中京大学

山本一輝投手(中京大学3年生)

3S9A5712

3S9A5714

3S9A5715

3S9A5716

3S9A5731

3S9A5732

3S9A5736

3S9A5737

3S9A5738

3S9A5739

3S9A5740

3S9A5741

3S9A5742

3S9A5743

3S9A5744

別の投球動作内からの補足写真(最大加速期)
3S9A5756

山本一輝投手(中京大学)の最新版投球フォームです。後方へ引いた右脚を引き上げるような形のセットポジションから始動。この連続写真では省略していますが、右膝が胸まで上がる片脚支持のフェーズ(6枚目の写真)が非常に長く、ステップ動作へ入るまでの溜めを作れています(左股関節上に頭部を残す時間が長い)。又、 グラブから左手を抜くタイミングが早く、この先の動作に向けての準備が出来ています(左腕の脱力)。

ヒップファーストのフェーズでは体軸に傾きを作りません。右脚を「くの字」に折り、右股関節の内捻り(内旋)によって下半身(骨盤)の開きを抑えつつ、捕手方向へと踏み出します。右脚を一塁側へ回し込むような使い方をしない為、ストライクゾーンへ向けての直線的な動きが取れます(動作が蛇行しないので制球面でのメリットが大きいと思われます)。

上半身の動きとしては、ヒップファーストの辺りから右手の小指を上に向けて右肩の開きを抑えています。その後に肩のラインまで引き上げたグラブを縦へと下ろして行来ますが、その反作用として左腕がトップへと向かいます。筋力に頼らずに左腕を引き上げて行けるので故障リスクの低減に繋がると思われます。 トップのフェーズでは両側肩甲骨が内に寄っており(内転)、この際の右肩甲骨の引き込み(内転)によって左腕を導くような上体の回転動作を促しています。この写真アングルでは伝わらないと思いますが、左腕の脱力~引き上げ~トップ~リリースまでの間は打者目線からボールが見えずタイミングが取りにくい動きになっていると思われます。

正面からの連続写真は過去記事「当たらないストレート」に掲載しています。

最大加速期のフェーズでは左上腕部の外旋に合わせて前腕が回外(外捻り)していますが、フィニッシュのフェーズ(13枚目の写真)では左の掌が一塁方向を向いています。これは最大加速期からフィニッシュにかけて、前腕の捻りを使った状態で腕を振れているという事になりますが、この動きを使えていると肘にかかる負荷が低減すると言われています(アーム投法が嫌われるのは前腕の捻りを利用しにくい為です)。前途しました通り、右の肩甲骨を寄せる動き(内転)によって左腕を導き出せていますし、肩肘に関する故障耐性は強いと思われます。

この写真アングルだと伝わりにくいですが、右の股関節が内に捻られやすい(内旋気味)特性が有りますので、インステップ した状態でリリースしていますが軸足(左脚)の伸展動作(伸ばす動作)によって骨盤を押し込めており、重心移動は問題なく行えています。トップからフィニッシュにかけて左足首、左膝、左股関節の下肢三大関節がほぼ直線状に並んでいる為、押し込むような球威へと繋がっているはずです(実際に重そうな球質です)。

フォロースルーではグラブが二塁方向へ流れていますが、インステップする為に右股関節を支点とした上体の回転動作が実現しにくく、対角へ強い球を投げる為には必要な動きなのだと思われます。下半身の動きとしては蹴り上げられた左脚が一塁方向へ振られておらず、スパイクの裏が天を向くタイミングにも時間差があるので、骨盤は縦に回転しているように見えます(横振りを抑制出来ている)。右脚のアクセル筋群(臀部とハムストリングス)による起こし上げ動作は行えていますが、右足の踵を使って踏ん張っているので体重移動のベクトルを捕手方向へと向け切れていない事が気になりますが、上体は倒し込めているので許容範囲でしょう。



732A9489
高校時代から投げ方が大きく変わったという事は無さそうですが、下半身の柔軟性は向上していると思われます。
体格もスケールアップしていますし、取り組みに関する意識の高さが伺えます。


投球フォームとは関係ない話になりますが、プロ入り後の可能性という話になった場合、適性はリリーフなのかな?と思うようになってきました。高校時代に最も大きな爪痕を残したのはリリーフとして登板した大成高校戦(高校3年の夏)だったと思うのですが(※打者11人から9奪三振)、その名を全国に轟かせた富士大学戦(大学2年春季)での投球もリリーフ登板によるのものでした。出力を制限しながら投げる必要の有る先発投手としては変化球の持ち球的にも(軌道の山が出るスライダー系)やや苦しいように思えるので、現状としては短いイニングで威力を発揮するセットアッパーやクローザーとしての可能性を感じております。



明日から春季リーグ開幕

コウ@jumbonokachi511さんが展望を書いてくださっているので必要なさそうですが、一応私も書きます。というか数日前に雑な展望は書いていますが。


優勝予想は中京大学です。恐らくAIだろうと猿だろうとこの予想になってしまうでしょう。アナーキーぶって変な事を言うと信用を無くしますしね(そんなもの元々持ち合わせていないだろ)。 一昨年の1年生世代から(初祖晋太郎投手山本一輝投手の世代)県内の有力投手を根こそぎ獲得した事情もあったのでしょうが、昨年度から取り入れた「投手の育成」と「パフォーマンス維持」を両立させるような意図の継投策が見事にハマり、リーグの絶対的王者へ君臨しそうな気配を漂わせています(昨秋は最終節の天王山で破れて2位でしたが)。投手層だけでなく、打では和田佳大遊撃手(大学日本代表候補)を筆頭に長距離砲の松井内野手、格上の相手に滅法強い河田外野手(栗林投手をカモっていた事で有名ですが中日二軍との試合でも打ってたような記憶があります)を揃え、投打に厚みの有る陣容を誇っています。「愛知で一番」、という所に留まらず全国でどれだけ勝てるかを目標にやっていけるチームだと思います。マークされるでしょうが跳ね除けて欲しいです。

中京大学の投手起用を真似した、と言う訳でも無いのでしょうが、追う他校も絶対的エースに依存しない風潮になっており、複数の投手を起用をする事がトレンドになっています。ディフェンディングチャンピオン・名城大学も昨秋リーグ戦では栗林投手をリリーフとして起用しており、今季も複数投手による継投策を採用してくるかもしれません。下級生時から登板経験の有る、坂倉投手(遠目から見ると栗林投手に似たシルエットのフォームです)、村瀬投手、岩崎投手、池戸投手辺りが主戦格になると思われますが、栗林投手の存在は言うまでもなく大きかったので簡単には埋まらないでしょう。打撃陣の方はというと、こちらもやや小粒な印象。昨年度の愛知・東海・北陸三連盟王座戦では中部学院大学(明治神宮大会では一回戦でコールド負けを喫しました)の前に4安打無得点に封じられています。その悔しさを糧に一回り成長した姿が見れる事に期待したい所です。

昨秋3位の東海学園大学も継投策で試合を作るチームです。山口投手、古田投手、浦野投手らが主戦格と見られ、高木投手の台頭、木原投手の復活…となると優勝争いに加わりそうです。1部リーグ昇格直後は打線が奮わず降格圏を彷徨ったりもしましたが、過去の3季を1部リーグに踏み留まった経験によって、打力も1部他校に追いついて来た感が有ります。このチームの右バッターは加重打法を取り入れている打者が多く、スケール感に欠ける体格の打者でも本塁打をカチ込んでます。核弾頭を務める三村三塁手(今季本塁打王候補の一人です)、主砲・名古路内野手(常葉菊川の4番打者)の二人は強烈なスイングスピードを誇るスラッガー。守備にも光るものを見せる野瀬遊撃手は昨春の愛知大戦で一試合2本塁打をマークしています。

以下、中部大学、愛知学院大学、愛知工業大学となりますが、この辺りの優劣を現時点で予想するのは不可能です。いざリーグ戦が始まってみないとわかりません。

中部大学片塩投手が最終学年となりプロ注目の存在ですが、主戦格として1シーズン投げきれた経験が有りません(記憶が正しければ)。ランディングからトップにかけて背中に腕が入りすぎる事と横振りに見える上体の回転が仇となっている印象があります。今季こそは主戦投手としてチームを牽引して欲しい所ですが、果たして…。打のタレントは稲生外野手(愛工大名電・稲生選手の兄)、中川内野手らが主戦。共に破壊力が有ります。投手の枚数が揃えば優勝戦線に顔を出して来そうです。

愛知学院大学は(以下自粛)が近年低迷した原因だったと思われますが、今季からは新監督も就任しましたしチームカラーがガラリと変わるかもしれません。数年前までは源田遊撃手(西武ライオンズ)、大蔵投手(中日ドラゴンズ)が在籍していたような強豪です。再建してリーグ全体を活性化させて欲しいですね。昨秋リーグ三冠王の岡内野手、塁に出したら高確率で生還する福本外野手らが中心選手です。投手は佐藤投手辺りが主戦でしょうか。

今季から1部に昇格した愛知工業大学は全国制覇の経験もある古豪です。1部リーグ復帰までに長い時間がかかりましたが2部リーグ在籍時もドラフト候補選手をコンスタントに輩出していた大型チームだったので、いきなり降格するような事にさえならなければ1部リーグに定着するのでは無いでしょうか。昨秋から投の二枚看板が残り(中村投手、新村投手)、万全なら140km/h中盤から後半のスピードボールを投げる西田投手も控えています。引き付けて叩く打撃がチームに浸透していたような印象が有りますしスケールでは1部他校に見劣りしないのでは無いでしょうか。1部と2部とでは細かいところでの野球の質に差があるように思うので、そこのギャップに戸惑わなければ
という感じでしょうか。

順位予想はやっても無意味なのでやりません(恥をかかない為の保身)。◎中京大学、以下5チーム拮抗で中京大学を止めるなら中部大学、大穴で東海学園大学というところにしておきます。

ここまで書くのに2時間弱ぐらいかかったので2部リーグについて書くのは諦めますw
どっちかと言ったら2部の方が詳しいんですけどね。


イチオシ→三村政喜三塁手(東海学園大学)
3S9A1805
骨盤→へそ→腕の順で出て来るスイングです。外角の球にも寄せて行きやすく、強い打球を飛ばせる打撃フォームですね。

3S9A3838
昨春リーグ戦で栗林投手からホームランを打ってご満悦の表情w

三村選手は三塁守備でも鋭い動きを見せ、矢のような送球を繰り出します。
三好ケ丘のマニー・マチャドと呼びましょう(提案)




大内公貴投手(三菱重工名古屋)

先日に引き続いて三菱重工名古屋の大内公貴投手(中京大学卒)について書かせていただきます。

大学生の進路⑥

今日は投球フォームの分析です。
以下、同一動作内における連続写真

投球モーション
3S9A1833
【セットポジションより始動】

3S9A1834
【力みを取る為の目線外し】
【頭部を軸足上(左足上)にセット】

3S9A1835

3S9A1836
【右膝が胸まで上がる】

3S9A1837

3S9A1838
【ハンズセパレーションが遅い】

3S9A1839
【左腕の脱力】
【軸足のパワーポジション】
【ヒップファーストを利用して右脚でボールを隠す】

3S9A1840
【グラブの小指を上に向けて肩の開きを抑える】
【上体を縦に使う為にグラブを高く上げる】
【左わき腹の収縮】
【体軸が傾き頭部が後ろに残る】

3S9A1841
【トップを作るのがやや遅い】
【左腕の肩甲骨を下げるように閉じて腕と体幹を一体化させる】
【頭部でボールを隠す】
【下半身(骨盤)の開きを抑えられている】

3S9A1842
【右腕を縦に下ろして左腕をリリースへと導く】
【脇腹の収縮が左から右へと入れ替わる】
【右足が踏み込んだ反力で骨盤が正面を向く】


3S9A1843
【左の掌が一塁側を向く】
【右脚のアクセル筋群(臀部とハムストリングス)による起こし上げ】


3S9A1844

3S9A1845

3S9A1846
【軸足(左脚)の伸展(伸ばし)と内旋(内捻り)によって骨盤が縦回転】
【スパイクの裏が天を向くタイミングを遅らせている(体が横に振られていない)】

以下、別の投球動作からの補足カット

最大加速期
3S9A1693
【右腕を縦に下ろす】
【左腕前腕を回外(外捻り)させ肘を鋭角に使う】


リリース期
3S9A1714
【縦に長く横が狭いリリース】

フィニッシュ期
3S9A1691
【背中を捕手方向へ向ける】

総評
縦に長く横に狭い、縦回転型のフォームです。 始動からサイドステップにかけて軸足の膝を過度に折らず、骨盤もほぼ後傾ません。それによってモーションにブレーキがかからず上から投げ込む為の角度も確保できます。トップのフェーズに入る辺りでも下半身の開きを抑えられており、両股関節を使って骨盤を回転させられている為、フォーム全体の横振れが起きにくいのではないかと思われます。パワーポジションからトップのフェーズにかけて高く上げたグラブを最大加速期以降で縦に長く下ろす事で上体が縦に回り(右の肩甲骨でリードする体幹の回転はあまり実現できていませんが)、真上から叩きつけるようなリリースを実現できています(左右の腕の連動性に関しては独特の使い方をしていますね)。フィニッシュ以降では左肩越しに背中が捕手方向を向き、上体が最後まで加速しています。下半身の動きとしては左脚の膝から下が外に振られず、スパイクの裏が天を向くタイミングが遅いのが特徴的で、骨盤が縦に回転している証拠だと言えます。左右の制球がまとまり、球のシュート回転を抑えやすい投げ方だと思われます。気になるのはトップを作るのが気持ち遅めに見える事で、それによって意図せず球が高めに集まる事があるのかもしれません。投手としては小柄な部類に入ると思いますが(身長173cm)ボールに縦の角度を生み出し、ゾーンの中で勝負して行ける下地を作れているフォームだと思います。社会人野球で息の長い投手として活躍して欲しいですね。




大学生の進路⑥


3S9A1692

3S9A1705

3S9A1690

3S9A1706

3S9A1708

3S9A1859

3S9A2157

中京大の強力投手陣を牽引し、神宮のマウンドを二度経験した(2016年度と2018年度)大内公貴投手は三菱重工名古屋に進むようです。3月16日に行われた東海学園大学との対抗戦では7回を投げ無失点に抑える好投を見せました。ストライクを先行させる投球で序盤から主導権を握り、要所ではコース一杯に決まるクロスファイアを投げ込んだりする等、社会人野球での活躍にも期待が出来そうでした。思えば、大内投手が大学時代に主戦投手として台頭するきっかけになったのも東海学園大戦(2017年度の秋季リーグ戦)でしたね。相性が良いのかしら。


過去記事(途中でタイトルが変わってる…)



ベラのムチは痛いよ

3S9A5444

3S9A5752

3S9A5445

3S9A5753

3S9A5768

最近、中京大学関連の更新が多いので(無意識です)、伊藤稜投手(中京大中京→中京大学 現1年生)について書こうと思ったのですけれど、資料を整理している時点で今日はタイムオーバーになってしまいましたので簡単な内容で終わらせていただきます(写真は全て中京大中京高校時代のものです)。甲子園(平成29年度の夏)でも登板経験が有る本格派タイプの左腕ですが、176cm73kgと細身です。大学でもすでに登板していますが140km/h超のスピードボールを連発しており、プロ注目の存在になって行くと思われます。細身の体とのギャップを感じるようなストレートを投げて来るだけあって投球モーションに特徴が有ります。右腕の肩甲骨を大きく開けてから閉じる(外転させてからの内転)動きを使って、左腕を走らせるテクニックがそれに当たります。

ここに貼った写真で言うと、割りを作るような動作の時(上から一枚目の写真)に右腕を一塁方向に突き出していますが、この際に右の肩甲骨が大きく開かれています(外転)。トップから最大加速期に入る辺りで(上から三枚目の写真)、先ほど開いた肩甲骨を閉じています(内転)。この動作によって体幹主導の回転を生みだし、左腕を加速させているのだと思われます。



初めて伊藤稜投手のピッチングを見たときは、踏み込んだ時の反力で股関節の内転動作を起こして骨盤を回し、その力をリリースの叩きに繋げているのかと思っていたのですが、改めて確認してみると右脚の付け根が深く屈曲しており、接地の反力はそこまで使えていないように見えます。最後に右腕を大きく後ろに流しているのは、右股関節に上体を上手く乗せられていない為に重心移動が阻害され、下半身が追い付いて来ないからだと思われます(上体を大きく振らないと対角の球が投げられない)。

 


このブログに関しての説明
主に愛知県のアマチュア野球に関する観戦記です。 一般人による運営ですので内容に誤りがある事を前提として閲覧してください。 又、公開に関して問題があるようでしたらコメント等にて一報いただければすみやかに対処させていただきますので宜しくお願いいたします。
記事検索
カテゴリー
タグクラウド
livedoor 天気
QRコード
QRコード