ドラフト候補

石川昂弥選手(東邦高校)

3S9A6048

3S9A6220

3S9A6050

3S9A5692


大学・社会人を含めたドラフト候補打者の中でナンバーワンと目されている石川昂弥選手(東邦高校)。 高校3年最後の夏は県大会2回戦で姿を消してしまいましたが、好評価は揺るがないと思われます。 春のセンバツで3HRを放った自身の実力だけで無く、昨今のプロ野球界で似たタイプのスラッガーが軒並み活躍している事も大きいと思われます。完成形は鈴木誠也選手(広島カープ)、岡本和真選手(読売ジャアンツ)等。高卒でプロ入りする事が濃厚ですが、せっかくなので打撃技術についての考察をしてみたい。


連続打撃フォーム
3S9A5678
・股間右側の皺が浅く右股関節が内転していない。

3S9A5681
・左足を浮かせて緩急等への対応を図る。
・左膝を内に入れず懐を深く保つ。


3S9A5685
・トップへ向けてヘッドが投手方向へ寝る。
・ここで右股関節が内転する。


3S9A5686

3S9A5687
・右の肩甲骨を上方回旋させトップに入る。
・左足のスパイク裏を投手に向け重心を後ろに残す。


3S9A5688
・右の股関節が内旋し腹筋が対角に割かれる。

3S9A5689
・軸足に重心を残したまま前で捌く。
・振り出しで右の肩甲骨が下に動かないので体軸の傾きが甘い。


3S9A5690
・始動から打ち終わりまで両目で見据え頭がブレない。
・頭と右肩が寄るので体幹の力で押し込める。


3S9A5691
・左の肩甲骨の動きが甘くフォロースルーを大きく取れない。

まとめ

コンタクト能力に優れ、少ない動きで強烈な打球を飛ばすタイプですが、プロ入り後を考えると下半身の使い方に課題が見えてきます。ボールを捉える際(インパクト)、軸足(右足)に重心を残している事が多いように見えるのですが、軸足に重心を残すと体が前へと進みにくくなる為、左膝にゆとりを持たす必要が有ります。実際にはボールを捉える前から左膝が張ってしまう事が有り、この状態で前へと誘われると下半身が動かなくなる為、腕だけでの対応となり打球に力が加わりません。高校野球は金属バットなので腕だけでも対応できますが木製バットではそうもいかないはずです。又、外角低めの球へも体を寄せて行きにくいので見極めが難しくなる恐れが有ります。軸足に重心を残すのであれば左膝にゆとりを持たせて対応する必要があるし、ボールを捉える前に左膝を張るのであれば、軸足は前へと寄せる必要が有ります(そうでないと下半身が回りません)。この辺りの再現性や方向性に課題を残しているような気がします。軸足に重心を残すにしても、下半身の力を利用してボールを飛ばしたいのでスパイクの裏はガッツリめくった方が良いと思います。打球が最も鋭く飛ぶのは「インパクト」と「骨盤の投手方向への正対」が一致した時です。軸足のスパイクが地面に接地している面積が広いと、その動作は起こしにくいと思われます。

昨年辺りと比較すると、歩幅を狭くしているように見えるので下半身の力を使って飛ばす事は意識しているような気がします。歩幅を狭く取り「割れ」を深く使わないのであれば水平回転に入る前の垂直回転を使いたいところです。トップから振り出し(エルボーイン)にかけて右の肩甲骨を上下に使うと打球に角度を付ける為の予備動作が発生し、変化球への対応力も上がります。将来的にはこの辺りの動きを取り入れてみても良いのかもしれません。

という感じでプロ入りに向けての課題は残していますが、技術的な伸びしろを残していても本塁打を量産出来ているという事でもあります。右の長距離砲を求める球団にとっては喉から手が出る程欲しい存在だと思われます。地元・中日ドラゴンズへ入団して根尾昂選手と三遊間を組んだら絶大な人気を誇る事になりそうですが果たして…。



杉山晃輝投手(創価大学)②

3S9A0702


連続フォーム
3S9A0704
ワインドアップ期

3S9A0705
ワインドアップ期

3S9A0706
ハンズセパレーション期

3S9A0707
ヒップファースト期

3S9A0708
サイドステップ期

3S9A0709
トップ期

3S9A0710
リリース期

3S9A0711
フォロースルー期

3S9A0712
フォロースルー期

3S9A0713
フィニッシュ期

3S9A0714
フィニッシュ期

3S9A0715
フィニッシュ期

3S9A0716
フィニッシュ期


考察
セットポジションからの投球に見えますが本来はノーワインドアップです(最初の方のフェーズを撮り逃していました)。 三塁方向から見ただけでは気づきにくいポイントだけを考察して行きます。

ハンズセパレーション(グローブと投球腕との分離)の辺りから軸足(右脚)の膝を折って行きますが、これによって「重心が下がって球に角度(縦の角度)が付きにくくなる事」や「軸足の内旋動作を早期に起こしてしまう事(フォームに溜めが無くなる事)」が懸念されます。軸足の膝を折りながらヒップファーストの動作に入るので重心が下がりますが、その影響もあってパワーカーブやフォークボールを得意な球種としています。


左脚をピンと伸ばした後に弧を描いて着地して行く動作(4枚目、5枚目)は田中正義投手(創価大→福岡ソフトバンクホークス)にどことなく似ています。サイドステップの途中から左膝を折り「くの字」の形で着地へ向かいますが、この際の(6枚目の写真)左股関節の内旋(内股気味という事です)が強いように見えるので、下半身が開きにくいタイプである事が推測できます。トップで両側の肩甲骨を内転(内に寄せる動き)させていますが、腰椎と胸椎の伸展が甘いので胸が大きく張れていません。胸が張れていないと最大外旋位の角度が深く取れないので、ストレートの球速や質などに影響が出て来るかもしれません(球速は最大外旋位の角度と相関性が有ります)。


リリースでは頭部を深く突っ込ませる形で上体を倒し込んでいますが(正確には上体を回転させている)、トップの動作で触れた「左股関節が内旋しやすい事」が起因しているものだと思われます。
投球動作における回転動作(真横を向いた状態から正面を向く動作)は踏み出し側の股関節(右投げなら左股関節)を支点に行うものですが、その股関節が内旋していると、投げ終わりで左脚に上体が乗り切らずに利き腕方向へ押し戻すような動きが働きます(右投手であれば三塁方向へ体が流れる)。そうなると対角に強いボールが投げにくくなり、ストレートにシュート回転がかかるようになってしまいます。そう言った事も有り、左脚に上体を預けるような形でリリースしているのだと思われます。

リリースする際の右肘は比較的高い位置にあると思われますが、頭部が一塁方向へ突っ込んでいる為、リリースポイントと頭部との間に距離が有ります。それによって上体の横振りを誘発するので、結局の所、ストレートがシュート回転してしまいます。三塁側アングルからの考察で触れましたが、上から叩くような投球腕の使い方になっているにも関わらず、ストレートに縦の角度が付かないのも頭部及び上体の突っ込みに原因がありそうです(先に上体が倒れ込んでから腕が出て来るので球が上に抜ける)。球速140km/h中盤から後半のストレートを簡単に打ち返されてしまう理由はこの辺りになります。プロの世界に進んでからの修正課題になりそうです。

フォロースルーからフィニッシュにかけて左脚のハムストリングスと臀部を使った股関節の伸展動作を起こしていますが、マウンドを捉えている左足の内側(土踏まず側)にしか力が入っていない為、踏み込みの力を利用した股関節の内転(股関節が骨盤を押す動作)と外転(骨盤が股関節を押し戻す動作)を上手く使えていません。それによって尻(骨盤)を押し上げる動作がスムーズに起こらず骨盤が横回転しています。これも投球動作に横の動きを加える事になり制球に影響を及ぼします。やはり、股関節の特性を上手く活かせるような投球フォームを追求する事が課題となりそうです。

まとめ
最速154km/hの本格派という触れ込みですが、ストレートで押し切れず、変化球に頼るような投球になる事が有ります。「縦の角度が付かない事」「球速の割に初見から合わされる事」「シュート回転がかかる事」がストレートについての課題になります。その反面、ゾーンで勝負できる変化球を多数習得しており、実戦力は高いレベルに有ります。考察の方でも修正ポイントに挙げた、左股関節の特性を生かした投げ方を追求して行く事であったり、身体的な特性を変えていくような取り組みが求められると思われます。

プロ入り後
戦力になるまでに多少の時間は必要になりそうですが、素質は高い投手なのでレベルの高い環境で揉まれれば主戦力に成長するような可能性を秘めています。ドラフト会議では2位~4位での指名が有力だと思います。


田中正義投手との比較



732A7465

732A7439

732A7349

一部似たような動きをしている箇所がありますが、杉山投手の方がリスクの少ない素材に見えますね。
田中正義投手も復活して欲しいものです。





杉山晃輝投手(創価大学)①




大阪工業大学戦(全日本大学野球選手権一回戦)で先発として登板。
7回を投げて110球5安打6奪三振4四球1自責点という結果でした。
今回は三塁側からのアングルで投球フォームを考察したい。

連続フォーム  
3S9A0441
ワインドアップ期

3S9A0442
ワインドアップ期

3S9A0443
ワインドアップ期

3S9A0444
ワインドアップ期

3S9A0445
フリーフット期(片脚支持)

3S9A0448
フリーフット期(片脚支持)

3S9A0450
フリーフット期(片脚支持)

3S9A0451
フリーフット期(片脚支持)

3S9A0452
ハンズセパレーション期(グローブと投球腕の分離)

3S9A0453
投球腕の脱力+左脚によるボールのブラインド

3S9A0454
ヒップファースト期

3S9A0455
サイドステップ期(並進動作)

3S9A0456
トップ期

3S9A0457
リリース期

3S9A0458
フォロースルー期

3S9A0459
フィニッシュ期


3S9A0460
フィニッシュ期

3S9A0461
フィニッシュ期


ランディング期(別の投球動作からのカット)
3S9A0550

最大加速期(別の投球動作からのカット)
3S9A0551

考察
ノーワインドアップから始動(2~4枚目の写真)。軸足の真上に頭部を固定した後、二段モーション気味に軽く左膝を上下させています(5枚目6枚目7枚目の写真※この動きを使わずに投げている時も有ります)。これによって打者のタイミングを外しつつ、軸足に溜めを作る効果が有るのだと思われます。左膝が胸の辺りまで上がった所で投球腕(右腕)をグローブから抜き、右腕の脱力に入ります。この際に左脚を利用してボールを隠しています。

ヒップファーストからサイドステップへ入る辺り(10枚目11枚目の写真)までは頭部を右の股関節上に残して上体の突っ込みを押さえています。この時にベルトのラインが本塁方向へ上がり、体軸の傾斜を作っています(上から叩く為の予備動作)。上体の動きとしては左腕を三塁方向へ突き出し、小指を上に向ける事で上体の開きを押さえています。サイドステップの動作では頭部を右の股関節上に残した状態で左脚を本塁方向へ伸ばしていきます(12枚目の写真)。投球腕のテイクバックはコンパクトで体側に沿うように引き上げられています。土踏まずから左足が接地して行き、トップの形に入ります。トップでは両側肩甲骨が内に寄っており(内転)上体に溜めが作れています(13枚目の写真)。

トップ→最大加速期(20枚目の写真)→リリース(14枚目の写真)で投球腕の前腕が回内→回外→回内の順で動いており上腕にかかる負担を減らしています。上体を深く倒し込む形(上体がしっかり回転している形)でリリース出来ているので打者寄りで球が離せています。それによって変化球の曲がりも打者寄りになっていると思われます。リリース付近の動作で気になるのが上体と離れるように腕が振られている事です。ストレートが低めに集まらない理由ではないでしょうか。上体の倒れ込みを腹筋で押さえて腕が上体と一つの固まりとなって振られるようになれば、もっとストレートで押して行けるようになるはずです。フォロースルー(15枚目の写真)からフィニッシュ(16枚目17枚目18枚目の写真)にかけては投球腕が体に絡むように振られており、腕への負担を逃がせています。気になるのが下半身の動きで、左股関節の伸展動作を使って体を起こし上げられているように見えますが、この際にスパイクの踵が浮いています。踏み込みによる反力を上手く使えていないのかも知れません。又、蹴られて宙に浮いた右足の裏が天を向くのが早く、右脚が三塁方向へ振られているように見えます。骨盤が横回転している事によって起こる動きです。ストレートがシュート回転する要因の一つだと言えます。

まとめ
三塁側から見た印象としては欠点の少ない投球動作です。トップも早く、スイング動作内での前腕の捻りも効果的に使えている為、故障耐性は高いのではないでしょうか。股関節が内に捻られやすい身体的特性を持っているタイプなので、この特性を昇華させられるような投球動作を習得する必要があると思われます。気になるポイントはいくつか有りますが、いずれも修正可能の範囲で致命的な欠点にはならないはずです。次回の記事では本塁方向のアングルから考察してみます。





大学球界の「西の大将」




全日本大学野球選手権一回戦の日本文理大戦で完投勝利。
119球4安打6奪三振4四球1自責点という内容です。

連続フォーム
3S9A3006

3S9A3007

3S9A3009

3S9A3011

3S9A3012

3S9A3013

3S9A3014

3S9A3015

3S9A3016

3S9A3017

3S9A3018

3S9A3019

3S9A3020

ランディング(別の投球動作からのカット)
3S9A3000

最大外旋位(別の投球動作からのカット)
3S9A3001


投球動画※クイックモーション

捕手方向へ向けてのラインを意識出来ている投げ方だと思います。ステップ→リリース→投げ終わりまでを直線的に行えているので左右の制球には苦労しないと思います。胸(肩甲骨)を上手く使えていない事、上体の倒し込み(回転動作)を使えていない事はややネガティブなポイントでしょうか。

2019年ドラフトの上位12人・後編。(Number Web)
そういう意味では、大学生の大阪商業大・大西広樹(175cm84kg・右投右打・大商大高)だって、1位のボーダーライン上にいる1人と言ってよい。  今年の大学球界では「西の大将」のような存在にならねばいけない投手。チームを背負って投げられる心意気と実力を有した右腕だろう。  速球は140キロ台前半でも、スライダーとカットボールでファールを打たせ、フォーク、チェンジアップで打ち取るコツを知っているように見える。投げっぷりと精密なコントロールと緩急のメリハリ……先発の6イニング、7イニングを任せたくなる投手だ。  だからと言って、4年先輩の岡田明丈(広島)に勝るとも劣らない、なんて絶対に言わない。  岡田のストレートはうなっていた。真ん中からちょっと内に寄っただけで、打者が飛びのくようにしてひるんでいた。残念ながら、そこまでの迫力は望んでも届かないだろう。“路線”が違うからだ。最初から投手のタイプが違っている。大西広樹は大西広樹で、「大西流」を追求していけばよい。

安倍昌彦さん
による寸表です。「え?ドラフト1位!?」と驚いたのですが中日の米村チーフスカウトもドラフト1位に入って来るというコメントを残しているそうですね。

以前見た時の感想を過去に書きましたが
、印象としては特に変わっていません。高めに集まるストレートとゾーン内に散らして行く縦変化で組み立てるタイプです。今後はこのタイプがプロ野球界でも増えていくと思われますが、その先駆者の一人という事になるのだと思います。気になるのはストレートにそこまでの威力を感じない事です。リリースで上体を深く倒し込めておらず、左脚がつっかえ棒のような状態になっている為、指先に力を伝えられないのだと思われます。カットボール、スライダー、フォーク等の変化球は実戦的ですが、ドラフト1位と言われるとピンと来ないところが有ります。所謂、「立ち投げ」なので出力が落ちて来ると合わされやすくなるのも気になります。この投球スタイルに磨きをかけて行くのか、それともスタイルを変えて行くのか、プロの関係者が描いている完成形はどちらなのでしょうか。

3S9A3150

3S9A3068

3S9A3069

3S9A3070

3S9A3072

縦に細長く、捕手方向へ真っすぐ体を入れて行ける事が大西投手の強みです。
骨盤も縦に使えており横振りになる要素を消せています。





松田亘哲投手(名古屋大学)②

3S9A7840

3S9A7843

3S9A7905

3S9A9357

春季リーグの3部優勝校として臨んだ入れ替え戦(対名古屋経済大学)は連敗という形で幕を閉じましたが、
"愛知最速左腕"の名古屋大学・松田亘哲投手(4年 江南)は大きな爪痕を残しました。

先発マウンドを託された初戦は7回3失点という内容でチームに白星を付けるには至りませんでしたが(味方のミスに付け込まれるような失点も有りました)、9三振を奪ったストレートの威力には確かな上積みを感じられました。
対角のコースに来る球に関しては捕手が取れないような威力の物も有り、ボールのスケール感は間違いなくプロを意識出来るものでした。
ただ、「今秋のドラフト会議で指名されるのか?」という所になると「もう一年あれば・・」という感想を抱くのが、この日の登板における率直な感想でした。



退路を断ってまで強いプロ志望を打ち出しているという事も有り、是が非でも秋季シーズンを2部リーグで迎えたいところでしょうが(※愛知の大学野球は2部リーグと3部リーグとの間にはかなりの実力差が有る為に3部所属では相対評価で好印象を付けづらい)、翌日の入れ替え戦・2戦目では開始早々から味方投手陣が打ち込まれ、4回終了の時点で0-11という絶望的な点差となり事実上の終戦に。序盤で大勢が決してしまった事も有って、体裁上行われているような"熱が感じられない試合"になってしまい7回終了時のスコアも2-13で11点差のまま。この先に見るべきものは何も無いな、と考えるのが普通と言える状況でしたが、8回から4番手投手として松田投手が登場。"チームとして最後まで諦めない"という意思表示だったのか、それとも"松田投手の存在をアピールさせたい"という意図だったのか、その辺りの真相は不明ですが名古屋大学のベンチはラスト2イニングスを松田投手に託しました。




8回と9回の2イニングスを投げて3安打3奪三振0失点という内容で、9回の投球に関しては上のツイート通りなのですが、中尾輝、眞野聖也の両投手を擁し、創部以来最高の戦力だった頃の名経大(2016年度)で1年生ながら主戦として活躍していたのが益留、木原真の両名です。対左打者という事も有りましたが、この実力者二人を斬って取ったシーンは正に鳥肌モノでした。その9回に関しても右打者を相手に2安打を許しており(一つは打ち取った当たりでしたが)まだまだ課題は多いとは思いますが、この日のストレートには訴えかけるようなものを感じました。スピードガンの表示でどのぐらい出ていたのかは不明ですが、打者を威圧するような重量感のあるストレートは大学時代の中尾輝投手に肉薄していたと思います。松田投手の投球で再び試合に熱が戻ったのか9回裏には名古屋大の打線が爆発し、一挙6点の猛攻を見せました(最終スコアは8-13で名古屋大学が敗戦)。

先発で登板した試合よりもリリーフで投げた試合の方に凄みを感じた事を考えても、プロでの適性もセットアッパーになるなのだと思われますが、その可能性を頭によぎらせるには充分な内容だったと思います。秋季シーズンも3部リーグでの登板という事になったので、最大のアピール機は夏季のオープン戦になるのでは無いかと思われます。毎年8月に行われている、愛知大学野球連盟選抜チーム対中日ドラゴンズ(プロアマ交流戦)のメンバーに選出されるとなれば更に注目を集める事になりそうです。3部リーグの選手は選考対象なのか不明ですが、左腕としてのスピード能力は連盟内ナンバーワンの存在なので選出への期待がかかります。 大学在学中に150km/hを叩き出して(現在の最速は146km/h付近との事)大卒でのプロ入りを果たして欲しいものです。

6月1日の連続フォーム

3S9A8082

3S9A8083

3S9A8084

3S9A8088

3S9A8089

3S9A8090

3S9A8090

3S9A8091

3S9A8092

3S9A8093

3S9A8094

3S9A8095

3S9A8096

3S9A8097

3S9A8098


シーズン前の投球動作




このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード