平成27年度大学野球

啓蒙活動

【2部3部入れ替え戦】愛知学泉大学-名古屋経済大学(2014-11-09)

二年半前の入れ替え戦ですが、まさかこの中からNPBプレーヤーが二人も出てくるとか当時は1mmも頭によぎりませんでした。

この試合では中尾輝投手(ヤクルトスワローズ)安江嘉純投手(千葉ロッテマリーンズ)の対決が実現していた訳ですが、この二人だけでは無くて片山武士(矢場とんブースターズ)と平澤寛太も登板していたんですよね。
愛知の2部3部リーグは他連盟における実質的な3部4部リーグにあたる事になるのですが(2部リーグが12チームで構成されている為)、そのレベルの中から上の世界でやっていけるような選手が次々現れるのは全国広しと言えど愛知だけではないでしょうか。

この他にも中尾輝vs嶽野雄貴(西濃運輸)嶽野雄貴vs夏目旭(ジェイプロジェクト)なんかの対戦も各々がドラフト候補として注目される前から実現していました。
当時と比較しても2部リーグ全体のレベルが上がっており、今後ますますこういった対戦が増加していくような気がします。
現状、観客が多いカテゴリーとは言えず今後もこの状況が続くとは思いますが、今春のリーグ戦の中にも恐らく後々まで語り継がれるような対戦カードが眠っているはずです。
「見ないと損!」なのかどうかまではわかりませんが、僕個人としてはこれまで以上に楽しみです。


プレイバック2015② 秋季2部3部リーグ入れ替え戦

C73A3055

C73A3027


C73A3135


C73A3167


732A5585


732A5539


C73A3052

732A5654


昨秋の入れ替え戦で敗れ3部降格となった名古屋大学ですが、
2部で戦ってきた6シーズンというのはある意味では神宮出場と同じぐらい価値のあるものだったのではないでしょうか。
流石に今回は分が悪いだろう、というような相手との対戦でも予想を超えるような結果を残し、
内容的にもワクワクさせられるような試合をたくさん見させてもらいました。
昨秋は主戦力の4年生達が進路の関係であまり練習ができなかった為に結果がでなかったという事みたいですが、
(ほとんどの4年生が秋季リーグまでチームに残るのは下部リーグでは名大ぐらいだと思います)
2部残留に向けて一丸となり、主導権を握られた状況でも最後まで食い下がるような意地を感じる試合が多かったように思います。

2部リーグの強豪相手に渡り合ってきた経験豊富な選手達が昨季でごっそり抜けてしまったので、
新チームは1からのスタートという形になるかもしれませんが、旧チームに負けないような「ネバーギブアップ」な試合を見せてくれる事を期待しています。


【秋季2部3部入れ替え戦】名古屋大学-愛知学泉大学(flickr)

EOS 7DmarkⅡ

C73A1448

C73A1362


C73A1431


C73A1500

C73A1478

C73A1401


C73A1457

C73A1350

C73A1418


C73A1409


何時ぞやに載せたドラフト候補生対決の画像を再編集。
この日の撮影は7DmarkⅡで行ったのですけれども、このカメラでの撮影はフルサイズ機(5DmarkⅢ)に比べるとシビアです。
APS-C機はピントが甘いとノイジーな仕上がりになってしまうので見る人が見ればすぐにわかっちゃうんです。
ここ最近は時間があったので7DmarkⅡの購入直後に撮影した写真をいくつか見返してみたのですが、正直見れたものじゃないですね(苦笑)
同時期に導入した大砲レンズと一脚の使い方に戸惑って取り回しに苦労したというのもあるんですけど、
等倍で見るとピントが甘い写真ばかりで死にたくなります。

このカメラはスポーツ撮影に特化したモデルなので連写スピードとレスポンスが速いんですけど、
逆に言えば一発撮りする時のタイミングが合わせ難かったりします。僕は無駄なシャッターを切るのが嫌いなので、
バッティングを撮る時なんかは打者がスイングしそうにないカウントではほぼシャッターを切りません。
年に数十試合撮ってると、打者の気配でスイングするかどうかを感じれとれるようになるんですよね。
あと投手のリリースシーン(この記事の上から7枚目みたいなの)も基本的には連写を使わず一発で撮ります。

カメラってオタクがやってる軟弱な趣味のイメージがありますけど、
野球の撮影は大体一試合2時間から3時間で、その間ずっと集中しながら大砲レンズを振り回してると、
それなりに疲れるし割とハードです。それに加えて良いシーンを残せるかどうかっていうのも
連写撮影してその中から偶然撮れていたものをピックアップするというようなものではなく、
きちんとタイミングを測って狙い通りのシーンを撮ることが大事だと思うのです。
そういう意味では野球に通ずるようなスポーツ的な要素があるのかもしれないなと思ったりします。
バッティングは自分が打つように撮り、ピッチングは自分がリリースするタイミングで撮る。
まぁ、こういうものは人に教わったりするようなものでもなく、自分でコツを掴む事が大事でしょうね。

ちなみにピクチャースタイルはニュートラルで、シャープネスを+4、コントラストを+1、色の濃さを+1としています。
これは結構大事で色の出方に差が出ます。日照条件とかでも若干変わってく来たりしますが。
そして、AFはAIサーボで領域拡大。以前はシャッタースピード優先で撮っていたのですが、
今は絞り優先です。野球の場合はシャッタースピードは1600出てれば充分じゃないかと思います。
これも使用するレンズなどによっても条件が変わってきますが。

とにかくカメラは高い機材を揃えても技術と知識が無いとダメです。
僕もまだカメラの力を全然引き出せていないと思うので、
上級者の方達に笑われないような写真が撮れるように頑張ろうと思います。

アイデンティティ

C73A0017

C73A9684


C73A9687


七原優介投手や嶽野雄貴投手にも投げ勝った事のある技巧派左腕の太田和仁投手(愛知東邦大)
見送ってもストライクゾーンに決まる曲がり落ちる変化球が武器。

ちょっと独り言。
「何を得たかではなくどのように求めたか」
とある本を読んでいる時に出てきた言葉ですが、
僕がこのブログを通して伝えたいのは正にそれなのかなという気がしています。
写真や言葉で人に何かを思わすというのは簡単な事ではないですが、
選手の数だけ「求め方」があると思うので、その瞬間をもっと良い形で残して行けたらなぁ、と思います。
(夜中に書いているので意味不明ですいません。)

ベストホームランアワード2015

732A6579
愛知大学 安藤優作外野手(3年 大垣日大)

732A6514

732A6515

732A6519


732A6523


2015年シーズンの中で最も印象に残った本塁打は、東海・北陸・愛知三連盟王座決定戦の決勝で愛知大学の安藤選手が放ったアーチ。
右腕の押し込みを効かせた一発で物凄い打球音を響かせながら長良川球場の最上段に突き刺さりました。

安藤選手はプロアマ交流戦でも中日ドラゴンズの二軍を相手に猛打賞を記録しており、
幅の広い打撃ができる器用なスラッガーです。大学ラストイヤーでの更なる飛躍に期待。

プレイバック2015① 春季入れ替え戦

732A1147

732A1169

732A1165


732A1195


732A1133

732A1307

732A1176


シーズンオフの間に未掲載のままだった試合を振り返って行こうと思います。

【春季1部2部入れ替え戦】日本福祉大学-東海学園大学(2015-05-30)


春季の1、2部の入れ替え戦は日本福祉大の連勝という結果に終わりましたが、
第一戦目は日福大のエース西川投手を責め立てた東学大ナインの奮闘が光る内容の試合になりました。
正攻法で打ち崩すのは厳しいと見立てたのか、フルカウントまで粘って四球をもぎ取る攻撃を徹底してきた東学大打線が序盤に先制して
試合の主導権を握りました。東学大打線の中で目立っていたのが1年生の山口陸選手。
指名打者で起用され、序盤の2打席で1四球1タイムリーの活躍を見せました。
 
その後は日福大・西川投手が持ち直し、打線も東学大・竹中投手を攻略し逆転。
試合終盤に訪れた二死満塁、打者・石川智樹という一打逆転の場面も西川投手に軍配が上がり、
日福大が1点差のリードを守って終了、といった感じの投手戦になりました。
序盤に四球とヒットで出塁を許した山口陸選手を、その後はあっさり2三振に押さえ込んだ辺りに西川投手の凄みを感じましたが、
試合全般として見ると、1部下位と2部上位との間にある力量差というのは2014年度程では無いなとも思いました。
東学大としては概ねプラン通りの試合運びが出来ていたのではないかなという気がしますが、
1部昇格を目指すにあたっては打撃面での迫力不足が長年の課題となっている気がします。

そして、東学大の主将兼主砲としてチームを引っ張ってきた、石川智樹選手がこの入れ替え戦を最後に引退。
呼び込んだ球を真芯で捉えに行く印象的な打撃スタイルの素晴らしいバッターでした。

池尻直矢内野手(名古屋商科大学)

732A2254②

732A2424

3年生時に春季リーグで10試合7本塁打をマーク。
赤松幸輔捕手(名商大→香川OG→オリックス)との強力コンビは2部リーグでは突出したものがありました。
基本的にはポイントゲッターだと思うのですが、チャンスメイカーとしての打撃もできるタイプ。
重量感のある中軸打者にしては進塁意識が高く、積極的に足技を見せてきます。
卒業後はパナソニックで硬式野球継続。かつて2部リーグ1位校プレーオフで対決した北出浩喜投手らとチームメイトに。

愛知大学野球連盟の下部リーグから豪腕タイプの投手が次々出てくる事に関するエトセトラ

浅尾拓也(日本福祉大→中日ドラゴンズ)を輩出した後も絶える事無く、愛知大学野球連盟の下部リーグから出現する雑草系豪腕投手。
この地方に馴染みのない方からは「東都と同じで愛知は下部もレベルが高いからプロに行ける投手が出てこれる」というような発言を目にしたりもしますが、
自分の考えはそれとは少しだけ異なります。
それ程長い期間、愛知の大学野球を見てきた訳ではありませんが、愛知大学野球連盟の1部と2部にはそれなりの差を感じます。

では、なぜ下部リーグからプロで通用する投手やドラフト候補生が次から次に出てくるのか。
それは恐らく、1部と2部との間に明確なレベル差があり、それぞれの野球の質が異なっている事が大きな要因を締めていると思います。
1部リーグで活躍し、その勢いを持ってプロへ進む投手(社会人経由を含む)は、
プロの世界ではどちらかというと先発投手として起用されているタイプが多く(石川歩、浦野博司など)、
2部リーグからプロへ進んだ投手はセットアッパーとして起用されているタイプが多い(浅尾拓也、田島慎二、祖父江大輔など)という傾向があります。
これを逆説的に考えると、1部リーグは先発投手に必要な総合力、合わせ難さや試合中の修正力を問われる特性があり、
2部リーグは球の力でねじ伏せるような本格派の投手を輩出しやすい特性があるという事になるのではないでしょうか。
良くも悪くも、2部リーグはピッチングに幅が無い投手でもストレートが図抜けていれば登板の機会が得られやすく、
実戦の中で球の力を磨いて行きやすい環境にあるような気がします。

2014年度春季リーグの1部2部の入れ替え戦では、当時ドラフト候補生として全国的な知名度を誇り、
2部リーグ屈指の本格派右腕だった北出浩喜投手(当時は愛工大に所属)が、1部リーグ最下位の中京大学に打ち込まれてノックアウトされました。
こういう話が出ると、「今までは2部リーグだから通用しただけで、上のカテゴリー、ましてはプロでは通用しない」という見方をされそうですが、
上記の通り、2部のドラフト候補生投手というのは基本的にピッチングの幅を買われているというよりは、
球の力自体を評価されている訳で、一試合中に同じ打者を複数回抑える力を評価されている訳ではありません。
愛知のトップカテゴリーの大学生打者達はリーグ選抜という形式でならプロ二軍の投手を初見で打ち崩すぐらいの力を持っており、
3順目4順目まで抑えるとなると、ある程度のピッチングの幅を要求されます。
(ちなみに、その後の北出投手は進路先のパナソニックで活躍し2016年のドラフト上位候補と言われております)

なぜそのような打者達を抑えている1部リーグからドラフト候補生投手があまり産まれないのかという話になりますが、
1部リーグは何処も大所帯で戦力が分散し、実力が拮抗しています。
(愛知のチームが選手権でコンスタントに勝てなかったり秋の神宮枠を逃す事が増えた理由もここに起因するのでは)
高校時代に実績のある投手が多い為にチーム内の争いも激しく、公式戦で投げられる投手は一握り。
その出番を得るためにはプロで通用するような特徴的な武器を磨くというよりは、
投手としての総合力を磨かざるを得なく、どちらかというとアマ気質な好投手として完成されてしまうからではないかという気がしています。
稀に荒削りな豪腕タイプの投手が1部リーグでチャンスを与えられる場面を目にしますが、
多くの場合は結果を出し続けられずに出番が減って行きます。
余程突出した逸材でない限り、1部リーグに居ながらにしては
プロで通用するようなストロングポイントを磨きにくいという事なのではないでしょうか。

事実として、1部リーグの主戦投手は左腕や変則派が多く、
球の力というよりはどちらかと言えば、打ち難さを問われているような気がします。
昨年度ドラフト候補生としてプロから注目されていた西川昇吾投手や中川誠也投手もそう言った類の投手だと認識していますし、
(西川投手は時折パワー寄りの投球も見せますが)それらを踏まえると、これらの仮説が全て誤認とも言えない部分はあると思っています。
(1部リーグの本格派は下級生時から酷使された事が理由で最終学年にトップパフォーマンスを発揮できないパターンも多々あるような気もしますが)

長々と書きましたが、愛知の大学野球をちょこちょこ見ている立場からの考察は以上になります。
今後、リーグ全体の特性に変化が出てきたりして、色々な事情が変わってくる事もあると思いますが、
これからも後世に語り継いで行きたくなるような素晴らしいプレーヤーが
愛知の大学野球界から続々と登場してくれる事に期待しています。


この流れで2部リーグの隠れた大器?を紹介(昨秋までは3部リーグに所属)
平澤貫太投手(愛知学泉大学2年)

C73A3043

C73A3044


C73A3036

投げている所をほとんど見たことが無いので詳細はあまりわかりませんが、
打者寄りのリリースでこれだけ打点が高く、尚且左足をプレートに残せる柔軟性は希少ではないかと思います。
打者にやや背中を向ける感じから横回転を加えた後、上体を縦に倒すフィニッシュの仕方など、
近鉄時代の野茂英雄と類似点がいくつかあるような気がします。
リリース時に膝が割れてるのが少し気になるので、野茂のように膝をくの字に曲げて食い込ますような着地をマスターすると更に良くなるのかな?
新年度の飛躍に期待。

あらゆるものから何かを学び取ろうとする姿勢を持ち続ける限り、年老いることはそれほどの苦痛ではない

C73A2323

732A2313

732A2407

732A2205


732A2356

732A2440

732A2421


今更ですが、昨秋の2部6位校プレーオフのフォトアルバムが完成しました。

 2部6位校【プレーオフ】名古屋大学-名古屋商科大学(flickr)

自分に出来る範囲内で何かを残せていけたら、という思いでこのブログを始めましたが、
色々中途半端になってしまって、もどかしさを感じるばかりです。
私生活との折り合いで大した事はできませんが、本年もよろしくお願いいたします。

トレジャーオブナカツガワ

732A5760

C73A5525

732A9883

732A9837

732A9840

732A9854

732A9857

732A9874


吉川尚輝遊撃手(3年 中京)
大学日本代表候補の合宿で猛アピールしても、代表本メンバーにはなぜか選ばれない吉川選手ですが、
ついにドラフト1位候補とまで言われるようになってきました。
来年度は日本大学の京田、トヨタ自動車の源田、東京ガスの中山とプロでレギュラーを狙える遊撃手が目白押しのドラフト戦線。
ライバル達を押しのけて、いの一番に名前が呼ばれるのか?最終学年のパフォーマンスに要注目です。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ