プロアマ交流戦

ブイテックエンジン

732A0841

732A0929


732A0351


732A0369


春に1部と2部で入れ替えがあった影響もあって計8チームからの選出という事になりましたが、
投手で特に注目したいのが栗林(名城大)小林(愛知東邦大)本田(愛知学院大)の3名。

愛知学院大の本田洋平投手は春季プレーオフ戦ではリリーフの役割を任されて1部復帰に貢献しました。
目線の上げ下げで勝負するような本格派右腕で、ストレートの最速は145km/h前後、もしくはそれ以上と言ったところではないでしょうか。
秋季の活躍次第では将来的なドラフト候補として名前が急浮上してきてもおかしくないような気がします。
本調子なら、豊田球場とナゴヤ球場のガン数値でスタンドをどよめかす事になるかもしれませんね。

中日ドラゴンズ-愛知大学野球連盟選抜(2015-8-2)

732A5514
白石達之介外野手(中部大 4年)
満塁からの走者一掃3ベースを含むマルチヒットを記録。中堅手としても深い当たりをナイスキャッチ。
この試合のマンオブザマッチでしょう。

732A5892
栗林良吏投手(名城大 1年)
春季リーグ5勝のスーパー1年生右腕。140km/h半ばのストレートを連発してスタンドをどよめかせました。
高橋周平から見逃し三振を奪うなど圧巻の投球を披露。投手歴が浅いという事もあり伸びしろは十分。

732A5796
友永翔太外野手
ドラフト候補左腕・西川投手(日福大)から右中間へ鋭い当たりの先頭打者アーチを放ち、プロの意地を見せた。
中堅手としても好守備を見せ中日野手陣では一番の存在感を放っていました。

732A5700
鈴木翔太投手

瑞穂でお馴染みの選手達が一堂に会する、オールスター戦のような雰囲気でかなり楽しめました。
純二軍のメンバーしか見当たらなかったドラゴンズの面子を見て、試合前から勝利を確信。
序盤から大学選抜が畳み掛ける展開となり予想通りの完勝となりました。
中日は先発で起用したドラ1右腕・野村投手の調子がすこぶる悪く、2回持たずにノックアウト。
大学選抜の先発として起用された西川投手の出鼻を挫く、友永選手の先頭打者アーチなどもあったので、
野村が試合を作っていれば中日の勝利もありえたかもなぁ、という感じでした。

上記の選手以外では、安藤優作外野手(愛知大 3年)がタイムリーヒットを含む猛打賞の活躍を見せました。
中日投手陣の中では金子丈投手が一番良い内容の投球をしていたように思います。
落差を使う投球に磨きをかければ若松投手に続く掘り出し物ということになるのかも。

フォトアルバム→中日ドラゴンズ-愛知大学野球連盟選抜(2015-8-2)
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ