ドラフト候補

平成最後のドラフト

3S9A4486

3S9A0016

732A9756
愛知大学野球連盟からは3名がプロ志望届を提出しています。

栗林良吏投手(名城大学)
井村勇介投手(至学館大学)
池田鏡介捕手(中京大学)

全員指名されると良いですね。

 

クリバヤシリョウジ

732A0317

732A0314

732A0315

732A0398

732A0402

732A0380

732A0388

732A0372

732A0345

732A0346

732A0483

732A0489

732A0496

732A0553
瑞穂球場のマウンドで躍動する姿を見るのはこれが最後になるのかな…?

 

栗林良吏投手(名城大学)のメカニクス遍歴

リリースモーションの比較
732A3309
大学2年秋季シーズン(2016年)

732A1361
大学3年春季シーズン(2017年)

3S9A4512
大学4年秋季シーズン(2018年)

ほぼ同じ角度から撮影した写真になります。ステップした際に左脚が内旋しやすいタイプの身体構造なのだと思われますが(回転運動を阻害しやすい)、左半身を一塁方向へ振って上体をターンしている感じを受けます。その為に頭がやや一塁方向へ逸れますが年々、左股関節の直線上まで残せるようになっているよう見えます。左腕を上体からやや離し気味にして壁を作っているのも上体を回しやすくする為だと思いますが、2017年シーズンと現在とで比較すると、その距離が短くなっているように見えます。 リリース時における変化のポイントとしては左膝が少しづつ曲がるようになっている事です(年々重心が沈んでいる)。投球動作内における上体のターンというのは左股関節の起点によるもので、上体を左脚にしっかり乗せる事でスムーズな動きが実現できます。現在ではそういった体の使い方が上手くなっており、それによって横に振る動作を抑制し、縦回転の動作を発動できるようになったのではないでしょうか。今年度より大幅に減った与四球数と抑え気味のストレートでも空振りを取れるようになった事実(ストレートにバックスピンがかかり終速が落ちない)がその裏付けになっています。アームアングルはほぼ変わっていませんが、腕の内側が曲線的になっているところに上から叩けている様子が伺えます。


トップの比較
732A9809
大学2年夏季(2016年プロアマ交流戦)

3S9A0272
大学3年春季(2017年)

3S9A4714
大学4年秋季(2018年)

概ね同一角度からの比較。予め断りを入れさせていただきますと、2016年の画像はストライドの幅が狭すぎるのでイニング間の投球練習時を撮影したものかもしれません。大学3年以前と現在との比較で目につくポイントは「上着に入った斜めの皺」「開かなくなった左肩」「以前よりは開かなくなった右の骨盤」「二塁方向へ残るようになった重心」辺りです。柔軟性と連動性が改善されていく様が一目瞭然だと思います。指導者からのアドバイスなのか自身で取り組んだ結果なのかはわかりませんが、課題の分析力とそれを改善して行ける思考力が備わっている事が伝わってきます。


加速期の比較
732A1576
大学3年春季(2017年)

3S9A4520
大学4年秋季(2018年)

これも一目瞭然だと思いますが、大学3年以前と現在とでリリースモーションでのアームアングルがほぼ変わっていないにも関わらず、加速期では肘の高さが上がっています。肩甲骨を縦気味に使えていて、肘と頭との距離も近くなっています。これによって肘への外反ストレスが緩和され、ボールにバックスピンがかかるようになったと思われます。故障リスクの低減、制球力(コーナーワーク)の向上、揚力の獲得(ストレートの浮き上がり)を同時に実現できているのではないでしょうか。


大学3年生以前の画像が揃わなかったのでフォロースルーに関しての考察が出来なかったのですが、ここも大きく変わったような印象を受けます(重心移動が改善され軸足がプレート方向に残らなくなった)。大学1年の春季から主戦力として起用され、故障や停滞期を回避しつつ着実にステップアップしている姿を見ると、プロの世界に向いているような気がします。近年、愛知の大学野球界を賑わした七原優介投手(名古屋大→トヨタ)や中尾輝投手(名古屋経済大→ヤクルト)らに比べると、ねじ伏せるような凄みに欠けている印象があったのですが、今季の投球からはそれらの投手に匹敵するスケールを感じます(3ボール1ストライクからでも必ず三振にまとめてくるだろうなというマウンド上での予感が凄い)。この辺りのポイントをプロ側が見過ごしていない事を信じたいところです。中尾投手を流出させてしまった地元某球団は二の舞、三の舞いにならないようにしてもらいたいですね(笑)

 

天王山①

3S9A9397

3S9A9407

3S9A9839

5月19日の直接対決は引き分けという事になりました。


先発した栗林投手は延長10回を投げ被安打8、失点5、奪三振9という内容のピッチングでした。
序盤に浴びた3ランは強風に流されてのものだったので然程気にすることも無いと思いますが、
延長10回裏に無死から連打を浴びて失点した事は今後の課題と言えるのかも知れません。
味方から2点の援護を貰った後だったので手痛い失点だったと言えます。

最終学年に入ってからの栗林投手は実戦派へとシフトした印象が強いのですが、
投球メカニクス的にも進化を遂げた印象が有ります。
以前にも書いたように縦の角度が付くリリース角になっているように見えますが、
それに伴って並進からの回転が速くなったような気がします。


リリースの瞬間を撮影しようとすると、このカット↓ばかりが撮れてしまうんですよね。

3S9A6999

上体が横に広がらなくなったことで回転軸のスピードが上がったのだと思われます。
昨年度よりも平均球速が下がっているのに集中打を浴びなくなった理由の一つかもしれません。

それに加えて重心移動が上手くなったような気がします。
以前はフォロースルーで軸足が三塁方向へ落ちて左脚に上体が乗っかっていない印象があったのですが、
今季は軸足が大きく跳ね上がってスパイクの裏がしっかり天を向いています。

まだ力勝負を挑むと開きの大きい横振りになったりもしますが、
投手としての奥行きは確実に広がっていると思われます。





メカニクス分析~井村勇介投手編②(至学館大学)

前回に引き続き井村投手の投球メカニクスを分析させていただきたいと思います。

3S9A5122
⑩リリースの段階です。重心を低めに取り、左膝を深く曲げている為、上体があまり前傾しません。
右手から左腰までの距離が近く、縦変化の遠心力を産みにくいのでフォークやカーブは使いにくいタイプです。


C73A5260
⑪上体が倒し込みが甘いので球に角度が付きにくいタイプのように見えます。
上下の投げ分けに関しては重心の低さでカバーしているのかもしれません。
リリースにおける腕の円運動は上手く使えているように見えます。


C73A5037
⑫この角度ではわかりにくいですが、首を一塁方向へ振る事で(頚反射)上体の回転を早めています。
その効果で球の出所が見づらく、上手くタイミングを外せているように思われます。


C73A4690
⑬上体の回転を生かして腕を振り抜けています。
腕の振りが緩くなるような球種も少ない為、変化球の見極められにくいと思われます。


C73A5039
⑭フィニッシュで左脚が起きて来ない為、右脚が後方に残っています。
最大加速期以降でメカニクス全体の重心が低くなった影響もあるのかもしれません。


まとめ→メカニクス全般としては野村祐輔投手(広島カープ)に似ています。接地反力と頚反射を取り入れた上体の回転運動や左脚の踏み込み方が酷似しているので、ある程度は参考にしているのではないでしょうか。テイクバック等に独自の工夫が施されており、野村投手よりも更に実戦的な印象を受けるメカニクスを習得しています。一見、制球を意識した実戦派タイプの投手に見えますが、キャッチャーミットにバシン!と収まるストレートは常時140km/hのスピードを誇り、最速は145km/hまで伸ばしてきました。ストレートの球速がもう一伸びすればNPBのスカウト陣も無視できなくなると思われます。愛知の大学生投手では1部リーグの栗林投手(名城大学)にばかり注目が集まりますが、大学4年生の投手としてはそれに次ぐ位置まで登り詰めてきている印象を受けます。残りのポストシーズン戦で更なる爪痕を残して、ドラフト戦線へ急浮上してくる事に期待したいです。


C73A4675

C73A4680
上体を狭く使って回転運動を行う為のルーティンは井村投手もちょくちょく取り入れています。
主体性を持ってピッチングメカニクスを学んでいる事が色々なところから伺えます。
京田陽太選手(中日ドラゴンズ)のようなプロ向きのマインドを持っているタイプかもしれませんね。


メカニクス分析~井村勇介投手編①(至学館大学)

今季最終節で二日連続の先発勝利という活躍を見せ、至学館大を2部Bリーグの同率1位に導いた井村勇介投手(至学館大)。
今回は井村投手の投球メカニクスについて分析して行きたいと思います。


C73A5024
①片脚支持の初動です。プレートの一塁側を踏んでいます。
ストライクを取りやすくするような意図があるのかもしれません。


C73A5026
②左膝が腰の位置で止まっています。
胸まで上がるとベストのような気がしますが、この辺りは個々のバランス感覚ですかね。


C73A5029
③左膝が二塁方向に向き、その反作用で右足に本塁方向への力が加わります。
これは並進移動への初動力を付ける為のテクニックです。それと同時にグラブから右手が抜かれています。
下半身のエネルギーが臀部と軸足ハムストリングスに蓄えられました。

C73A5030
④並進移動の初期段階です。下半身のエネルギーは軸足の内転筋に移動し始めます。

C73A5031
⑤ヒップファーストの段階です。捕手方向へ切り込まず体軸を傾けていません。
又、軸足の膝は深く折らず内側体重のまま本塁方向へ向かっています。
カットボール、ツーシームを持ち球にするタイプに多い軸足の使い方で実際の投球スタイルと一致しています。


C73A5262
⑥正対を避ける為にグラブを三塁方向へ突き出しています。左の肩甲骨を開けて肩の開きを防いでいます。
(体の構造上、親指を下にして腕を突き出すと肩甲骨が開き自然と左肩にロックがかかります)
右半身の体軸に沿うような動きでボールを隠しています。

C73A4965
⑦ランディングの段階です。
左半身の反作用を利用して右腕を引き上げていますが、この際も右半身に沿わすような動きでボールを隠しています。
開きを押さえる上半身と本塁方向へ向かう下半身との間で割くような動きが起こり、腹斜筋に捻りのパワーが発生。

C73A4956
⑧左脚が踏み込む前に右手がトップの位置まで来ました。かなりのアーリートップだと言えます。
スピード能力と引き換えに制球力を得られるメカニクスで故障のリスクも減ります。
軸足股関節の内旋可動域も広く、右足の甲で強くマウンドプレートを捉えられています。

C73A5036
腹斜筋の捻転パワーが広背筋から上腕に伝わり最大加速期に入ります。
踏み出し側の内転筋による溜めを使わずに一気に踏み込んでいるので、接地反力をフルに利用して上体を回転させています。
アーリートップであるにも関わらず140km/h半ばのストレートを投げ込めている秘訣なのかもしれません。

今回はここまで。メカニクス分析②へ続きます。

メカニクス分析~久保田淳希投手編(同朋大学)

最終週の天王山を制すればプレーオフ進出となる同朋大。その躍進の立役者となっているのが久保田淳希投手です。
現時点でシーズン4勝、防御率と奪三振数もトップと2部リーグ屈指の好投手に成長しました。

C73A5469
①片足支持の段階。右膝が胸まで上がるベストな形です。
右膝がセンター方向へ向いており、並進移動へ向けての反力を蓄えています。
下半身のエネルギーは左側の臀部とハムストリングスに溜まっている状態です。

C73A5471
②早めのハンズセパレーション(グラブからの手離れ)です。トップを早く作る為にも大事な意識です。

C73A5463
③ヒップファーストから並進移動に入る段階です。
それほど深く捕手方向へ切り込んでおらず軸を傾けないタイプです。
下半身のエネルギーは軸足の内転筋へ移ります。

C73A5464
④踏み出し側の脚を"くの字"で折らず、一塁方向へ回しながら並進移動しているように見えます。

C73A5890
股関節を大きく使った並進移動ですが、それと同時に肩甲骨も大きく外転させています。
大きい部位の関節をフルに使う事に関してはクレイトン・カーショウ投手(ロサンゼルスドジャース) に匹敵してますね。

C73A5485
⑥外転を大きく使う投手は二塁方向から起こし上げるようにトップに入るタイプが多いのですが(岩瀬仁紀投手等)、
久保田投手はここから外旋の動きを入れているように見えます。
外旋の動きを入れた方が腕のしなりを生かせるそうで、メンコトレーニングというものもあるそうです。

C73A5486
⑦トップの段階です。下半身のエネルギーが右脚の大腿部へ移りました。
右脚内転筋を内旋させていませんがストライド幅を広く取る事で軸足側に重心を残せているように見えます。

C73A5589
⑧右脚の接地が引き金となり上体が最大加速期に入ります。深めの加速期に位置しているのではないでしょうか。
左膝が深く折れておらず球に力が乗りやすい状態だと思います。


C73A5365
⑨リリースの段階です。下肢三大関節の向きが概ね一致し(膝が割れ気味に見えますが)、
中心軸が深く倒れているという事もありません。グラブにより上体の横への広がりも押さえられていると思います。
これよりも横運動が強くなると軸が倒れて左右の制球が乱れてしまうかもしれません。

C73A5611
⑩フィニッシュの段階です。右ハムストリングスの起こし上げが甘く、左脚が後ろに残っています。
右脚に上体が乗ってくるようだと更に球威が増すのかもしれません。上体の倒し込みに関してはgoodだと思います。


 まとめ 柔軟性とパワーを両立させている投球メカニクスだと思います。並進移動時に右脚を一塁方向へ回しながら踏み込むので右脚大腿部の内旋は使えていません。これが要因となって右肩の開きに繋がる恐れがありますが、胸椎の張りを強く使う事で開きを押さえようとしているように見えます。又、胸椎の張りと広いストライド幅によって二段階の間が設けられ、それによって打者のタイミングを外すような効果が発生しているのかもしれません。並進移動時に上下の叩き幅を取り入れていない為、縦の角度は産み出しにくいメカニクスだと思われますが左腕という事もあり、それほど問題は無いと思われます。フィニッシュで左脚が一塁側後方へ残る事のみが課題になりますでしょうか。同朋大を1部に導いて愛知を代表するような投手へと成長して頂きたいですね。


3連勝

3S9A7382

3S9A7384

延長11回を投げ切り失点2という内容で開幕からの連勝を3に伸ばしました。今日は然程良い出来ではありませんでしたが、悪いなりに抑えて、きっちり勝ち切った辺りに成長の跡が伺えました。ピンチの場面で無理に三振を狙いに行かず、内野ゴロでの併殺に仕留めていた辺りも良いアピールになったのでは無いでしょうか。三塁封殺のバント処理も二度記録、プロ入り後に取り組まなくてはいけないような課題もほとんど見当たりません。この活躍が続けば望み通りの評価を得られるのかもしれません。 

3S9A7370

3S9A7272

栗林投手と共にチームもここまで無敗の5連勝です。強力投手陣を擁する中京大も譲らず無敗という状況です。5月19日、20日に組まれた直接対決が楽しみです。


「石田の大学時代を見た事がある」と謎自慢できるチャンスですよ

3S9A6275

3S9A6279
この軸足内側への重心の掛け方、素晴らしいですよね。予め並進運動へ入る準備が出来ています。

石田遊撃手については改めて書き直したいと思うのですが、とりあえず今季のパフォーマンスは予想以上です。 私が観戦した試合では14打席11打数7安打2四球1死球という、最低マルチヒット、一試合平均3出塁以上という驚異的な成績を残しています。シーズン通算でも打率.571(4月27日現在)をマークしており、MAX143km/hの実戦派右腕・井村投手(至学館大)から2安打1死球を記録した辺りからしても「2部リーグだから」で済まされる話では無いと思います。

今季のプロ野球界で高い数字を挙げている打者に共通しているのは"選球眼の良さ"だと思うのですが、石田遊撃手の打撃スタイルはそのトレンドにがっちりハマっていると思います。 野手の間を抜くようなシングルヒット中心の打撃ではありますが、際どい球を徹底的に見切り、ゾーンに入って来る球を一振りで仕留めるコンタクト能力の高さは出色のレベルにあると言えます。私が見た14打席での空振りはゼロ、凡退した打席も打ち損じや野手の正面を突いたものぱかりで、まともに打ち取られた打席は一つもないという図抜けたパフォーマンスを発揮しています。1部リーグ、それも地元球団にパイプを持つ大学に所属選手している選手だとしたら現実的なドラフト候補として扱われているのでは?としか思えない状況です。

打撃のみならず遊撃守備の方もハイレベルなのですが、それに関してはシートノックを見て貰えば一目瞭然だと思います。リズミカルで柔らかいステップと強肩から繰り出される正確な送球は社会人野球の強豪チームでもスタメンを張れるレベルに有ります。局面でのスーパープレーも多く、以前からの2部リーグを知る身としては、このレベルの守備力を持つ遊撃手が現れた事に隔世の感があります。 先の塁を積極的に狙いに行く走塁技術やライナー性の鋭い当たりを放つ長打力を向上させてくるようだと「源田壮亮以来の存在」という事になってくるかもしれません。 何せ今の注目度では全然物足りないので有識者の方達に見て貰いたい有望な選手です。

3S9A6899

メカニクス分析~武次慶士投手編(愛知東邦大学)

C73A4978
①左膝が胸の位置まで上がっており、膝下が二塁方向へ向いている為、股関節の割れを使えています。
その割れによって並進移動時の推進力を生み出しているのではないでしょうか。
臀部とハムストリングスに下半身のエネルギーが発生します。


C73A4979
②グラブから早めに右腕を抜いています。下半身のパワーが軸足(右脚)の内転筋に移ります。

C73A4980
③並進運動の序盤、ヒップファーストの段階です。軸足を深く折らない辺りに縦の角度を使う意図を感じます。

C73A4997
④並進しながらグラブを三~本塁間の方向へ突き出し、打者との正対を避けています。
肩甲骨をしっかり開けて左腕を突き出せているベストの形です。

C73A4998
⑤グラブを高く上げ、両肩のラインに傾斜が付きました。左脚の大腿部を内旋させ着地までの溜めを作っています。
スパイクの裏を打者方向に向けており、左脚に横運動が加わりにくい"くの字型ステップ"です。

C73A4983
⑥ランディングの段階です。左脚が接地する手前で右手が肩まで上がっているベストな形です。
左右の肩甲骨を大きく開き、上半身の可動域を広げる為の準備が出来ています。

C73A4816
⑦トップの段階です。胸椎の張りを上手く使えており、下半身のパワーが左脚の内転筋に移動しました。
股関節の重心はまだ軸足側にも残せています。下半身の使い方は申し分ありません。

C73A5011
⑧左脚の大腿部の内旋がほどけ、内転筋に溜まっていたパワーが左脚全体へと移動し地面へ接地します。
その反力によって右側の股関節に加速力が発生し、それに導かれるように上半身も回転し始めます。
最大外旋角度が深く取れており、肘から先を後ろに置いてくるような"逆C"の形が作れています。

C73A4817
⑨ グラブで左半身をしっかりホールドし上半身の横への広がりを押さえています。
以前は脛がマウンドに接地していたのですが、重心が上がるようになりました。
角度の付いた球を打者寄りにリリースする為の意図があるのかもしれません。

C73A4820
⑩上体を倒し込んでリリース出来ており、振り抜いた腕が上体に絡みついています。
ハムストリングスの力で膝が張り、スムーズな重心移動が出来ているように思います。

まとめ
→下半身のエネルギー移動に優れており、両脚の内転筋での溜めを上手く使えているのが特徴的です。並進移動時に深い割り(上半身と下半身の引き剥がし)を作らない投げ方ですので、左肩の開きに注意したいところですが、左脚内転筋と胸椎を張る動き(肩甲骨の寄せ)での溜めによって上体に間を設けています。最大外旋角度(腕のしなり角)が深く取れているのも肩甲骨の開きと寄せを上手く使えている為ではないでしょうか。機能美に優れたメカニクスですが、実戦では球を見極められてカウントを悪くする事があります。上体が横に振られる事で制球にバラつきがあるのかもしれません。できるだけ頭を一塁方向へ振らず、上体の横幅を狭く使えるようになると角度のついた球を両サイドへ制球しやすくなると思われます。


このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ