ドラフト候補

東海クオリティ最前線②

3S9A9923

3S9A9521

3S9A9774

愛知2部のリーグ戦は先々週の順位決定戦をもって終了いたしました。シーズン当初に少しだけ触れてから全く話題にしていませんでしたが、プロ注目の左腕・久保田投手(同朋大学)は9試合に登板し4勝を挙げた模様です(連盟公式に掲載されている試合結果から調べましたが間違っていたらすいません)。ちなみに今季の同朋大学は10試合で4勝6敗という成績でしたので、正に大車輪の活躍だったと言えそうです。

開幕週の名古屋商科大学戦と4月20日の日本福祉大学戦の二試合を観戦いたしましたが、その二戦に限って言えばストレートの走りが悪く本調子というようには見えませんでした。ただ、今季の日本福祉大学(※今季10試合で78得点)を相手に完封勝利を挙げたのは久保田投手だけですので、やはりプロに注目されるだけのモノは持っていますね。ストレートを狙い打たれても縦横の変化球を駆使して試合を作って行ける辺りに実戦力の高さが伺えました。

気になる「ドラフト」というところの話になりますと、本指名のボーダーラインにギリギリ乗るかという位置付けだと思います。大学デビュー当初に見た時はストレートの威力に衝撃を受けたのですが、その部分に関しては勤続疲労の影響が出ているように感じます。プロに限らず上のレベルでプレーを継続して行ける存在だと思うので、まずは大学ラストシーズンを無事に投げ抜いて欲しいですね。




森下暢仁投手(明治大学)②

3S9A2121

3S9A1710

3S9A4869

前回からの続きです。
森下投手の投球モーションはそれぞれのフェーズが素晴らしいのですが、その中でも特徴的な個所の一つがこのフェーズだと思います。 所謂、「骨盤のかませ」です。この動きの利点を幾つか挙げてみると「下半身の回転半径が狭くなる」「下半身が鋭く回る」「開きが遅くなる」「軸足(右脚)を収縮したバネのように使えている※ステップに躍動感が生まれる」という感じです。トルネードのように体全体を横に捻っている訳では無くて、下半身だけを狭く鋭く回せているように見えます。それによって上体の回転運動を引き出し、投球腕の末端加速を実現しているのだと思われます。 



森下暢仁投手(明治大学)①

3S9A2152

3S9A2154

3S9A2155

3S9A2156

3S9A2161

3S9A2164

3S9A2165

3S9A2166

3S9A2167

3S9A2168

3S9A2169

3S9A2170
凄いフォームですね。詳細は後日。今日はとりあえず連続写真だけ。




東京六大学を観て来ました

3S9A2142

3S9A0602

3S9A0566
ドラフト候補生の動作画像を大量入手したので個々のレポを書いていきたいんですけど、段々何のブログかわからなくなってきましたね。基本的には愛知の大学野球について書くブログなので、他地区と愛知の比較みたいなところについても意見を述べて行きたいですね。 打ち方という事に関して言えば愛知のトップレベルの打者も全国クラスに負けてないですね。ただ、そのレベルに達している打者の数が多いとは言えないという感じでしょうか。



大西広樹投手(大阪商業大学)


関西六大学野球連盟は昨年に続き大阪商業大学が神宮(全日本大学野球選手権)行きを決めました。




732A1550
176cm80kg 大商大高校卒 右投げ右打ち
昨秋までの通算成績 47試 19勝 2敗 197回 64四死 26責 1.19防
732A1527

732A1528

732A1530

732A1654

732A1531

732A1656

732A1657

732A1539

732A1523

732A1658

732A1536

732A1537

高めに集まるフォーシームと縦に曲がり落ちる低めの変化球とのコンビネーションが持ち味の本格派右腕。最速148km/hという事でパワーピッチャーとして認識されている感が有りますが、本質的には変化球投手だと思います。 左半身のブロック動作を利用して投球腕(右腕)を加速させているタイプ(両肩の入れ替えが出来ていない)なので、制球面は投球腕の手先に頼った感じになりやすく、右上(右打者のインコース高め)へと抜けて行く球が散見されます(このような抜け方をする投手は対角の低めへの制球にも課題を抱えているのが一般的)。上のレベル(プロ)へ進んだ場合の話になりますが、縦の変化球(フォーク、スライダー)は実戦的で空振りを誘えるレベルにあると思うので、高めのフォーシームを上手く使えるか否かが成功の鍵となりそうです。昨今のプロ野球界で即戦力になりうるかどうかのポイントは、踏み出し側の股関節(右腕なら左股関節)を支点とした回転動作によって投球腕を加速させられているかどうかだと思うのですが(左股関節から右腕が生えている意識です右腕の場合)、大西投手は肩関節周辺を支点として投球しているように見えるので、プロ入り序盤は苦戦する事になるのかもしれません。左股関節を支点とした回転動作が使えない事のデメリットには、「ストレート被打率が高くなりやすい事」「腕の振りで変化球を見抜かれる事(投げ終わりで投球腕が体に絡んでこない)」「ストレートに角度が付かず打ち損じを誘えない事」等が挙げられます。 腕の振り方には課題を残していますが下半身は上手く使えていますし、スイング動作中での右腕前腕の捻り(回内と回外)も使えていると思います。最終学年でキャリアハイの投球を見せてくれる事に期待したいですね。 




このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ