渡邊 を含む記事

全日本クラブ選手権愛知予選(2017年度)を振り返る

3S9A5567

3S9A5598

3S9A5659

732A5916

2017年度の観戦ゲームではトップ3に入るぐらいの名勝負でした。 エディオンの先発は渡邊裕紀投手(野洲→愛知学院大)。序盤に3ランを浴び、その後も毎回のようにランナーを溜める苦しい投球となりましたが驚異的な粘りを見せて追加点を許しません。その渡邊投手の好投に応えるようにエディオン打線が反撃、竹下哲史選手(元中日ドラゴンズ)によるレフトポール際への3ランホームランが飛び出し土壇場(8回裏)での逆転に成功。しかし、フェアかファールかの際どい当たりだった為に矢場とんブースターズの片貝監督が猛抗議。結局判定は覆りませんでしたが、全国大会行きがかかった一発勝負の熾烈さを伺わせる一幕となりました。その一発が試合の決め手となりエディオンが5-3のスコアで勝利し、東海大会行きの切符を掴み取りました。

私は普段大学野球をメインに見ていて、社会人野球に関しては知っている選手がプレーしている姿を観に行ってるだけというスタンスなのですが、この一戦を観ることが出来たおかげで各クラブチームの全国大会へ賭ける思いの強さを感じ取る事が出来ました。企業チームに比べてもクラブチームは選手個々の流動性が高く、プレーを見られる機会は一期一会に近い部分もあります。アマ球界の中でも注目度は高いとは言えないカテゴリーだと思いますが、熱量は自体はけして低くは無いので一度観戦されてみると新たな発見があるのかもしれません。


------------------------

話が変わりますが、エディオン公式サイトの試合レポートがなかなか辛辣です。

愛知県会長杯 vs 三菱重工名古屋
>投打ともに大人と子供くらいの差が出た試合でした。
>きつい言い方かもしれないが、もう少し頭を使った攻撃をしないと、いつまでも同じ 状態を繰り返す事になるのが心配である。


都市対抗愛知予選 vs.矢場とんブースターズ
>まるで「蛇に睨まれたカエル」の状態である

全日本クラブ選手権東海代表戦 vs.岐阜硬式野球部
>打線は相手投手陣から10安打で3失点を奪ったが、相変わらずの詰めの甘さが目立った。
>少なくとも、追加で2点は奪える内容であったと見えました。



今年こそは西武ドーム(全国大会)行きを決めて、歓喜のレポートを読める事に期待しております…(笑)


フォアザチーム

3S9A1119
昨秋よりエース格に抜擢された1年生右腕・浅井大輔投手(新城東作手高校卒)
マウンドに立たない時は守備から戻る仲間を先頭で出迎え、3部降格が決まった直後は誰よりも責任を感じていました。

3S9A0847

3S9A1223

3S9A1231



ここ最近の傾向なのか、チームの中心選手が率先してモチベーターを買って出るシーンをちょくちょく見るようになりました。
宮城竹千代投手(朝日大)がその第一人者に挙がりますが、一昨年の愛知学院大で主戦格を務めた渡邊裕紀投手(エディオン)も献身的にチームをまとめ上げていました。
こういうマインドを持った若い世代が増えていくようだと世の中も少しは良くなるのかもしれませんね。


3S9A0038

3S9A0041

3S9A0166
180cm76kgの体格を生かした球の角度で押していく投手です。
メカニクス内における特徴的な個所はグラブを突き出した後の左腕の使い方で、左肘を高く上げる事で体軸に右肩下がりの傾斜を作っています。
その状態から左肘を真下に振り下ろす事で縦の反発力を産み出し、球に角度を付けています。(中日ドラゴンズの伊藤準規投手もこれと同じメカニクスを採用しています)
胸部の張りが上手く使えているのも強みの一つです。

3S9A0293
「任された以上は最後まで自分が投げ抜く」という強い気持ちを持って試合に臨んでいるタイプでもあります。絶対的なエースになってチームを牽引して行って欲しいですね。

第42回全日本クラブ選手権1次予選

732A5956

3S9A5541

3S9A5553

3S9A5699

3S9A5794

全日本クラブ選手権出場を賭けた第一ラウンドはエディオンが勝利。 宿敵・矢場とんブースターズを接戦の末に下して二次予選進出を決めました。
エディオンの先発は昨年まで愛知学院大でプレーしていた渡邊裕紀投手。 11安打を浴びながらも要所を締める投球で9回完投3失点で勝利投手に。
2部へ降格した愛知学院大を最短で1部に復帰させた立役者の一人だけあって精神力の強さを感じさせる投球内容でした。
全国大会への切符を賭けた二次予選は6月25日(日)に岡崎市民球場にて開催予定です。

ドクターゼロ

732A9919

732A9992


732A0347


732A0346


732A0348


732A0356

渡邊裕紀投手(4年 野洲)
西日本短大付属の森尾和貴(知ってる人は初老)もびっくりの5試合連続完封をマークし、愛知学院大のBリーグ1位通過に大きく貢献しました。
低めに球を集めて凡打の山を築く技巧派スタイルですが、ここ一番では吠えながら投げる事もあり1部復帰にかける意気込みを感じます。
プレーオフ初戦では東海学園大の竹中大智投手とのサイドハンド対決が濃厚ですがどちらに軍配が上がるのでしょうか?

中京大学-名城大学@名城大グラウンド(5/17)その①

ようやく1部リーグの試合を観に行けました。
2部には2部の良さがあり1部には1部の良さがありますね。

名城大ナイン

大久保和哉投手(1年 愛知黎明)
高校二年の秋に愛工大名電を完封してその名を轟かせた本格派右腕。
三年の夏にはチームを県大会決勝戦まで導きました。
以下3枚
732A2215_1

732A2289

732A2291

吉浦大樹外野手(1年 名古屋国際)
松井聖(東邦→中部大)らの並み居る大物を押しのけて新人王当確級の活躍を見せるスーパールーキー。
以下3枚
732A2559

732A2204

732A2356_1

近藤弘基外野手(4年 享栄)
近藤真市氏の息子さんです。今年から主将を務めています。
以下3枚
732A2491_1

732A2567

732A2480_1

高木祥宏外野手(1年 東邦)
これまたルーキー。
『170発打線』という触れ込みで愛知の球児達を震撼させた2013年度の東邦高校で5番を打っていた選手。
以下2枚
732A2523_1_2

732A2530

杉本力也外野手(3年 享栄)
高校時代は県内ナンバーワン左腕と言われていた程の投手でした。
大学1年の新人戦では最優秀選手に選出されています。
以下2枚
732A2545

732A2548

佐々木貴之投手(2年 四日市工業)
732A2342

名倉峻投手(4年 川越)
名商大の角岡投手に似たようなフォロースルーで、豪快に投げ込んでくる右腕。
732A2403_2_1

東龍也投手(1年 東邦)
これこれまたまたルーキー。
去年の東邦からはいきなり起用されている選手がたくさんいますね。
732A2499_1

渡邊敬登投手(4年 刈谷北)
732A2508_1

名城大には、この他にも森田将行、河野清太郎、加藤滉也、浅田将太ら実績のある投手が多数おり、
他校が羨むような投手層の厚さですね。

------------------------

732A2423

732A2393_1
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード