ドラフト会議

杉山晃輝投手(創価大学)②

3S9A0702


連続フォーム
3S9A0704
ワインドアップ期

3S9A0705
ワインドアップ期

3S9A0706
ハンズセパレーション期

3S9A0707
ヒップファースト期

3S9A0708
サイドステップ期

3S9A0709
トップ期

3S9A0710
リリース期

3S9A0711
フォロースルー期

3S9A0712
フォロースルー期

3S9A0713
フィニッシュ期

3S9A0714
フィニッシュ期

3S9A0715
フィニッシュ期

3S9A0716
フィニッシュ期


考察
セットポジションからの投球に見えますが本来はノーワインドアップです(最初の方のフェーズを撮り逃していました)。 三塁方向から見ただけでは気づきにくいポイントだけを考察して行きます。

ハンズセパレーション(グローブと投球腕との分離)の辺りから軸足(右脚)の膝を折って行きますが、これによって「重心が下がって球に角度(縦の角度)が付きにくくなる事」や「軸足の内旋動作を早期に起こしてしまう事(フォームに溜めが無くなる事)」が懸念されます。軸足の膝を折りながらヒップファーストの動作に入るので重心が下がりますが、その影響もあってパワーカーブやフォークボールを得意な球種としています。


左脚をピンと伸ばした後に弧を描いて着地して行く動作(4枚目、5枚目)は田中正義投手(創価大→福岡ソフトバンクホークス)にどことなく似ています。サイドステップの途中から左膝を折り「くの字」の形で着地へ向かいますが、この際の(6枚目の写真)左股関節の内旋(内股気味という事です)が強いように見えるので、下半身が開きにくいタイプである事が推測できます。トップで両側の肩甲骨を内転(内に寄せる動き)させていますが、腰椎と胸椎の伸展が甘いので胸が大きく張れていません。胸が張れていないと最大外旋位の角度が深く取れないので、ストレートの球速や質などに影響が出て来るかもしれません(球速は最大外旋位の角度と相関性が有ります)。


リリースでは頭部を深く突っ込ませる形で上体を倒し込んでいますが(正確には上体を回転させている)、トップの動作で触れた「左股関節が内旋しやすい事」が起因しているものだと思われます。
投球動作における回転動作(真横を向いた状態から正面を向く動作)は踏み出し側の股関節(右投げなら左股関節)を支点に行うものですが、その股関節が内旋していると、投げ終わりで左脚に上体が乗り切らずに利き腕方向へ押し戻すような動きが働きます(右投手であれば三塁方向へ体が流れる)。そうなると対角に強いボールが投げにくくなり、ストレートにシュート回転がかかるようになってしまいます。そう言った事も有り、左脚に上体を預けるような形でリリースしているのだと思われます。

リリースする際の右肘は比較的高い位置にあると思われますが、頭部が一塁方向へ突っ込んでいる為、リリースポイントと頭部との間に距離が有ります。それによって上体の横振りを誘発するので、結局の所、ストレートがシュート回転してしまいます。三塁側アングルからの考察で触れましたが、上から叩くような投球腕の使い方になっているにも関わらず、ストレートに縦の角度が付かないのも頭部及び上体の突っ込みに原因がありそうです(先に上体が倒れ込んでから腕が出て来るので球が上に抜ける)。球速140km/h中盤から後半のストレートを簡単に打ち返されてしまう理由はこの辺りになります。プロの世界に進んでからの修正課題になりそうです。

フォロースルーからフィニッシュにかけて左脚のハムストリングスと臀部を使った股関節の伸展動作を起こしていますが、マウンドを捉えている左足の内側(土踏まず側)にしか力が入っていない為、踏み込みの力を利用した股関節の内転(股関節が骨盤を押す動作)と外転(骨盤が股関節を押し戻す動作)を上手く使えていません。それによって尻(骨盤)を押し上げる動作がスムーズに起こらず骨盤が横回転しています。これも投球動作に横の動きを加える事になり制球に影響を及ぼします。やはり、股関節の特性を上手く活かせるような投球フォームを追求する事が課題となりそうです。

まとめ
最速154km/hの本格派という触れ込みですが、ストレートで押し切れず、変化球に頼るような投球になる事が有ります。「縦の角度が付かない事」「球速の割に初見から合わされる事」「シュート回転がかかる事」がストレートについての課題になります。その反面、ゾーンで勝負できる変化球を多数習得しており、実戦力は高いレベルに有ります。考察の方でも修正ポイントに挙げた、左股関節の特性を生かした投げ方を追求して行く事であったり、身体的な特性を変えていくような取り組みが求められると思われます。

プロ入り後
戦力になるまでに多少の時間は必要になりそうですが、素質は高い投手なのでレベルの高い環境で揉まれれば主戦力に成長するような可能性を秘めています。ドラフト会議では2位~4位での指名が有力だと思います。


田中正義投手との比較



732A7465

732A7439

732A7349

一部似たような動きをしている箇所がありますが、杉山投手の方がリスクの少ない素材に見えますね。
田中正義投手も復活して欲しいものです。





大学球界の「西の大将」




全日本大学野球選手権一回戦の日本文理大戦で完投勝利。
119球4安打6奪三振4四球1自責点という内容です。

連続フォーム
3S9A3006

3S9A3007

3S9A3009

3S9A3011

3S9A3012

3S9A3013

3S9A3014

3S9A3015

3S9A3016

3S9A3017

3S9A3018

3S9A3019

3S9A3020

ランディング(別の投球動作からのカット)
3S9A3000

最大外旋位(別の投球動作からのカット)
3S9A3001


投球動画※クイックモーション

捕手方向へ向けてのラインを意識出来ている投げ方だと思います。ステップ→リリース→投げ終わりまでを直線的に行えているので左右の制球には苦労しないと思います。胸(肩甲骨)を上手く使えていない事、上体の倒し込み(回転動作)を使えていない事はややネガティブなポイントでしょうか。

2019年ドラフトの上位12人・後編。(Number Web)
そういう意味では、大学生の大阪商業大・大西広樹(175cm84kg・右投右打・大商大高)だって、1位のボーダーライン上にいる1人と言ってよい。  今年の大学球界では「西の大将」のような存在にならねばいけない投手。チームを背負って投げられる心意気と実力を有した右腕だろう。  速球は140キロ台前半でも、スライダーとカットボールでファールを打たせ、フォーク、チェンジアップで打ち取るコツを知っているように見える。投げっぷりと精密なコントロールと緩急のメリハリ……先発の6イニング、7イニングを任せたくなる投手だ。  だからと言って、4年先輩の岡田明丈(広島)に勝るとも劣らない、なんて絶対に言わない。  岡田のストレートはうなっていた。真ん中からちょっと内に寄っただけで、打者が飛びのくようにしてひるんでいた。残念ながら、そこまでの迫力は望んでも届かないだろう。“路線”が違うからだ。最初から投手のタイプが違っている。大西広樹は大西広樹で、「大西流」を追求していけばよい。

安倍昌彦さん
による寸表です。「え?ドラフト1位!?」と驚いたのですが中日の米村チーフスカウトもドラフト1位に入って来るというコメントを残しているそうですね。

以前見た時の感想を過去に書きましたが
、印象としては特に変わっていません。高めに集まるストレートとゾーン内に散らして行く縦変化で組み立てるタイプです。今後はこのタイプがプロ野球界でも増えていくと思われますが、その先駆者の一人という事になるのだと思います。気になるのはストレートにそこまでの威力を感じない事です。リリースで上体を深く倒し込めておらず、左脚がつっかえ棒のような状態になっている為、指先に力を伝えられないのだと思われます。カットボール、スライダー、フォーク等の変化球は実戦的ですが、ドラフト1位と言われるとピンと来ないところが有ります。所謂、「立ち投げ」なので出力が落ちて来ると合わされやすくなるのも気になります。この投球スタイルに磨きをかけて行くのか、それともスタイルを変えて行くのか、プロの関係者が描いている完成形はどちらなのでしょうか。

3S9A3150

3S9A3068

3S9A3069

3S9A3070

3S9A3072

縦に細長く、捕手方向へ真っすぐ体を入れて行ける事が大西投手の強みです。
骨盤も縦に使えており横振りになる要素を消せています。





平成最後のドラフト

3S9A4486

3S9A0016

732A9756
愛知大学野球連盟からは3名がプロ志望届を提出しています。

栗林良吏投手(名城大学)
井村勇介投手(至学館大学)
池田鏡介捕手(中京大学)

全員指名されると良いですね。

 

クリバヤシリョウジ

732A0317

732A0314

732A0315

732A0398

732A0402

732A0380

732A0388

732A0372

732A0345

732A0346

732A0483

732A0489

732A0496

732A0553
瑞穂球場のマウンドで躍動する姿を見るのはこれが最後になるのかな…?

 

栗林良吏投手(名城大学 4年秋季)のメカニクスを探る

同一投球内における連続写真です。

3S9A4609

3S9A4610

3S9A4611

3S9A4612

3S9A4613

3S9A4614

3S9A4615

3S9A4616

3S9A4617

3S9A4618

3S9A4619

3S9A4620

これまた同一投球内における連続写真です。

3S9A4499

3S9A4501

3S9A4502

3S9A4504

3S9A4505

3S9A4506

3S9A4507

3S9A4508

3S9A4509

トップ
3S9A4714

最大外旋
3S9A4715

ジャストリリース
3S9A4512


大学キャリアハイの出来を思わせる今季の栗林投手。ドラフト会議を目前に控えたシーズンという事もあって過去最高の仕上げで臨んできているように見えます。9月16日に行われた愛知学院大戦では9回を投げて15奪三振を記録。初回から3回にかけては9つのアウトのうち8つを三振で奪うピッチングを見せました。これまでのシーズンと違うのは空振りによるストライクを量産できている事です。この調子が続けば過去最高の奪三振率を叩き出すのではないでしょうか。

簡単ではありますが、栗林投手の大学最終シーズンにおける投球メカニクスを探っていきたいと思います。


①プレート位置
→まず目につくのはここです。春季シーズンでは三塁側の端を踏んでおりましたが秋季リーグ戦に入る前の調整段階からは一塁側のプレートを踏むようになっております。ゾーンへ入れやすくする意図、右打者の内角を攻めやすくしたい意図があるのではないでしょうか。

②片脚支持→打者と正対してから両足をクロスさせるような無駄な始動は取り入れておらず、今後のキャリアを考えてもベストな選択だと思います。軸足(右脚)の股関節に頭をセットできており、左膝を胸まで上げられています。この先の動作に向けての準備がしっかり整っています。

③ハンズセパレーション+ヒップファーストグラブから投球腕を抜くタイミングが早く、脱力からトップまでの動作に余裕を作れています。ヒップファーストのフェーズでは上体を二塁方向へ傾ける事で頭部を軸足の股関節に残せています(上体の突っ込みを抑える為の動き)。ヒップファーストに入る手前で左側の骨盤を二塁方向へ深く入れているのは反作用による本塁方向への推進力を得る為でしょうか。

④パワーポジション
→右足の真上に右膝が来る状態でパワーポジションに入ります。膝が深く折れておらずアクセル筋(臀部と裏腿)優位で並進(ステップ)して行ける形だと思います。本塁方向へ突き出すグラブに反して重心をマウンドプレート方向へ残す事が出来れば、打者を前へと釣り出せる効果があると言われています。ここでも軸足の股関節上に頭部を残せています。

⑤ランディング →グラブ側の腕が下がり始めると同時に投球腕が上がり出します。左足を爪先から接地しているように見えますが、左股関節への重心移動を遅らせるような意図があるのかもしれません。又、以前と比較すると股関節の内旋角度を深く取れるようになった気がします。それに伴い、上体と下半身の割れも深くなった感じを受けます。

⑥トップ→肩甲骨同士の寄せを使って胸に張りが作れています。以前は見受けられなかったユニフォームの皺(上体の正面に斜めに入る皺)が確認できるようになっている為、捻転差による溜め動作も加わっているのでは無いでしょうか。比較的早めに腕が上がってきていますが上腕と肩のラインが水平になっておらずトップの位置としてはやや低めに見えます。左側の骨盤が開きにくいタイプに見えますが股関節周辺の柔軟性に課題を残している為、軸足(右脚)が突っ張っています。ここの可動域が広くなれば球威に磨きがかかると思います。

⑦最大外旋→栗林投手の投球メカニクスにおける最大の肝でしょう。胸郭が先行し投球腕を後ろへ置いていくような動きを実現できています。肩関節だけでなく肩甲骨と胸椎の可動域を使う事で最大外旋角度を深く取り、強烈な上体のしなりを生み出しています。

⑧リリース→以前は左半身全体を使って動作にブレーキをかける事で右腕を走らせているように見えましたが、現在は左股関節を支点としたボディーターンを実現出来ているように見えます。それにともなって体を縦に使えるようになった感じを受けます(全体的に横へ広がらなくなりました)。又、上体を脱力させるコツを掴んだのかスイング動作から力みが抜け、それがストレートの揚力(空振り奪取能力)に繋がっているような気がします。軸足の伸展、上体の倒し込み等がこのフェーズにおける課題点でしょうか。

⑨フォロースルー→リリース後に軸足が跳ね上がるようになりました。右股関節から左股関節への重心移動がスムーズになった為だと思われます。踏左足が踏み込んだ時の反力を骨盤へ伝える動作(股関節の内転)に課題が有るのか、骨盤が横回転気味になっているように見えます。骨盤を縦に使えるようになれば、もう一段上の投球を実現出来るはずでず。

総括→野手上がりで投手歴が浅い事も有り、メカニクスに課題を抱えていましたが、現在ではそのほとんどを克服しており、シーズンを経る度に何かしらの成長を感じさせてくれる投手です。相対評価の場であるドラフト会議においてどのような結果を得られるかはわかりませんが、ドラフト1位を当確視されている松本航投手(日体大)に迫るような存在になってきているように思います。社会人野球へ進む事にメリットを感じない為、大卒でプロの扉を叩いて欲しいところですが果たしてどうなりますでしょうか…(ちなみにプロでの完成形は今の松坂大輔辺りだと思われます)


 

このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード