七原優介投手

愛知大学野球連盟2部リーグとはなんなのか

732A0367


今年1年間、大学野球を見ていて、「やっぱり七原投手って凄かったんだな~」、と思わされる事がしばしばありました。
当時は「七原が凄いと言っても、所詮2部リーグの話でしょ?」という感じで愛知の下部リーグを侮るような声を耳にしましたが、
それに関しては腑に落ちないところがあるなと思っていました。というのも、愛知大学野球連盟には28もの大学が名を連ねており、
これは他地方の連盟と比較してもかなりの大所帯にあたります。関西地方にあるいくつかの連盟を例に挙げてみると、
関西学生野球連盟→6校、関西六大学野球連盟→6校、阪神大学野球連盟→18校であり、
愛知の28校と比較すると10校以上少なかったり半分以下校数で構成されている場合がほとんどです。
愛知の校数であれば2つ以上の連盟に割って運営されていてもおかしくない話で、
愛知の2部リーグに所属してる大学の中にも他地方の1部リーグにあたるぐらいの実力を持つ大学があると見ても
あながち間違いだとは言い切れない部分があると思います。
それらを踏まえると、愛知の1部6校に名を連ねて神宮枠を勝ち取る事の難しさを理解していただけるのではないかと思います。
校数=レベルという図式が必ずしも当てはまるわけではありませんが、
下部リーグ=レベルが極端に落ちるという単純なものでも無いと思います。

 では、愛知大学野球連盟2部リーグのレベルが高いのかと言われたら、
これはなんとも言えないところで(話がややこしくなるがな)
凄いと思わされる部分とそうでない部分がある、不思議なカテゴリーなのではないかというのが私見になります。
高校野球でも見ないようなお粗末な守備の乱れがあったかと思うと、
ドラフト候補級の投手が打ち込まれてノックアウトされたりするような事もあり、
その辺りの混沌とした「よくわからない感じ」が愛知2部リーグの個性、魅力なのでは無いかと感じています。

 来年度からは愛知学院大が2部に加わるということでますます熾烈になりますが、
その愛知学院大も2部の魔界(?)に引きずり込まれて苦戦するような事になるのかもしれません。
1シーズンで1部へ復帰出来る程甘くはないと思っていますが、果たしてどうなりますでしょうか。
来春の楽しみとして待ち望みたいと思います。

七原優介投手(トヨタ自動車)

732A8270

732A8240

732A8250

社会人入りしてから初めて見ることができました。(※4/30の練習試合)
中継ぎで2イニングスの登板でしたが、ランナーを背負う苦しい投球が続きました。
左右のベルトより低いところへ投げ分けられていた大学時代と比べると抜け球が多く、
「おやっ?」と思う場面もありましたが、ストレートの威力は相変わらず素晴らしく、
社会人野球の打者が相手でも空振りを量産していました。
最速151km/hをマーク。三球全てを空振りで仕留める奪三振シーンもありました。
球の力は社会人野球の中でも屈指のレベルである事は間違いのないところなので、
大学時代のような投球を見られる日が来るのを楽しみにしたいと思います。

ダブルソードスタイル

打者としての七原投手。
今後はしばらく見る機会が無さそうなので・・
732A1102


732A1614

732A1615

732A1138

両膝を使ったスタンスの中心に腰を落とし、左脚を大きく上げて始動。スイングはレベル型。
バットを伸ばしきったところで球を捉え、フォロースルーで飛ばす。と言った感じの打撃スタイル。
勝負強い打撃で自ら打点を稼ぎ出すシーンもよく目にしました。
センターから左への打球が多かったような気がします。
またいつか、打席に入る姿をお目にかかれる時が来るのでしょうか。 

本年もよろしくお願いいたします


732A1889

もっと良いシーンを残せるよう、精進する一年にしたいと思います。

名古屋大学-同朋大学(10/11)

10/11 愛工大グラウンド

愛知大学野球連盟2部A 名古屋大学-同朋大学(Google+)

東内悠亮内野手(4年 佐賀西)
732A1038

732A0905

七原優介投手(4年 知立東)
732A1138

732A1139

山口修平内野手(3年 帝京第5)
732A1094

荘岳穎外野手(1年 藤枝明誠)
732A1114

大宮新之祐外野手(3年 七尾)
732A1157

平川卓実内野手(3年 時習館)
732A0653

陶山篤紀投手(3年 関西)
732A0610

七原優介投手(4年 知立東)
732A0561

大学最後の先発マウンドとなった七原投手(翌日にもリリーフで登板したそうです)と
関西高校時代は水原や堅田らの控えとして甲子園の土も踏んでいる陶山投手との投げ合いとなった一戦。
正直に申しますと、2部Aリーグで6位の同朋大が相手ということもあり七原投手の快投に期待していたのですが、
実際にはその逆の展開になり、一試合を通じて苦しい内容の投球だったように思います。
前カードの名商大戦を引きずるような不安定な制球で、自分が見た中では一番外野に打球を飛ばされた試合だったように思います。
そういう状況でも大崩れしないのが七原投手の持ち味。外野守備陣の球際の強さに助けられながらではありましたが見事に完投勝利。
パートナーである近藤捕手の離脱(名商大戦で骨折)という窮地を1年生の岩浅捕手との二人三脚で乗り越えました。

一方の同朋大は負ければ今季の最下位が確定するという事もあったのか打撃陣が奮闘。
体ごとぶつかってくるような執念のスイングを見せる打者もおり、終盤まで七原投手を苦しめました。
先発の陶山投手もバネを生かしたような投球フォームから厳しく攻めるピッチングで試合を作りましたが、
立ち上がりに走者一掃のタイムリースリーベースなどを浴びて惜しくも敗戦投手になりました。

この日、敗れて2部リーグAの最下位が確定した同朋大はプレーオフで
2部リーグB最下位の名古屋経済大学と入れ替え戦行きへの回避をかけて戦うことになりましたが、
今季の2部リーグAは優勝した東海学園大から同朋大まで、紙一重の実力差だったように思います。

又、今年度9試合(新人戦を含めると10試合)ほど観戦した名古屋大学野球部は、
春季リーグ三割打者の平川内野手や勝負強い大宮外野手を中心に、3年生世代の野手の活躍が目立ちました。
2年生以下でも打撃の良い森下外野手や捕手として良い守りを見せた岩浅選手などが台頭し、
平井投手、森川投手と実績のある投手も揃っているので、七原投手という投打の柱が抜ける来年以降も、
チームとしてのまとまりを失わなければ充分戦っていけるのではないかと思います。
今後も名古屋大学野球部の活躍に期待したいです。

七原優介投手(名古屋大学)

732A1175

褒め言葉を書くのは実に難しい。

とりあえずは、史実とは思えないような豪腕伝説の生き証人になれて良かった、というのが第一声です。
これから先の事については誰にもわからないところですが、
少なくとも名古屋大学野球部にとんでもない投手がいたということは紛れもない事実です。

七原投手については、様々な評価が世に存在していると思いますが、
自分が特に凄いと感じたポイントをいくつか述べるとするなら、
「手の内を知られてる相手と対戦しても大崩れしない事。」
(大学野球で抜けた存在になると厳しくマークされて攻略されるのが一般的なところですが、
七原投手が2部リーグで過ごした4シーズンでの防御率は安定していました。)
「逆クロスの球(クロスボールの対に当たる球)にクロスボールと遜色のない力がある事。」
(右打者への内角高めのストレートで150km/hを計測したり、左打者の外角一杯に曲がり落ちるツーシームで見逃し三振を量産した事もありました。)
「突出した主体性を持っている事。」
(同じような環境でドラフト上位候補と呼ばれるまでに自分を磨き上げられる選手はそうそう現れないと思います。)
等が挙げられると思います。
「球にスピードがあるだけ」、みたいな寸評を目にしたこともありますが、少なくとも自分はそんな風には思いません。
左右どちらの打者に対しても力のある球で厳しく内角を攻められることは本格派右腕としては大きなアドバンテージであると思いますし、
この先のキャリアという事を考えると、広い球場で登板する機会が増えてくる分、
フェンスの手前で失速させられそうな球の力がより一層効いてくると思います。

732A0873

物静かな性格だという事が伝わってくるような淡々としたプレースタイルですが、
力があると認識している打者に対しては熱いピッチングを見せ、その姿からは内に秘めたる闘志を感じさせられました。
赤松、池尻(共に名商大)、内原(愛工大)、吐前(東海学園大)、長谷川(愛産大)らの、
2部リーグ上位のチームに所属する強打者達とのマッチアップで見せた攻撃的な投球は、
ルーキーイヤーの松坂大輔(古い例えですまんな)の姿を思い出すような、見るものの心を震わすものでした。

その後のキャリアで大きく飛躍していくような選手のプレーを目の当たりにしている時の観衆からは、
「今、とんでもないものを目撃しているんじゃないか?」
という熱気を帯びたような一体化した空気を感じるのですが(これは一定数の試合を観戦している人になら同意して貰えるのでは)、
ここ最近の中で自分がそれを感じたのはプロ入り前の濱田達郎、則本昴大、関根大気らが出場していた試合で、
七原投手の登板試合からも同じような空気を感じた事が何度もありました。

出だしにも書いたように、この先の事はまだ誰にもわかりません。
でも大きな期待を抱かずにはいられない存在であるのは間違いのないところです。
自分のような素人が考えるほど簡単な道では無いでしょうが、
怪我、故障等をせず、順調にステップアップしていただきたいなと思っています。

732A0562

名古屋商科大学-名古屋大学(9/27)

9/27 名古屋商科大学グラウンド

名古屋商科大学-名古屋大学(9/27)Google+

七原優介投手(4年 知立東)
732A9926

732A9943

732A9937

池尻直矢内野手(3年 箕島)
732A0031

732A0028

赤松幸輔捕手(4年 瀬戸内)
732A0098

732A9952

近藤庸祐捕手(4年 明和)
732A0030

名古屋産業大学-名古屋大学(9/15)

9/15 愛工大グラウンド

大宮新之祐外野手(3年 七尾)
732A1590

安東賢哉二塁手(3年 時習館)
732A1553

藤田智也外野手(3年 春日井)
732A1558

732A1560

東内悠亮遊撃手(4年 佐賀西)
732A1284

古田大輔投手(3年 岐阜)
732A1361

長田雄太投手(2年 沖縄水産)
要所で見せたストレートの伸びと名大打撃陣をクルクルと泳がせたコーナーワークは見事でした。
まだ2年生という事も有り今後が楽しみな存在です。
732A1403

七原優介投手(4年 知立東)
リリーフで登場。好フィールディングと気合の入ったピッチングで逆転勝利を呼び込みました。
普段はクールなプレースタイルですが大学ラストシーズンという事もあってか熱を帯びたようなシーンもチラホラ。
732A1900

732A1770

試合結果

中盤までは名産大の一方的とも言える試合展開でした。
あと一本ヒットが出ていたらコールド勝ちまでもっていけたのでは、という場面が何度かありましたが、
名大投手陣に土俵際で食い止められて試合を決められず、先発の長田投手に疲れの見え始めた終盤に得点を重ねられての逆転負け。
長田投手に対する信頼の現れなのか、中継ぎ陣が信頼されていないのかは不明ですが、
やや勿体無い試合運びであったように思えました。

それとは対照的に、名大は公式戦で登板経験のある投手を惜しみなく注ぎ込んだマシンガン継投で試合を作り、
二連投中だった七原投手を同点になるまで温存した我慢の投手起用が実りました。
その中でも光っていたのが四番手で登板した平井投手。
前日からの連投になりましたが、堂々としたピッチングワークで主導権を握り、名産大打線を寄せつけませんでした。
肘を鋭角に使い、打点の高いしっかりとしたリリースで投球する正統派右腕で、
七原投手が抜ける来年以降の先発の柱として十分にやっていけそうな風格がありました。
又、打撃陣もなかなかの好調ぶりで、四番に抜擢された大宮選手を筆頭に上位~中軸から長打とタイムリーがたくさん産まれました。
日替わりで組み替えた打順がハマったり、途中から出場する選手が攻守に渡ってビッグプレーを決めたりと、
全般的にベンチワークが冴えていますね。

13日に見た愛産大戦も中身の詰まった試合内容でしたが、
この試合も選手個々からの気迫が存分に感じられ、同点から逆転の流れでは涙が出そうになりました。
今後も強敵との対戦が控えていますが、悲願であると思われる1部リーグ昇格を実現させて欲しいですね。
部外者が簡単に口にしていい言葉じゃないんでしょうけれども。

グーグル+にこの試合の画像をまとめてあります。

愛知産業大学-名古屋大学@愛産大グラウンド(9/13)

七原優介投手(4年 知立東)
732A0275

732A0279

732A9898

732A0278

732A0025

古田秀和投手(2年 愛産大三河)
コンパクトなフォームからキレのある球を繰り出し、延長タイブレークまで無失点の好投。
ランナーを背負ってからは粘り強い投球を見せた。
732A0195

藤田智也外野手(3年 春日井)
732A0057

安東賢哉二塁手(3年 時習館)
攻守に渡って活躍。
732A9911

東内悠亮遊撃手(4年 佐賀西)
732A9890

岩浅力也一塁手(1年 帝京大可児)
732A0266

森下大輝外野手(2年 春日丘)
732A0185

平川卓実三塁手(3年 時習館)
マルチヒットに好守備と大活躍。
732A0243

斎藤遼太外野手(4年 松本深志)
732A9904

近藤庸祐捕手(4年 明和)
732A0192

今日も二刀流は健在。センター方向へ長打を放ちました。
732A0096

大宮新之祐外野手(3年 七尾)
延長11回(タイブレーク)に決勝タイムリーを放ったシーン。
732A0255

長谷川貴弘内野手(4年 誉)
732A9918

杉谷啓介外野手(1年 愛知黎明)
732A0209

近藤庸祐捕手(4年 明和)
732A0168
持ち前の強肩で2度の盗塁阻止を決めたり、難しいファールフライを好チャージでキャッチするなど、
今年度最高レベルのパフォーマンスを発揮してたような気がします。
ロースコアの接戦になった時こそ捕手の能力が問われると個人的には思っているのですが、
今日は七原投手と並んでマンオブザマッチに値する活躍で勝利を手繰り寄せていたような気がします。

732A0178

732A0270

732A9863

安藤佑斗捕手(2年 愛産大工)
732A9913

732A0233

732A0234

732A0236

732A0238

732A0286

732A0287
内野守備陣も好フィールディングで七原投手の好投を支えました。
詰まった当たりを素早いチャージで処理し、安定した送球で試合を締めました。

732A0290

今日の七原投手は八回途中までランナーを一人も出さない文字通り完璧な内容のピッチング。
やはり、左右どちらの打者に対しても威力のある球でインコースを厳しく攻められるのが最大の強みですよね。
インハイで空振りを奪ったり同じ打者のバットを二打席連続でへし折るなど、またまた圧巻の投球でした。
感じ方は人それぞれだと思いますが、これだけ力のある球をインコースに持ってこれるという時点で、
プロ入り後の活躍もほぼ鉄板のように思えます。
近年の東海圏からは、濱田達郎(愛工大名電→中日)、則本尋大(三重中京大→楽天)などの大型投手を輩出していますが、
彼らの最大の持ち味もインコースの厳しいところに威力のある球を持ってこれることでした。
クイックも速く、フィールディング能力も高いオールラウンダー投手で大崩しないタイプでもあり、
まだまだ伸びしろ充分な逸材だけに今後どこまで凄い投手になるか楽しみです。
残り少なくなった大学ラストシーズンのピッチングを少しでも多くの方に見ていただきたいな、
と勝手に思っています。

それと共に、チームとしての1部昇格にも期待しております。
4年生の集大成は瑞穂で見たい!

レタッチ

このブログを始めた当初の画像を見返すと、
暗い仕上がりのものが多いのですが、編集ソフトで修正すると良くなりますね。

今のカメラとレンズの組み合わせで最初に撮影した日の写真をいじってみました。

以下、七原優介投手&名古屋大学ナインの皆さん
732A0019

732A0131

732A0029

732A0047

732A9979

732A9989

DPPのトーンアシストカーブ機能を使えばこんなに変わるものなんだ(今更)
出来に不満のある画像は片っ端から修正したいけど、流石にそこまでの時間はありません。

編集し終えていない大学選手権の写真がまだ5試合分あるンゴ・・・
自己満の為に膨大な量の時間を捨ててるような気がするo(^▽^)o

このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ