その他

指導ライセンス導入案


スポーツ庁の鈴木大地長官(51)が16日、横浜市内で開かれた全日本大学野球連盟の監督会で講演を行った。  「大学スポーツ指導者の役割と大学スポーツの未来」と題し、昨今のパワハラ問題を取り上げ、「指導するための勉強、研修が必要な流れになる」と指導者ライセンスの導入案に言及。他競技で将来有望な高校生が海外の大学に進学するケースを踏まえ、「大学スポーツの魅力を出していかないと、日本の大学を素通りすることがますます起こりうる」と語った。  3月に設立する「大学スポーツ協会」(UNIVAS=ユニバス)についても説明。



昨年末から大学スポーツの商業化に向けた動きが始まるみたいでして、その流れの一環なのか指導ラインセスの導入が検討されているみたいですね。間違いなく良い事ではあると思うのですが、ライセンスの交付や更新に関するハードルは一体どの程度のものになるのでしょうか。 僕が観戦しているとある地方の大学野球リーグなんかでも指導者に関する良くない噂を耳にする事があるのですが、学生野球だと他校に移籍する事の難易度が高すぎるので、指導者が変わらない限り部員は泣き寝入りするしかないんですよね。昨夏に出版されて物議を醸した「甲子園という病(氏原英明著)」という書籍というの中でも(これは高校野球に関する書籍ですが)「元プロだからって指導が上手いとは限らない」という項目がありましたが、大学野球界を見ていると、上手いとは限らないどころか「指導の上手い元プロって存在するのかな??」と思わされてしまう事が多々あります。かつては絶対王者だったのに一気に弱体化したチームやトレンドと乖離するような技術指導受けているようなチームを率いているのが元プロ野球選手だったりします。こういった事例が後を絶たないようだと競技の衰退に繋がっていきますよね。スポーツ庁が直々に動いている訳ですし、それなりに危機感は感じているのでしょう。選手にとってより良い環境というのを常に追求して行って欲しいです。現行の野球界は大人の都合の為に回っているように見えるので。



 


ストップザタイム





3S9A0914

3S9A0910

3S9A0812
モデルは清家秀太投手(豊野高校)です

 

学生野球を見ていて思う事







日大アメフト部のラフプレーが社会問題になっていますが、これって事件を起こした当事者だけの問題じゃないと思うんですよね。僕は大学生の野球を見る事が多いのですが、ベンチからプレー中の選手に罵声を浴びせている指導者というのは一向に減る気配がありません。そういうチームが快進撃を起こして秀でた結果を出しているのを見た記憶が無いのですが気のせいでしょうか。「四球を出すな」「エラーをするな」みたいな精神論を試合中に振りかざす指導者も居ますが、そんなのは練習の段階で潰しておくべきことで今ここでそれについて発言している自分の指導力を恥じるべきだと思うんですよね。そういうことを言う指導者の人が四球を出さない為のピッチングワークや投球メカニクスを選手に語れるだけの知識を持っていると思えないし、その精神論がまかり通るなら采配ミスをした時には選手に謝罪しないといけなくないですか?年長者が絶対という価値観を切り崩し選手と共に歩んでいける指導者はレア人材なので喚き散らしてるだけの指導者より結果が出やすいと思うんですけど、どうでしょうか?文頭のネタと論点がズレてしまった気がしますが、学生スポーツにおける指導者と選手の関係性にも変化が出てきて欲しいなと常々思っています。




告知

野球に全く関係ありませんが、noteにてG1レースの競馬予想を公開しています。
今年の高松宮記念から始めましたが、本命馬の複勝率と1着率はそれぞれ10割と5割、単複以外の予想的中率も7割5分と絶好調です(正し馬券の買い方が悪すぎて本人の回収率は100%未満です…)。

無料で公開しておりますので、良かったら参考にしてみてください。予想が外れたからと言ってなんの責任も取りませんけど(笑)

ラスノート | note←デスノートにかけたつもりのタイトル


ボールよ止まれ

C73A5809
最近インパクト(球がバットに当たってる瞬間)の撮影にも飽きてきたし今年はこれの練習でもしようかしら…
マウンド~ホームベース間の何処かに置きピンしてワンショットで仕留める撮影法なんですけど0.1秒を切る世界の話になるみたいです。
しかし、一体何しに球場へ行ってるんだか…
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ