三菱重工神戸・高砂

『打撃賞』



3S9A4973

愛知東邦大学で活躍した石田基起選手は今年から三菱重工神戸・高砂でプレーしています。大学時代は遊撃手でしたが社会人野球では三塁手を務めており都市対抗野球では華麗な守備を見せました。守備だけでは無く打撃も好調で社会人入り当初から息を吐くようにヒットを積み重ねています。大学時代そのまんまの打撃スタイルで早いカウントから積極的に振りグラウンダー性の打球で野手の間を抜いて行きます。 そんな石田選手ですが先日行われた兵庫県知事杯では打撃賞を受賞したそうです。兵庫県知事杯というのがどういう大会なのかイマイチわかりませんが大学と社会人の交流戦みたいですね。


3S9A5052

3S9A5072

一本足の動作を見た感じマイナーチェンジをした印象が有りますね。
改めて大学時代の石田選手の打撃フォームを見返してみたいと思います。

3S9A6095

3S9A6096

3S9A6097

3S9A6098

3S9A6099

カウントを取りに来る甘い球を一発で捉え、際どい球をしっかり見ていく選球眼が強みと言える選手ですが、球を見極められる理由はタイミングの取り方にあると思われます。左足を上げて一本足の状態で球を呼び込んでいますが、そこから着地して行く際にも上体と頭が前方へ移動していません(選球眼が悪い選手は4枚目の写真の所で右脚が伸び切り体がボールと衝突するような形になっています)。又、構えから振り出しに入るまでの間、尻が落ちすぎず体がベース上へ寄っているので外角が遠くならずアウトローの際どい球にもきっちりバットが止まります。




3S9A6282

3S9A7962

>3S9A7624

3S9A7718
ローボールヒッターかつ体の近くで捉える事が多いタイプですかね。
上体が突っ込まずヘッドステイバックが効いたようなインパクトシーンが多いです。
ゴルフスイングに近い感じで下半身を使っているようにも見えます。

トップから打ち終わりにかけてのバット軌道が前後に長く、強く叩けるゾーンは広いはずですが、
ライナー性の打球で外野の間を抜く事が少なくドラフト候補という観点で見た時はそこが弱みに映ります。
ステップの始動から踏み込むまでの間で股関節が緩んでいるように見えるのが課題でしょうか。
(社会人入りしてからは軸足の使い方が変わったように見えますが)







大学四年生の進路①


3S9A8311

3S9A8792

愛知東邦大学の石田基起遊撃手は昨年の都市対抗野球を制した三菱重工神戸・高砂に入部するそうです(愛知の2部リーグの遊撃手で強豪社会人入りはちょっとした快挙ですよね)。 硬式社会人入りが決まってた選手としては珍しく4年の秋季シーズンは1試合も出ていませんでしたね。 グラウンダー性の当たりを広角に打ち分けるアベレージタイプのヒッターで遊撃守備の水準も高いので即戦力候補だと思います。目標を何処に置いているのか不明ですが、プロへ行くのなら全体的なスケールアップが求められそうです。 

 


RSS
このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード