宮城竹千代 を含む記事

フォアザチーム

3S9A1119
昨秋よりエース格に抜擢された1年生右腕・浅井大輔投手(新城東作手高校卒)
マウンドに立たない時は守備から戻る仲間を先頭で出迎え、3部降格が決まった直後は誰よりも責任を感じていました。

3S9A0847

3S9A1223

3S9A1231



ここ最近の傾向なのか、チームの中心選手が率先してモチベーターを買って出るシーンをちょくちょく見るようになりました。
宮城竹千代投手(朝日大)がその第一人者に挙がりますが、一昨年の愛知学院大で主戦格を務めた渡邊裕紀投手(エディオン)も献身的にチームをまとめ上げていました。
こういうマインドを持った若い世代が増えていくようだと世の中も少しは良くなるのかもしれませんね。


3S9A0038

3S9A0041

3S9A0166
180cm76kgの体格を生かした球の角度で押していく投手です。
メカニクス内における特徴的な個所はグラブを突き出した後の左腕の使い方で、左肘を高く上げる事で体軸に右肩下がりの傾斜を作っています。
その状態から左肘を真下に振り下ろす事で縦の反発力を産み出し、球に角度を付けています。(中日ドラゴンズの伊藤準規投手もこれと同じメカニクスを採用しています)
胸部の張りが上手く使えているのも強みの一つです。

3S9A0293
「任された以上は最後まで自分が投げ抜く」という強い気持ちを持って試合に臨んでいるタイプでもあります。絶対的なエースになってチームを牽引して行って欲しいですね。

竹千代君

732A9896


732A9866

732A9811

3S9A9994

3S9A9906

732A0114

"ネタ応援"と"主戦投手"の二刀流プレーヤーはもしかしたら前例が無いかもしれません。「竹千代君が公式戦で投げた」という情報を最初に聞いた時の衝撃は中々のものでした。
Twitter上での人気と知名度はドラフト候補選手に匹敵する程でしたし、IoT時代ならではのスタープレーヤーだったのかもしれませんね。
最上級生になって先発投手を任されるようになっても、以前と変わらぬスタイルで応援をし続けた姿は文句なしにカッコよかったですね。
今後は学校の先生を目指されるそうですが、こんな先生の従業を受けられる子供たちが羨ましいですね。
(ちなみに投手・宮城竹千代は柔軟性に富んだ技巧派のサイドハンドでした。)
【宮城竹千代投手(朝日大学)flickr】




宮城竹千代投手(朝日大学)

732A9811

732A981②

732A9814

732A9866

732A9823




とある朝日大の野球部員による応援パフォーマンスが話題になっています。
全身タイツの男、リコーダーを吹く男、アコギをかき鳴らす男、
これらは全て同一人物(宮城竹千代投手)で、三味線やタンバリンも応援に取り入れています。
昨年度の愛知東海北陸三連盟王座決定戦で披露した「朝日大サンバ」は既に局地的な知名度がありますが、
そこから約一年の間で応援スタイルに幅が出てきたようです(笑)

こういう「ネタ応援」に関しては、賛否両論の部分があるかもしれませんが、
人を笑わせる為にここまで出来るのは素晴らしい特技だと思います。
朝日大の躍進次第では神宮でも、このパフォーマンスを見られる日が来るのかもしれません。
Twitterで検索すると動画もたくさん出てくるので気になった方は探してみてください。

余談ですが、名商大が愛知の1部リーグに在籍していた頃にもネタ応援の名手と言える部員が居ました。
彼との対決が三連盟王座辺りで実現していたら伝説の一戦になっていたでしょうね。
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ