ドラフト会議

こうのりゅうき

河野竜生投手(JFE西日本→日本ハムファイターズ ドラフト1位) の投球動作について書きました。
無料で全文見れるのでお時間があれば目を通してみてください(過去にここでも書いてますけれども)。



「こうの」だか「かわの」だか読み方がわかりにくい苗字ですけど、
なんなら名前も「りゅうき」って読むのだと思っていました。「りゅうせい」なんですね。

3S9A0525

3S9A0438

3S9A0697


去年の春頃まではベースマンのオリジナルグローブを使っていたのに、気づいたらミズノに変わってましたね。ドラフト候補あるあるネタ。







2019年東京ヤクルトスワローズ指名選手

3S9A4883
ドラフト2位 吉田大喜投手(日本体育大学)★★★★☆
合わせにくい投球フォームと外角低めへの制球力を強みとする実戦派右腕。
大学日本代表での活躍から評価が急上昇し今ドラフトでは13番目に名前を呼ばれた。
年間通して投げ抜く体力があるのなら新人王候補の一人。

3S9A0456
ドラフト3位 杉山晃基投手(創価大学)★★★☆☆
完成形として二桁勝利が見込めるような大型右腕。
ストレートの制球は安定しないがゾーン内で勝負出来る変化球を多数習得しているのは強み。
上から叩ける投球フォームへ行きつけるかどうかで成否が分かれる。
所属する東京新大学野球リーグでは連戦連勝を誇った。

杉山晃基投手(創価大学)
杉山晃基投手(創価大学)②

3S9A4712
ドラフト4位 大西広樹投手(大阪商業大学)★★★☆☆
ドラフト1位級という声もあったが実際には4位指名に落ち着いた。
横に狭く縦に広くボールを扱えるためストライクを取る事には苦労しない。
立ち投げ気味なので傾斜の緩い神宮球場のマウンドに合わなさそうな事が懸念材料。
ストレートを見せ球にして変化球で勝負したい。

大学球界の「西の大将」
 
大西広樹投手(大阪商業大学)







直接対決

3S9A2061

3S9A1537

3S9A1414

3S9A1634

3S9A2164

3S9A0994

3S9A1838





唐突ですが関西学生野球連盟のドラフト候補対決を見て来ました。近畿大学の村西良太投手は春季も見ていますが立命館大学の坂本裕哉投手を見るのは今回が初めてでした。 どちらも現実的なドラフト候補という事もあって投手戦の展開になりましたが、9回を投げ切り無失点に抑えた坂本投手の勝利という形で幕を閉じました。どちらかと言うと坂本投手の方からより相手(とプロのスカウト)を意識しているような空気を感じましたが、試合後に報道された内容からしても気合の入った登板だったようですね。2020年度のドラフト1位候補として知られる佐藤輝明選手(近畿大学)との対決では特に力が入っており、ねじ伏せに行くような高めのストレートで空振りを奪うシーンもありました(佐藤選手との対決では自己最速のタイ148km/hもマークしました)。投球全般としては非常にテンポが良く、制圧するようなピッチングが出来ていたと思います。ほんのりですが西純矢投手(創志学園)が発しているものに近いような熱を持った投手に見えました。

一方、敗戦投手になった村西投手ですが最速147km/hをマークし、その能力の高さを伺う事は出来ました。左打者をズラリと並べて来た立命館打線に苦しめられました部分も有りましたが、ここ一番での粘りを見せる投球で中盤戦まで試合を作りました(唯一の失点は本塁打によるもの)。135km/h付近の球速で縦にストンと落ちる絶対的な球(挟んでいる様子があったのでフォーク系だと思われます)で空振りを誘えていましたし、左打者に対する組み立ての方にもこなれたものが有り140km/h台のストレートを使って上手くカウントを整えていました。球を前で離せない投げ方と言う事もあってか対角のコースに強いストレートを持ってこれてなかったように見えたのは気になりましたが、その他の持ち球には魅力があるので順位縛り等が無ければ中位付近で指名されると思われます。タイプ的に近い津森宥紀投手(東北福祉大学)との比較で言えば、ボールの切れと威力ではやや劣るものの、まとまりに関しては村西投手の方が上ではないかと感じます(村西投手も割と荒いんですけれども)。先発投手としては、ややテンポが悪く主導権を握りにくいような投球をしますがプロではリリーフ起用が予想されますので、そこまで気にする必要も無さそうです。次回の記事では坂本投手についての考察を書いたみたいと思います。






長谷部大器内野手(愛知大学)

3S9A2888

3S9A5721

3S9A5724

3S9A6640

3S9A5695






大学最終学年を2部リーグで過ごしてしまうという不本意な1年になりましたがプロ志望届を提出しました。その華麗な遊撃守備は大学入学当初から話題となり好プレーを連発してきました。レフト方向よりもセンター方向の打球に強いタイプで、この方向に飛んだ打球への反応に関してはプロの一線級レベルに有ります。小刻みなフットワークでイレギュラーバウンドに強く、滅多に捌く事がないようなレアケースの打球であってもノッキングする事なく送球までまとめ上げます。弱いゴロに対する前方への寄せも早く、生粋の遊撃手と言えるような守備の達人です。


打撃フォームについて
3S9A5974

3S9A6008

3S9A6010

3S9A6011

3S9A6012

3S9A6013

3S9A6014

癖の無い水平回転型のバッティングスタイルです。
いささかシンプル過ぎる故にパンチに欠けるところがあるのかもしれません。内寄りの甘い球は前で捌き、体の遠くに来る球は後ろのポイントで捌くアベレージヒッタータイプの打撃をします。
打撃が弱いというのが一つのキャラクターになっていましたが1部リーグ時代に首位打者争いに加わった事も有ります。



プロ志望届(※9月25日現在)

大学野球の秋季リーグ戦も終盤戦に突入しますが(連盟によってはまだ序盤戦だったりもう終わってるところも有ったりしますが)ブログの方を全く更新出来ていません。 とりあえず愛知大学野球連盟からはプロ志望届けの提出者が二人増えました。中部大学の片塩響介投手と愛知大学の長谷部大器遊撃手です。 まずは片塩投手については簡単な記事をアップしたいと思いますが、それはまた後程。今季は公式戦でも登板機会を得ているみたいですね。

732A1686




杉山晃輝投手(創価大学)②

3S9A0702


連続フォーム
3S9A0704
ワインドアップ期

3S9A0705
ワインドアップ期

3S9A0706
ハンズセパレーション期

3S9A0707
ヒップファースト期

3S9A0708
サイドステップ期

3S9A0709
トップ期

3S9A0710
リリース期

3S9A0711
フォロースルー期

3S9A0712
フォロースルー期

3S9A0713
フィニッシュ期

3S9A0714
フィニッシュ期

3S9A0715
フィニッシュ期

3S9A0716
フィニッシュ期


考察
よく覚えてないのですがセットポジションなのでランナー有りの場面での投球フォームかもしれません。 三塁方向から見ただけでは気づきにくいポイントだけを考察して行きます。

ハンズセパレーション(グローブと投球腕との分離)の辺りから軸足(右脚)の膝を折って行きますが、これによって「重心が下がって球に角度(縦の角度)が付きにくくなる事」や「軸足の内旋動作を早期に起こしてしまう事(フォームに溜めが無くなる事)」が懸念されます。軸足の膝を折りながらヒップファーストの動作に入るので重心が下がりますが、その影響もあってパワーカーブやフォークボールを得意な球種としています。


左脚をピンと伸ばした後に弧を描いて着地して行く動作(4枚目、5枚目)は田中正義投手(創価大→福岡ソフトバンクホークス)にどことなく似ています。サイドステップの途中から左膝を折り「くの字」の形で着地へ向かいますが、この際の(6枚目の写真)左股関節の内旋(内股気味という事です)が強いように見えるので、下半身が開きにくいタイプである事が推測できます。トップで両側の肩甲骨を内転(内に寄せる動き)させていますが、腰椎と胸椎の伸展が甘いので胸が大きく張れていません。胸が張れていないと最大外旋位の角度が深く取れないので、ストレートの球速や質などに影響が出て来るかもしれません(球速は最大外旋位の角度と相関性が有ります)。


リリースでは頭部を深く突っ込ませる形で上体を倒し込んでいますが(正確には上体を回転させている)、トップの動作で触れた「左股関節が内旋しやすい事」が起因しているものだと思われます。
投球動作における回転動作(真横を向いた状態から正面を向く動作)は踏み出し側の股関節(右投げなら左股関節)を支点に行うものですが、その股関節が内旋していると、投げ終わりで左脚に上体が乗り切らずに利き腕方向へ押し戻すような動きが働きます(右投手であれば三塁方向へ体が流れる)。そうなると対角に強いボールが投げにくくなり、ストレートにシュート回転がかかるようになってしまいます。そう言った事も有り、左脚に上体を預けるような形でリリースしているのだと思われます。

リリースする際の右肘は比較的高い位置にあると思われますが、頭部が一塁方向へ突っ込んでいる為、リリースポイントと頭部との間に距離が有ります。それによって上体の横振りを誘発するので、結局の所、ストレートがシュート回転してしまいます。三塁側アングルからの考察で触れましたが、上から叩くような投球腕の使い方になっているにも関わらず、ストレートに縦の角度が付かないのも頭部及び上体の突っ込みに原因がありそうです(先に上体が倒れ込んでから腕が出て来るので球が上に抜ける)。球速140km/h中盤から後半のストレートを簡単に打ち返されてしまう理由はこの辺りになります。プロの世界に進んでからの修正課題になりそうです。

フォロースルーからフィニッシュにかけて左脚のハムストリングスと臀部を使った股関節の伸展動作を起こしていますが、マウンドを捉えている左足の内側(土踏まず側)にしか力が入っていない為、踏み込みの力を利用した股関節の内転(股関節が骨盤を押す動作)と外転(骨盤が股関節を押し戻す動作)を上手く使えていません。それによって尻(骨盤)を押し上げる動作がスムーズに起こらず骨盤が横回転しています。これも投球動作に横の動きを加える事になり制球に影響を及ぼします。やはり、股関節の特性を上手く活かせるような投球フォームを追求する事が課題となりそうです。

まとめ
最速154km/hの本格派という触れ込みですが、ストレートで押し切れず、変化球に頼るような投球になる事が有ります。「縦の角度が付かない事」「球速の割に初見から合わされる事」「シュート回転がかかる事」がストレートについての課題になります。その反面、ゾーンで勝負できる変化球を多数習得しており、実戦力は高いレベルに有ります。考察の方でも修正ポイントに挙げた、左股関節の特性を生かした投げ方を追求して行く事であったり、身体的な特性を変えていくような取り組みが求められると思われます。

プロ入り後
戦力になるまでに多少の時間は必要になりそうですが、素質は高い投手なのでレベルの高い環境で揉まれれば主戦力に成長するような可能性を秘めています。ドラフト会議では2位~4位での指名が有力だと思います。


田中正義投手との比較



732A7465

732A7439

732A7349

一部似たような動きをしている箇所がありますが、杉山投手の方がリスクの少ない素材に見えますね。
田中正義投手も復活して欲しいものです。





大学球界の「西の大将」




全日本大学野球選手権一回戦の日本文理大戦で完投勝利。
119球4安打6奪三振4四球1自責点という内容です。

連続フォーム
3S9A3006

3S9A3007

3S9A3009

3S9A3011

3S9A3012

3S9A3013

3S9A3014

3S9A3015

3S9A3016

3S9A3017

3S9A3018

3S9A3019

3S9A3020

ランディング(別の投球動作からのカット)
3S9A3000

最大外旋位(別の投球動作からのカット)
3S9A3001


投球動画※クイックモーション

捕手方向へ向けてのラインを意識出来ている投げ方だと思います。ステップ→リリース→投げ終わりまでを直線的に行えているので左右の制球には苦労しないと思います。胸(肩甲骨)を上手く使えていない事、上体の倒し込み(回転動作)を使えていない事はややネガティブなポイントでしょうか。

2019年ドラフトの上位12人・後編。(Number Web)
そういう意味では、大学生の大阪商業大・大西広樹(175cm84kg・右投右打・大商大高)だって、1位のボーダーライン上にいる1人と言ってよい。  今年の大学球界では「西の大将」のような存在にならねばいけない投手。チームを背負って投げられる心意気と実力を有した右腕だろう。  速球は140キロ台前半でも、スライダーとカットボールでファールを打たせ、フォーク、チェンジアップで打ち取るコツを知っているように見える。投げっぷりと精密なコントロールと緩急のメリハリ……先発の6イニング、7イニングを任せたくなる投手だ。  だからと言って、4年先輩の岡田明丈(広島)に勝るとも劣らない、なんて絶対に言わない。  岡田のストレートはうなっていた。真ん中からちょっと内に寄っただけで、打者が飛びのくようにしてひるんでいた。残念ながら、そこまでの迫力は望んでも届かないだろう。“路線”が違うからだ。最初から投手のタイプが違っている。大西広樹は大西広樹で、「大西流」を追求していけばよい。

安倍昌彦さん
による寸表です。「え?ドラフト1位!?」と驚いたのですが中日の米村チーフスカウトもドラフト1位に入って来るというコメントを残しているそうですね。

以前見た時の感想を過去に書きましたが
、印象としては特に変わっていません。高めに集まるストレートとゾーン内に散らして行く縦変化で組み立てるタイプです。今後はこのタイプがプロ野球界でも増えていくと思われますが、その先駆者の一人という事になるのだと思います。気になるのはストレートにそこまでの威力を感じない事です。リリースで上体を深く倒し込めておらず、左脚がつっかえ棒のような状態になっている為、指先に力を伝えられないのだと思われます。カットボール、スライダー、フォーク等の変化球は実戦的ですが、ドラフト1位と言われるとピンと来ないところが有ります。所謂、「立ち投げ」なので出力が落ちて来ると合わされやすくなるのも気になります。この投球スタイルに磨きをかけて行くのか、それともスタイルを変えて行くのか、プロの関係者が描いている完成形はどちらなのでしょうか。

3S9A3150

3S9A3068

3S9A3069

3S9A3070

3S9A3072

縦に細長く、捕手方向へ真っすぐ体を入れて行ける事が大西投手の強みです。
骨盤も縦に使えており横振りになる要素を消せています。





RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード