春二冠王の林選手や神宮で四番打者を務めた高橋選手など、
スラッガータイプの打者が多いチームなだけに来年度は全国屈指の強力打線を形成するかもしれません。

下級生から活躍していた中部大の神鳥選手や名商大の池尻選手が最終学年を迎えることもあり、
来年度の愛知大学リーグはパワーヒッターが百花繚乱状態です。
ド派手なホームラン合戦が見られるかもしれませんね。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード