渡邊 を含む記事

独断と偏見で選ぶ愛知のイケメンプレイヤー三傑(大学生)


732A0198

3S9A3572
初祖晋太郎投手(中京大中京→中京大学 4年)

同じ中京大中京高校出身の粕谷太基投手、上野翔太郎投手(現三菱日立パワーシステムズ)、沢井廉選手らを思い起こしてみても「中京大中京顔」って確実にあると思うんです。初祖投手もそこに含まれる一人ではないでしょうか。私学四強の中でも中京大中京の選手だけは毛色が違う感じってしません?("裕福な家庭で育って来ました""もっと偏差値高いけど野球の為に中京を選びました"みたいなエピソードが顔に書いてありそうな感じと言うか)そんな初祖投手には「ミスター中京2020※大学の部」の称号を進呈したいと思います。そして大学ラストシーズンではキャリアハイの投球を見せて欲しいです。

732A9878

732A9752
佐藤良明投手(享栄→愛知学院大学 3年) 

これまた愛知学院大学にも「愛知学院顔」っていうのが存在していると思うのですが、佐藤投手は正しくそこに含まれるような選手と言えるような気がします。「愛知学院顔」の特徴は"野球をやってる割りに色が白い""薄顔"の二点になるのですが、顔だけではなく"脚のラインがスマート"というのも重要なポイントです。源田壮亮選手(現西武ライオンズ)、渡邊裕紀投手(2016年度のエース)、宝島史貴内野手(現王子製紙) 、高木俊希選手等によってその印象が受け継がれてきたのですが、佐藤投手はこれらのポイントを高水準でクリアしており、愛知学院大学硬式野球部の伝統と栄誉を背負って立てるような存在と言えるでしょう。入学以降、チームの降格危機を幾度となく救っており、ルックスだけではなく実力面でも太鼓判を押せるような選手です。

3S9A3798

3S9A5936
立石蓮内野手(九州国際大付属→日本福祉大学 4年) 

アイラインを引いているのかと思うぐらい目元の印象が強く、顔立ちからも"九州男児"としての風格が感じられるような選手です。入学直後から試合に起用されている実力派なのですが、一塁手であるにも関わらずトップバッターを務めるという変わり種としての一面も持ち合わせております。打球を捉えた時に口が大きく開いてしまうという特殊な癖を持っているのは、ここだけの話。ちなみに「日福大顔」とい言えるような共通する特徴は存在していないと思うのですが(俺調べ)。知る人ぞ知るOB・葛西優宏選手(軟式社会人の小林クリエイトでプレー中※変態的な守備力の捕手です)は何気に浅尾拓也さん(日福大のレジェンド)に似てるような気がします。





全日本クラブ選手権愛知予選(2017年度)を振り返る

3S9A5567

3S9A5598

3S9A5659

732A5916

2017年度の観戦ゲームではトップ3に入るぐらいの名勝負でした。 エディオンの先発は渡邊裕紀投手(野洲→愛知学院大)。序盤に3ランを浴び、その後も毎回のようにランナーを溜める苦しい投球となりましたが驚異的な粘りを見せて追加点を許しません。その渡邊投手の好投に応えるようにエディオン打線が反撃、竹下哲史選手(元中日ドラゴンズ)によるレフトポール際への3ランホームランが飛び出し土壇場(8回裏)での逆転に成功。しかし、フェアかファールかの際どい当たりだった為に矢場とんブースターズの片貝監督が猛抗議。結局判定は覆りませんでしたが、全国大会行きがかかった一発勝負の熾烈さを伺わせる一幕となりました。その一発が試合の決め手となりエディオンが5-3のスコアで勝利し、東海大会行きの切符を掴み取りました。

私は普段大学野球をメインに見ていて、社会人野球に関しては知っている選手がプレーしている姿を観に行ってるだけというスタンスなのですが、この一戦を観ることが出来たおかげで各クラブチームの全国大会へ賭ける思いの強さを感じ取る事が出来ました。企業チームに比べてもクラブチームは選手個々の流動性が高く、プレーを見られる機会は一期一会に近い部分もあります。アマ球界の中でも注目度は高いとは言えないカテゴリーだと思いますが、熱量は自体はけして低くは無いので一度観戦されてみると新たな発見があるのかもしれません。


------------------------

話が変わりますが、エディオン公式サイトの試合レポートがなかなか辛辣です。

愛知県会長杯 vs 三菱重工名古屋
>投打ともに大人と子供くらいの差が出た試合でした。
>きつい言い方かもしれないが、もう少し頭を使った攻撃をしないと、いつまでも同じ 状態を繰り返す事になるのが心配である。


都市対抗愛知予選 vs.矢場とんブースターズ
>まるで「蛇に睨まれたカエル」の状態である

全日本クラブ選手権東海代表戦 vs.岐阜硬式野球部
>打線は相手投手陣から10安打で3失点を奪ったが、相変わらずの詰めの甘さが目立った。
>少なくとも、追加で2点は奪える内容であったと見えました。



今年こそは西武ドーム(全国大会)行きを決めて、歓喜のレポートを読める事に期待しております…(笑)


フォアザチーム

3S9A1119
昨秋よりエース格に抜擢された1年生右腕・浅井大輔投手(新城東作手高校卒)
マウンドに立たない時は守備から戻る仲間を先頭で出迎え、3部降格が決まった直後は誰よりも責任を感じていました。

3S9A0847

3S9A1223

3S9A1231



ここ最近の傾向なのか、チームの中心選手が率先してモチベーターを買って出るシーンをちょくちょく見るようになりました。
宮城竹千代投手(朝日大)がその第一人者に挙がりますが、一昨年の愛知学院大で主戦格を務めた渡邊裕紀投手(エディオン)も献身的にチームをまとめ上げていました。
こういうマインドを持った若い世代が増えていくようだと世の中も少しは良くなるのかもしれませんね。


3S9A0038

3S9A0041

3S9A0166
180cm76kgの体格を生かした球の角度で押していく投手です。
メカニクス内における特徴的な個所はグラブを突き出した後の左腕の使い方で、左肘を高く上げる事で体軸に右肩下がりの傾斜を作っています。
その状態から左肘を真下に振り下ろす事で縦の反発力を産み出し、球に角度を付けています。(中日ドラゴンズの伊藤準規投手もこれと同じメカニクスを採用しています)
胸部の張りが上手く使えているのも強みの一つです。

3S9A0293
「任された以上は最後まで自分が投げ抜く」という強い気持ちを持って試合に臨んでいるタイプでもあります。絶対的なエースになってチームを牽引して行って欲しいですね。

第42回全日本クラブ選手権1次予選

732A5956

3S9A5541

3S9A5553

3S9A5699

3S9A5794

全日本クラブ選手権出場を賭けた第一ラウンドはエディオンが勝利。 宿敵・矢場とんブースターズを接戦の末に下して二次予選進出を決めました。
エディオンの先発は昨年まで愛知学院大でプレーしていた渡邊裕紀投手。 11安打を浴びながらも要所を締める投球で9回完投3失点で勝利投手に。
2部へ降格した愛知学院大を最短で1部に復帰させた立役者の一人だけあって精神力の強さを感じさせる投球内容でした。
全国大会への切符を賭けた二次予選は6月25日(日)に岡崎市民球場にて開催予定です。

ドクターゼロ

732A9919

732A9992


732A0347


732A0346


732A0348


732A0356

渡邊裕紀投手(4年 野洲)
西日本短大付属の森尾和貴(知ってる人は初老)もびっくりの5試合連続完封をマークし、愛知学院大のBリーグ1位通過に大きく貢献しました。
低めに球を集めて凡打の山を築く技巧派スタイルですが、ここ一番では吠えながら投げる事もあり1部復帰にかける意気込みを感じます。
プレーオフ初戦では東海学園大の竹中大智投手とのサイドハンド対決が濃厚ですがどちらに軍配が上がるのでしょうか?

RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード